ゴルフの基本知識:ティーグラウンド上でのルール

ゴルフ初心者にとって、最も緊張するのは実はティーグラウンド上かもしれません。

一番力が入るところであるのは間違いないでしょうし、コース上のほかのポイントに比べると、見ている人もそこに集中しているということもあるでしょう。

それだけ、緊張することは間違いありませんが、ゴルフ初心者はまずは、基本的なところを押さえておくようにしましょう。

スポンサーリンク

ティーグラウンド上でのルール

ゴルフ初心者向けティーグラウンド上の基本

まず、ティーグラウンド上というのが、具体的にどこなのか分からないと話になりません。

これはルール上明確に決められているのですが、目で見ても明確に分かるわけではありませんから、注意が必要です。ティーグラウンドとは、仮想的な長方形の中なのですが、実際に長方形の線が引かれたりしているわけではありません。

あるのは目印だけで、左右のティマーカーによって幅が決まります。奥行きはどうやって決まるのかというと、ティマーカーからピンとは反対方向に、2クラブレングス分ということが決められています。これは、特に目印はありません。

この仮想的な長方形の中に、ボールを置いてティーショットを打たなければ、ペナルティとなります。

ゴルフ初心者によく質問されるのですが、この長方形の中でなければならないのは、あくまでボールだけです。足も含めて、体は外にはみ出して打っても問題ありません。もしボールが、このティーグラウンド上からはみ出して打った場合は、2打罰のペナルティとなってしまいますから注意しましょう。

なお、ティーショットは、ティーアップして打つのが通常ですが、これはルール上そう決められているわけではありません。別に、ボールを地面に直に置いて打っても構いません。

ティーグラウンド上のルールについて

ティーグラウンド上から打たなければならないということの他にも、ティーグラウンド上ではいくつかのルールがあります。

先ほどのティーアップに関しても、実は結構細かい取り決めがあり、ゴルフ初心者にとっては、うっかりしがちですから注意しましょう。

要は、どんなティーペッグであっても、使用可能なわけではないということです。この違反は、単に1打罰とか2打罰というようなものではなく、公式な競技であれば失格になることもあります。

例えば、長さが4インチを越えるようなものは、どのような形状のティーペッグで、あれ全て違反になります。

純粋に、仲間うちで楽しむような場合は、別に目くじらを立てるようなものでもないかもしれませんが、意識はしておいたほうがよいでしょう。

なお、ティーショット前は、まだプレーが始まる前であることから、普通ならペナルティではないかと思えるようなことも、別に問題とはならないケースもあります。

これも、同行者のプレーに誤って注文をつけてしまうようなことのないように気をつけましょう。

例えば、ショット前の素振りや、アドレス時にボールがティーから落ちてしまうことがあります。これは、まだプレー前なのですから、普通にボールを拾ってティー上に置き直して、何の問題もありません。ペナルティも何もないのです。

ティーショットは、そこでプレーする全員がショットをする場所ですから、一般的に一番混雑する場所です。

それだけ、他のプレイヤーの邪魔をしないように配慮するとともに、スムーズなプレーを心がけるようにしましょう。

自分の番がきたら、速やかにアドレスに入ること、今まさにショットをしようとしているときに声を立てないとか、視線内で動かないといったことです。

その他のティグラウンド上のルールやマナー

ティーショットでは、打つ順番も気になるところでしょう。

これは、明確な決まりはないことも多いのですが、最初のホールでは、例えばくじなどの方法によりランダムに決めることも多いようです。

そして、2番ホール以降は、その直前のホールでスコアが良かった人から順番に打っていくことになります。前のホールで2人、あるいはそれ以上の人が同じスコアだった場合には、前のホールでのそれらの人が打った順番に応じて、そのホールでの順番も決めることになります。

ちなみに、ティーショット以外のショットでは、自分のボールがグリーンから遠い人から順番に打っていくことになります。

このように、打つ順番というのは決まっているのですが、実はこれに違反しても、ペナルティは特に決められていません。つまり0打罰ということであり、そのままプレーを続行しても、ルール上は何の問題もありません。

ただ、ペナルティは無いといっても、マナー違反ではありますし、仲間内のゴルフならともかく、取引先や仕事の上でのゴルフであれば、相手に対して大変失礼なことになりますので、十分に気をつけたほうがよいでしょう。

また、ティーショットがOBになってしまうこともあるかもしれません。

この場合は、1打罰で打ち直しとなります。つまり、これから打つティーショットが3打目ということになるわけです。

打ったときには、OBかどうか分からないけれども、OBの可能性があるというときには、プレーの進行を早くする目的で、暫定球を打つこともありますが、その場合は暫定球を打つことを宣言し、かつ先に打ったボールとは、見分けがつくボールを打つようにしなければなりません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

JリーグのJ1とJ2の入れ替えの仕組みはどうなっている?

2017年のJリーグが開幕して、各チームがそれぞれの目標に向かって、毎試合熱い戦いを繰り広げています。 リーグ戦も終盤になると、優勝争いが白熱すると同時に、J1の下位チームの降格争いも激しい争いを毎年 …

水泳の悩み…バタフライでタイムが伸びない

水泳でバタフライが苦手で、タイムが伸びないという人が多く、レッスンコーチと呼ばれるような人でも、バタフライは苦手という人がいるほどです。 学校では、クロールや平泳ぎまで教えるものの、バタフライまで教え …

プロ野球選手に憧れる!どうやったらプロ野球選手になれるの?

プロ野球選手のなり方として最もポピュラーなのは、各種大会で活躍して球団のスカウトの目に留まり、年に1度のドラフト会議で選択希望選手として指名される事です。 日本プロ野球機構の規約では、原則18歳以上、 …

スキー焼けに注意!スキー場での紫外線対策

この季節、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツに出掛ける方も多いと思いますが、「スキー焼け」対策は十分にできているでしょうか? 冬は夏と比べて紫外線量が少ないことから、約半数の人がスキー焼け対 …

ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフ用品|帽子・サンバイザー

ゴルフ場へデビューするときに必要なゴルフ用品を、全部揃えてあるかどうか自信はありますか?

楽天モーションウィジェット