スライス対策|スイングを直すポイント

ボールがスライスしてしまう大きな原因は、フェースが開いてしまうことです。フェースが開く原因は人によって異なりますが、ゴルフ初心者の場合は、手だけに頼りすぎている傾向があります。

飛距離を伸ばすことを意識しすぎて、手に力を入れすぎている人が少なくありません。そうするとスライスするだけでなく、飛距離まで出なくなってしまいます。

スポンサーリンク

スライスを直す!|スイングを直すポイント

手に意識を集中しすぎていませんか?

ゴルフ初心者は、クラブのフェースで上手くボールをとらえられず、空振りしてしまうことが多いです。その結果、空振りを避けたいと考えて、手に神経を集中しすぎてしまう人が見受けられます。

そうすると、かえってフォームが安定しなくなり、フェースが開いてしまうことがあるのです。

手に神経を使いすぎると、全体のバランスが悪くなってしまいます。下半身もぶれやすくなり、ますます安定性を欠くことになるでしょう。

フェースを正しく当てるのは、さらに困難になってしまいます。

手を意識しすぎるのは良くありませんが、両手のバランスについて意識することは大切です。構えたときに、両腕の肘に注目してください。両腕の肘を結んだ直線が、地面と平行になっているかを確認しましょう。

スライスを直そうとする意識が強い人は、平行になっていないことがよくあります。特に多いのは、右の肘の方が高くなっているケースです。

そのような状態でボールを打つと、左の肩が下がってしまうので注意しなければなりません。

また、重心のチェックも忘れてはいけません。ゴルフ初心者は、踵側に体重をかけすぎることが多いです。両足で地面を踏みしめるように、気を付ける必要があります。

ボールを追う癖を直そう!頭をしっかり残して

スイングの終盤に、ボールの行方を目で追ってしまうことはないでしょうか。ゴルフ初心者は、ボールを正しく打てたのか気になり、すぐにボールの方を向いていしまうケースが多いです。

ショットのインパクトに合わせて頭を動かすと、スライスの原因になってしまうことがあります。

ゴルフ初心者は、そのような癖がないかをチェックすると良いでしょう。頭をすぐにボールの方に向けようとすると、体に対して、クラブのフェースが開き気味になってしまいます。

ゴルフのフォームは頭が軸になるので、頭が動くとインパクトも必然的にずれてしまうのです。その場合、ボールには右方向に向かう強いスピンがかかりやすいです。

そのため、スライスを直す第一歩として、頭をすぐに動かさずに、我慢してインパクトさせることを心がけてください。

ゴルフ初心者の場合は、自分ではボールを目で追っている意識がないケースもあります。その場合は、ビデオカメラなどで撮影して確かめるのがおすすめです。

また、プロゴルファーのスイングを観察することも参考になります。インパクトの後も、少しの間は、頭が軸として残っていることが分かるでしょう。

もちろん、プロとゴルフ初心者では異なる点が多くあります。そのため、自分はどれぐらい頭を残せば良いのか、判断が難しいかもしれません。その場合は、とりあえず2秒間だけ残すように意識してみてはいかがでしょうか。

その間は、ボールが置いてあった場所に、視点を合わせたままにしましょう。最初は2秒間を意識的に数える必要がありますが、そのうち慣れてくると数えなくても残せるようになります。

スイングはダウンもバックもどちらも大切!

スライスを直すために、ダウンスイングを改善しようとする人が多く見られます。たしかに、ダウンスイングの際の体の向きは非常に重要です。

胸がすぐに開くような腕の振り方では、スライスしやすくなってしまいます。しかし、ダウンスイングに意識をとられるあまり、テークバックの軌道が、不適切になっているケースも多く見受けられます。

ダウンスイングは、テークバックが適切でないと正しく行われません。いくらダウンスイングを見直しても、スライスしてしまう場合は、バックスイングに原因がある可能性があります。

テークバックの動作は、ボールを打つ前の単なる準備ではありません。テークバックの軌道が、インサイドに寄り過ぎていると、高確率でスライスすることになるでしょう。

インサイドに寄っていると、体と右肘が近くなりすぎて、不自然な状態になります。そのような窮屈なフォームでは、ボールを真っ直ぐ打つことは困難です。

これまで、テークバックの動作を何気なく行っていた場合は、軌道に問題がないかをしっかりチェックしてください。

特に大切なのは、ダウンスイングに移行する直前のタイミングです。その際に、体の右部分が前に出過ぎるのはよくありません。そうすると、膝の開く角度が大きくなったり、背中が反ってしまうことが多いからです。

そうすると、フェースでしっかりボールをとらえるのは難しくなってしまいます。

そういわれても、ゴルフ初心者の場合は、慣れるまでは右部分が前に出てしまいそうになるでしょう。

最初から完全に抑えられるとは考えずに、一瞬だけでも出るのを遅らせる意識を持つと改善しやすいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

水泳初心者のための練習方法

水泳はどの泳法も、見よう見まねではなかなか綺麗には泳げません。綺麗な泳ぎとは、動きに無駄が無く効率的で、水面を滑らかに移動するような泳ぎです。 初心者の泳ぎで、体が沈んでしまい前に進まないという状況は …

レインウェアの選び方

初めての登山に行くときには、初心者だけで行くよりは、経験豊かな人と一緒に挑戦するようにしたほうが安心です。 登山というのは、子どもの遠足程度の気持ちで行けるような場所もあれば、気を抜くことが出来ないよ …

地元愛が熱くする!?ベガルタ仙台を応援してます!

ベガルタ仙台の本拠地は、宮城県の仙台市です。 1988年に創設された東北電力サッカー部が前身となり、1999年にJ1リーグに加盟しました。

野球の基礎知識:走塁に関するルール

野球はホームベース、一塁、二塁、三塁をめぐる競技です。 打者がボールを打って、一塁、二塁、三塁を回ってホームベースまで帰ってくると、一点が入るというシステムです。

山の食事|ご飯の美味しい炊き方

登山は、山あり谷ありの連続で結構疲労していき、人によっては登山はやりたくない、もうこれで終わりにしたいと思いながらやっている人もいるほど、精神的にも追い込まれていきます。 そんな人たちが、何をモチベー …

楽天モーションウィジェット