ゴルフクラブでスライス改善|シャフトから

ゴルフは、プレイヤーの技術の良し悪しがスコアに直結するスポーツですが、ゴルフ初心者は、慣れや経験がないため、ボールが狙った通りの軌道を描かないことが多いです。

最初からきちんと、スクールなどに通って、基礎的な構えやスイングのやり方を身に着けていれば軽減できるのですが、本やDVDなど独学で練習を重ねているゴルフ初心者の場合は、特にスライスが起こりやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

スライスを直す!|シャフトから

ゴルフ初心者はスライスを起こしやすい

特にスライスが起こりやすいのはドライバーショットで、左から右方向に向かって、カーブしながら飛んでいくことになります。

例え最初にスクールでしっかり基本姿勢を身に着けたとしても、自分で練習を行っているうちに無意識に基本が崩れ、癖がついてショットの方向や構えがずれてしまうことも多いので、スクールに通っているからと安心せず、常に自分のフォームやボールの軌道を、気にかけておくことが大切です。

ゴルフ初心者の場合は、スイングに入る際のフォームが崩れていることが多く、スライスを引き起こしてしまう最大の原因となっています。

ゴルフクラブをグリップする場合、右手が左手の下に来ることがほとんどです。ボールに対する位置としては、右肩が左肩よりも下になるのですが、これはゴルフのプレーにとっては自然な体勢でも、日常生活の中では不自然な体勢となります。

普通に生活している間、肩は水平になっているので、スイングする際も無意識に方が水平に近づいてしまうのです。こうなると、肩に不要な力が入ってしまい、スイングのフォームが乱れて、理想通りのインパクトが実践できないのです。

スライス改善がなかなかできないと悩んでいるゴルフ初心者は、まず両肩の位置をチェックしてみましょう。

シャフトがスライスの原因になっている?

ゴルフでは、まずボールの飛距離を出して、できるだけ少ない打数でグリーンに乗せることを目指しています。このように、飛距離を出そうとした場合、ゴルフ初心者にありがちなのが、ついついスイングを急いでしまう事です。

すると、ボールにインパクトする前に顔が早まって上がってしまい、肩が開いてフェースも開いてしまうことになるのです。

この他、アドレスの段階で身体が左や右などにややずれていることも多いので、注意が必要です。

このような問題は、プレイヤーの動きなどが原因になっているのですが、スライスの原因には、プレイヤーではなくクラブの構造上の問題が影響していることもあります。

ゴルフクラブは一般的に、フェースがシャフトの先端に設置されています。しかもスイートスポットはシャフト上にはなく、フェース中央もしくは下部付近にあることがほとんどなので、慣れるまでは、どうしてもフェースが開きやすくなってしまうのです。

ゴルフ初心者の中には、アイアンでは問題ないのに、ドライバーになった途端にスライスしてしまうという人も多くいます。

ドライバーだけでスライスを起こしてしまうのは、スイングの軌道がアウトサイドインになっているためです。

ドライバーの場合は、インパクトの直前でアッパーブローになることで、ボールをフェースに乗せ、ショットに繋げます。アウトサイドイン軌道では、横回転が増えるため、非常にスライスしやすくなってしまうのです。

さらに、ドライバーはもともとシャフトが長いために、しなりやすいという特徴もあります。

しなりが十分に戻る前にインパクトすれば、フェースが開いてしまうのも納得です。こういった特徴を理解した上で、ドライバーによるスライス改善を目指すのであれば、インサイドインでスイングできるように練習を重ねるのが効果的です。

ゴルフ初心者向けのスライス改善ポイント

ゴルフ初心者に多く見られるのが、スイングを始めると様々なことが気になってしまい、手先だけでテイクバックを行おうとすることです。

うまくテイクバックを行うには、腰をしっかり使って回転し、上半身はグリップとアドレス時の両肩の位置がずれないように固定することが重要です。また、手首だけに頼って、ヘッドを持ち上げないようにするということも忘れてはなりません。

上半身はアドレスした際の前傾姿勢をしっかりと維持し、両肩とグリップで作る三角形を腰の回転と一緒に動かして、シャフトをスイングさせることがポイントです。

スライスを多発させてしまう人は、腰や両肩の動きを一緒に行わずに、手先だけでスイングしている人が非常に多くなっています。こうなると、アドレスの時だけ手首の位置を気にしても、基本的なスイングがアウトサイドインなってしまうため、インパクト時には手首の位置も崩れてオープンフェースになってしまう人が多くいるのです。

この状態では、思うようにスライス改善することはできないので、ここを入念に修正していく必要があります。

具体的な修正ポイントとしては、まずグリップを見直すことから始めましょう。

グリップが弱すぎないか、正しい位置でしっかり固定されているかをチェックし、インパクトまで肩との三角形を常に意識しておくようにしましょう。

次にアドレスの位置を確認し、ボールの位置が左右にずれていないかチェックします。テイクバックの際には、引きすぎに注意し、手首が動く癖のある場合はしっかり固定するよう意識しましょう。

このようなポイントに注意して修正するだけで、ゴルフ初心者は大幅にスライス改善することもできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

ゴルフの基本知識:ティーグラウンド上でのルール

ゴルフ初心者にとって、最も緊張するのは実はティーグラウンド上かもしれません。 一番力が入るところであるのは間違いないでしょうし、コース上のほかのポイントに比べると、見ている人もそこに集中しているという …

ゴルフ練習場に行くまでに準備するゴルフ用品について

最近は、自然の中でリフレッシュしながら楽しめるスポーツとして、若い女性などにもゴルフ人気が高まっています。 ゴルフコースを回るまで行かなくても、近所の打ちっぱなしや、練習場へ行ってボールを打つ爽快感を …

フィギュアスケートのルール:ショートとフリープログラムの違いについて

テレビでも、見たことがある人が多いかもしれないフィギュアスケートには、ショートとフリーの2つがあります。 もともとは、コンパルソリーがありました。 氷の上に描かれた図形の通りに滑るというものです。これ …

サッカーの基本ルール : コーナーキック

コーナーキックをはじめとして、フリーキックやスローイン、ゴールキックなど、サッカーにはボールを止めた状態からプレーを再開させるセットプレーがあります。 そして、基本的にどのセットプレーであったとしても …

甲子園を目指して!甲子園大会は春と夏でどう違う?

野球観戦が好きな人にとっては、毎年テレビで放映されている高校野球を見るのも、季節ごとの楽しみなのではないでしょうか。 日本各地の高校生が参加できる硬式野球の大会は、毎年春と夏の二回開催されています。 …

楽天モーションウィジェット