スライスを直す練習法

ゴルフ初心者にとって、大きな課題の1つとなるのがスライスです。

右打ちの人の場合、ボールが大きく右に曲がってしまい、OBとなりやすい球筋です。スライスがひどいと、良いスコアでラウンドすることは難しいですし、ボールもたくさん無くしてしまうことも考えられるでしょう。

ゴルフ練習場で、ひたすらボールを打ち続けるだけでは、なかなか改善しないと考えられますから、スライスを直す練習法を考えながら行う必要があるでしょう。

スポンサーリンク

スライスを直す!|基本のスイング

ゴルフ初心者はまずスイング作りから

多くのアマチュアゴルファーの悩みであるスライスについては、様々な練習法がゴルフ雑誌などでも紹介されています。

しかしながら、それらのすべてが万人に適しているとは言えないのも事実です。スイングの癖は人それぞれ違いますから、自分にとって適していない練習法を続けていると、スライスが改善されるどころか、さらに悪化してしまう危険性もあります。

そのうち、ゴルフが楽しくなくなりやめてしまうというのがよくある例です。

ゴルフの楽しみは、ボールを遠くに飛ばしたり、良いスコアでラウンドすることです。スライスの癖が治らないと、楽しくラウンドすることもできなくなってしまう恐れがあります。

ゴルフ初心者の方は、まず正しいスイング軌道で、ゴルフクラブを振ることができるように練習しましょう。基礎が非常に重要です。毎日練習場に通うのは難しいと思われますが、素振りぐらいであれば、家でも出来ますし、素振り用のグッズの中には、家の中でも練習することができるタイプのものもあります。

自分のスイングを動画で撮影して、チェックすることができるアプリなどもありますから、いろいろなツールを有効に活用して、まずは基本的なスイングを身に付けることが第一に優先すべきことです。

力みが逆に飛距離を落とすということ

ゴルフクラブの中でも、特にスライスしやすいのがドライバーです。最も長いクラブですから、その分ヘッドのコントロールが難しくなります。ゴルフ初心者でよく見られるのが、インパクトまでに、ヘッドが返り切らない状態です。

フェースが開いた状態でインパクトすれば、横回転が強くなり、大きくスライスしてしまうと言うわけです。ヘッドが遅れてしまう大きな要因として考えられるのが、力みです。

力むと、飛ばせるような感覚は誰もが持っていると思われますが、その力が逆に働き、大きく距離をロスしてしまいます。

力むことによって、体の開きが速くなり手元が遅れてしまいます。プロゴルファーのスイング動画などを見ていると、先に腰が回って、手元が遅れているように見えますが、プロゴルファーの多くは、腰は回っていても肩はまだ回りきっていません。

そのため、体全体の力をボールにぶつけていくような、理想的なスイングができると言うわけです。いわゆる左の壁と言われるもので、インパクトの瞬間まで、肩が開くのを抑えることの重要性がよくわかります。

しかしながら、この癖を直すためには、スイング改造にかなり時間がかかることもあります。

主な練習法としては、常におへその延長線上にゴルフクラブのグリップがあるという意識でスイングすることです。実際には、トップの位置等でずれますが、体の回転と体の動きを同調させる意識が必要です。

そうすることで、自然とフェースの向きも理想的な形で戻るようになります。

いきなりドライバーで練習するのではなく、ピッチングウェッジのような短いクラブから始めてみると良いでしょう。

ボールの位置など細かいところに着目する

スライスを直す練習法の1つとして他に挙げられるのが、ボールの位置やグリップ、スタンスの幅やつま先の向きなど、細かい部分に修正を加える方法です。

実際にグリップの握り方を変えただけで、突然スライスが直ったと言うような事例もあります。ゴルフ初心者を見ていると、なかなか正しいグリップで握っている人は少ないといえます。

グリップの握り方は、ゴルフ上達のためには非常に重要な要素といえますから、一向に上達しないと壁にぶち当たってしまった方は、グリップの握り方を1から学んでみるのも良い方法です。

また、アドレス時のボールの位置も、球筋を左右する大きな要素となります。

個々のスイング軌道によってもベストなボールのポジションは異なりますから、 一概にこの位置が良いと断言できるようなものでは無いのですが、練習場ではどれだけでも失敗できるので、色々なボールポジションを試してみるようにしましょう。

また、スタンスの幅や、つま先の向きなどにも着目しましょう。

人それぞれ1番スイングがしやすいと感じるスタンス幅があると思われますが、大切なのはスイング中にしっかりとした土台の役目を、下半身が出来るようなスタンスを取ることです。

スイング中にぐらついてしまっていたり、インパクトの後によろめいてしまうようですと、正確な軌道でスイングすることが難しくなってしまいます。

スライスの原因となるカット軌道のスイングは、後ろによろめくことが多いため、早めに直しておくようにしましょう。

美しいスイングをしている人に、下手な人は少ないと言えます。

フィニッシュでは、右利きの人ならば左足に体重が乗りきった状態で止まるのが理想的です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

大注目!大相撲の行司さん

スポーツの審判にあたる大相撲の行司は、注目してみると大相撲が一段と楽しくなります。 力士には下から序の口、序二段、三段目、幕下、十両、前頭、小結、関脇、大関、そして最上位の横綱という階級があり、力士の …

地元愛が熱くする!?ヴァンフォーレ甲府を応援してます!

甲府市や韮崎市を中心に、山梨県全域をホームタウンとしているプロサッカークラブが、ヴァンフォーレ甲府です。 クラブ情報によれば、1965年に甲府サッカークラブとして創部され、日本のサッカーリーグには19 …

水泳の基礎知識:4つの泳ぎ方 ~ 平泳ぎ ~

水泳が得意という人の中には、なぜか平泳ぎが苦手という人が少なくありません。

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : エリック・ムサンバニ

2000年のシドニーオリンピックは、イアンソープさんの活躍などで大いに盛り上がりましたが、そんな中、100メートル自由形に登場したある選手の泳ぎに、世界中の人が注目し、拍手を送りました。 その選手はエ …

地元愛が熱くする!?FC東京を応援してます!

FC東京は1935年に発足した東京ガスフットボールクラブが前身ですから、戦前からサッカーに携わってきた由緒あるチームと言えます。 その後、1992年のJ1リーグ開幕年にはJFLに加入したのですが、19 …

楽天モーションウィジェット