ゴルフクラブでスライス改善|トウから

ゴルフ初心者が最初にあたる壁であり、最大の敵とも言われているのが、スライスショット(強烈な右回転の打球)です。

「基本のアドレスで打っているはずなのにスライスする」

「アイアンでは上手く打てるのにドライバーだとスライスが出る」

「コースに出ると曲ってしまう」

など技術的なことから精神的なことまで、様々な悩みを抱えています。

ゆるやかな右回転の球筋(フェード系)であれば、さほど問題ありませんが、大きなミスにつながりやすいスライスは改善はしたいものです。

スポンサーリンク

スライスを直す!|トウから

スライス改善はクラブのトウを意識することが重要

スライスの種類には、大きく分けてプッシュアウトスライス、プルスライスの2つがあります。

プッシュアウトスライスとは、ボールの打ち出しの瞬間から右方向に飛び出し、スライス回転がかかっているため、さらに右へ右へ飛んでいきます。この打球は、OBなどの大きなミスになる危険性をはらんでいますので、避けなければなりません。

プルスライスは、打ち出しは真っ直ぐか少し左方向でスライス回転がかかって、右へと曲りながら飛んでいきます。この打球は大きなミスになることはありませんが、飛距離は期待できません。

スライスの根本的な原因は、インパクトの時にクラブのフェースが開き、目標地点または、飛球線に対して直角に当たっていないためです。

もう一つは、スイング軌道がアウトサイド・インになっているためです。この2つの要因が合わさると、強烈な右回転が生まれ、スライスしてしまうのです。

この、スライスが出る原因や改善方法は、様々な媒体を通して語られていますが、ここでは「ボールをフェースのどの位置(トウ、中央、ヒール)で打つのがベストか」に焦点をあてて、スライス改善方法を探ってみたいと思います。

ドライバーを使ってスライスが出る原因を検証

それでは、ゴルフ初心者で最もスライスが出やすいと言われているドライバーで見ていきます。

ドライバーには、フェース面にカーブ状の「バルジ」と呼ばれているものが、フェース面の中心からトウ側、ヒール側に向かって沿うように付いています。このバルジのおかげで、インパクトの時に摩擦が起こり、ボールに回転を与えることが出来るのです。

では、どのエリアでボールを打つと、スライスが出るのでしょうか。答えはヒール側(シャフトが付いている側)になります。ちなみに、中央で順回転、トウ側でフック回転ということになります。

スライスがよく出てしまうというゴルフ初心者の多くは、このヒール側でボールをヒットしているという事です。これには、いくつかの要因が重なっています。

まずは、ティーアップした時のボールとの距離を、見直す必要があるかもしれません。自身にあった、適正な距離を確認する方法を紹介します。

ボールを打った時の打球痕を確認できる、ショットセンサーをフェース面に貼る事で、どの箇所でボールをヒットしているかを容易に確認することが出来ます。

もし、通常のスイングをしてみて、多くの打球痕がヒール側に付いているようであれば、ボールとの距離が近すぎるということになります。理想的な箇所(中央もしくはトウ寄り)に打球痕が残るように、立つ位置を調節してください。

中には、ボールを強くヒットすることを意識しすぎて、スイング中に力んでしまい、グリップが体から離れすぎてしまう方もいます。結果、ヒール側にあたることになってしまいますので、スイングには力みは禁物であることを肝に銘じて置くことが大切です。

ゴルフ初心者でも出来るスライス改善方法

正しいアドレス、ボールとの距離が取れていてもスライス改善ができない方は、「トウダウン現象」いうものがあることを知っておいてください。

トウダウン現象とは、インパクトの時にシャフトがしなって、ヘッドが体の方向に近づこうとする力がかかり、アドレスを取った時よりも、ヘッドの軌道が体寄りになるという現象です。この力は、ヘッドスピードが速いほど大きくなります。

このことから言えることは、アドレスを取る時に、ボールはヒール寄りにセットした方が、実際のスイングでは、芯またはトウ寄りでインパクト出来る事になりますので試してみてください。

それでもスライス改善できない方は、スイング軌道を確認してみてください。

ゴルフ初心者の多くが、スライスを嫌がって左方向に打つ意識が強くなりすぎて、アウトサイド・インのスイング軌道になっています。この時、フェースが開いているとカット打ちになり、結果スライス回転が生じてしまうことになります。

または、インサイド・アウトのスイング軌道になっていると、プッシュアウトスライスになってしまいます。

思い切ってインパクトの場所をトウに変えてみてください。

それから徐々に中央寄りに変えていき、理想の球筋が出る位置を探って下さい。スライス回転からフック(ドロー)回転に変えることが出来、スライス改善につながるという事になります。

まとめ

ここまでの事をおさらいすると、理想的な球筋(順回転、もしくはドロー回転)を打つには、絶対にフェースは開かず、ヘッドの芯(中央)かトウ寄りでインパクトすること。

その為には、トウダウン現象を頭に入れて、適正な距離でアドレスをとること。

最後に力まずインサイド・インのスイング軌道を心がけること。

以上のことを実践すれば、ゴルフ初心者でも容易にスライス改善ができます。あとはひたすら練習あるのみです。

頑張ってください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-,

関連記事

フィギュアスケート採点方法は?構成点について

フィギュアスケートでは、技術点のほかに、演技構成点も重要です。 演技構成点は、Program Components Score(プログラムコンポーネンツ)のことで、略称のPCS、もしくは5つの構成要素 …

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : エリック・ムサンバニ

2000年のシドニーオリンピックは、イアンソープさんの活躍などで大いに盛り上がりましたが、そんな中、100メートル自由形に登場したある選手の泳ぎに、世界中の人が注目し、拍手を送りました。 その選手はエ …

山を選ぶならガイドブックを参考に

初めての登山と言った時に、役立つ存在になってくれるのが、ガイドブックです。 日本には、標高が低い山もあれば、3,000メートル級の山もありますし、日本一の山とも言われている富士山は、世界遺産登録が行わ …

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|アイアン

ゴルフ初心者が、最初に練習するべきクラブとして挙げられるのがアイアンです。 ゴルフクラブの中でも1番本数が多く、基本的なセットとして販売されているのは、5番アイアンからピッチングウェッジまでです。まず …

初心者のためのヨガ入門:教室の選び方

初心者がヨガを始めるのであれば教室に通うのが一番ですが、教室の選び方というのに悩んでしまうものです。 そのようなときには教室の選び方の基準をおさえておくと、決めやすくて便利です。

楽天モーションウィジェット