ランドデビューまでに準備しておきたいゴルフクラブ|キャディバッグ

ゴルフ初心者がラウンドデビューする場合、ゴルフクラブはもちろん、ウェアやシューズなど様々な道具が必要になります。

全て、ゴルフを快適に楽しむためには欠かせないものばかりですが、その中でもゴルフクラブと同じく必須となるのが、キャディバッグでしょう。

スポンサーリンク

ゴルフビギナー必見!最初に揃えるゴルフ用品

ゴルフクラブを入れるのに欠かせないキャディバッグ

キャディバッグとは、ゴルフ初心者に限らず、全てのプレーヤーが持っているもので、この中にゴルフクラブや必要となる道具を全て入れて持ち運ぶことになります。

中級者や上級者になると、自分好みのものや多機能なキャディバッグを購入する人が多いですが、ゴルフ初心者のうちは、そこまで本格的なものを購入する必要はありません。

ゴルフ初心者向けのクラブセットを購入すると、一緒にキャディバッグもセットで売られているケースが多いので、それがあれば十分です。

クラブセットは気に入っても、セットになっているキャディバッグはあまり好みじゃないと感じることもあるでしょうが、そんな場合は、バッグのみ入れ替えてもらえるかどうか、販売店やスタッフに確認してみましょう。

バッグもラウンドしていると少しずつ傷んでくるため、将来的には買い替えが必要になります。その時に、自分好みのものを選べば良いのですが、選び方には注意しておきましょう。

特に重視すべきなのは重さで、ラウンド中にずっと抱えて持ち運ぶことを考えれば、5キロ以内の軽い商品を選んでおいた方が賢明です。

バッグは、様々なブランドやメーカーから、様々な価格帯のものが販売されていますが、だいたい10,000円から20,000円までの価格帯のものが人気が高くなっています。

キャディバッグには主に2種類ある

ひと口にキャディバッグと言っても、詳しく見ると、カート型とスタンド型の2種類に分けることができます。

カート型は、プロも盛んに活用しているタイプで、頑丈な造りのものが多く、色々なサイズが揃っている点が魅力です。

ゴルフクラブなどを入れる口もかなり広いので、出し入れがしやすいですし、どっしりと安定しているため、ゴルフカートに乗せても転倒したりする心配が低いです。

安定感と使い勝手においては文句なしなのですが、しっかりした素材を使っているため、かなり重量があります。これをプレーのたびに車に積み下ろししたり、ラウンドする間ずっと持ち運ぶということを考えると、購入を躊躇してしまう人も多いでしょう。

スタンド型は、地面にバッグを置くと支えとなる足が出てきて、勝手に自立してくれるタイプです。

カート型と比べると非常にコンパクトで、軽い素材で作られているため、持ち運びにも便利です。支柱となる足は2本ほど付いているタイプが多く、軽い素材でも安定感抜群に支えてくれるので、転倒の心配も必要ありません。

欠点としては、軽量化やコンパクトさを追求されているためポケットなどが少なく、収納スペースが足りないという点が挙げられます。ゴルフ初心者であれば、練習場やゴルフコースに行く際も、そこまで道具が多くないため問題ありませんが、上級者になると物足りないことも多いので注意が必要です。

このように、2種類それぞれにメリットやデメリットがあるため、購入する場合はそれをしっかり確認しておくことが大切です。

ゴルフ初心者のうちはスタンド型、上達してきたらカート型へ買い替えるのもおすすめです。

ゴルフ初心者向けのキャディバッグの選び方

ゴルフを快適に楽しむためには、コースに出る際に、様々なゴルフ用品を準備していくことになります。ゴルフクラブは言うまでもなく、ボールにグローブ、グリーンフォークにマーカー、ゴルフ初心者であれば、ルールブックも念のため持っておきたいところです。

また、季節によっては日焼け止めや虫除けスプレー、天候によってはレインウェアやタオルなども必要になります。

万が一転んで怪我をしてしまった時に備えて、絆創膏やガーゼ、ティッシュなどもあると安心です。特にタオルは、汗を拭くためや道具を綺麗にするため、雨除けなど様々な用途に活用できるので、常に何枚かは準備しておきましょう。

このように様々な道具を入れることを考えると、キャディバッグを選ぶ際にどこをポイントにすれば良いかが分かってきます。

様々なメーカーから、多種多様な特徴を持つバッグが販売されていいますが、まずは必要な道具を全て収納できるだけのサイズがあるかをチェックしましょう。

長尺のゴルフクラブを持っている場合は、それがしっかり納まるサイズか確認する必要があります。カラーやメーカーは、自分の好みで選んで構いませんが、ゴルフクラブや道具と同じメーカーで揃えると、よりオシャレで上級者っぽく見えます。

これらの道具をスムーズに出し入れするためにも、バッグの口径にも注意が必要です。口径が広くなればなるほど価格も上がってしまいますが、使い勝手が良くないと愛着を持てずに、買い替えたくなってしまうこともあるので、最初からある程度の広さを確保しておくことをおすすめします。

このように、キャディバッグの選び方も覚えておき、よりプレーを楽しめるように工夫していきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

ストレス解消や気晴らしに最適!ジョギングの魅力と効果

運動をして汗を流すことは気持ちの良いことです。 ジョギングにハマる人に意外と多いのが、それまで本格的に運動をしたことがなかったり、むしろ体を動かすことが苦手、というタイプです。 運動が気持ち良いという …

遠泳の泳ぎ方

水泳が得意という人でも、遠泳はちょっと苦手という人がいます。 単に泳ぐことができるという人は数多くいますが、ある程度の速度を決まった距離を泳ぐということには長けているものの、長い距離を泳ぐことは苦手と …

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : 北島康介

日本水泳界は長い間低迷期を迎え、オリンピックでのメダリストをなかなか生み出せない状況が続きました。 そんな中、久しぶりに出てきたスーパースターであり、日本水泳界の中でもナンバー1の実績、功績を残してき …

馬術競技大会に出るには

乗馬には気品と優雅さがあり、憧れる方も多いのではないでしょうか。 乗馬するための馬術には、欧州発祥のブリティッシュ馬術と、米国発祥のカウボーイ乗馬を源流とするウエスタン馬術の2つがあります。

自分のレベルに合ったランニングの距離はどれくらい?

健康志向の方が増え、老若男女幅広い世代の方がランニングを始めるようになりました。 毎日朝早くから走りに行く方や仕事が終わって走り始めるという方も少なくありません。 自分の意志が強い方は決めたことを10 …

楽天モーションウィジェット