ゴルフクラブでスライス改善|フェースから

ゴルフで、よく見られる悩みの1つとして挙げられるのが、スライスです。

右打ちの方の場合、ボールを打ち出した後に、大きく右に曲がってしまう球筋がスライスです。

スポンサーリンク

スライスを直す!|フェースから

ゴルフ初心者の悩みであるスライス

スライスの原因には、様々な要素がありますが、スライスが出てしまう原因は、フェースの向きにあると言ってよいでしょう。擦り打ちとも言われていますが、ボールを斜めからカットしてしまう軌道でスイングしてインパクトをしてしまうと、ボールに強烈な横回転がかかり、大きく曲がってしまうと言うわけです。

野球のピッチャーで言えば、スライダーのようなもので、いかにボールの横回転を抑えることができるかと言うことが鍵となるでしょう。

理論的には、簡単に改善することができそうですが、そうであれば、これほど多くの人たちがスライス改善で悩む事はありません。

人によってもスライスしてしまう原因は異なりますし、個人に適した指導を受ける必要があるでしょう。ゴルフ初心者の方は、出来る限り上級者やレッスンプロの指導を受けるようにしたほうがよいでしょう。

会社の上司や、先輩に教えたがりの人もいるかと思われますが、本当に実力がある人から教わらないと、間違った知識や、スイングを身に付けてしまう恐れがあります。

いつまでも、思い通りにボールを打つことができないような状態が続けば、ゴルフ自体が楽しくないものとなってしまいます。特にスライスが改善されないと、フェアウェイをキープするのも難しくなってしまいますし、飛距離もロスしてしまいますから、飛ばすことの醍醐味も味わうことができません。

ゴルフ初心者の方は、始めた頃がとても重要であると言えるでしょう。

フェースをコントロールするために必要なこと

先ほども述べたように、インパクトの瞬間のフェースの向きによって、その後の球筋が左右されます。

つまり、フェースのコントロールをすることが非常に重要となるのですが、コンマ何秒の世界であるインパクトを、意識的にコントロールする事は、はっきり言って不可能です。

フェースをコントロールするためには、安定したスイングをまず身に付ける必要があります。

毎回同じスイングができていれば、ボールの位置を調整するだけで、安定したショットが打てるようになってきます。

ゴルフでは、アドレスが重要だと言われる所以が、ここにあります。つまり、スイング軌道が毎回同じような形であれば、後はボールの位置さえ間違わなければ、大きなミスショットは出ないと言うことです。

当然それは、スライス改善にも役立ちます。

ゴルフ初心者の多くは、特にドライバーのスライスが止まらない傾向にありますが、安定したスイングを身につければ、フェースが戻り切る位置にボールをセットするだけで、良いショットが打てるようになるでしょう。

ただし、これだけでスライス改善が100%できると言うわけでは無いのが、ゴルフの難しいところでもあります。

どうしても遠くに飛ばしてやろうと力んだりすると、肩が早く開きすぎたり、右打ちの人の場合体が左側に早く流すぎてしまい、クラブのヘッドが遅れてしまい、フェースが開いた状態でインパクトを迎えるため、大きなスライスが出てしまうこともあります。

メンタルの状態によっても、突如スイングが乱れてしまいます。

ゴルフは、メンタルのスポーツとも言われていますが、常に平常心で淡々とプレイすることが、ゴルフ初心者にとっても重要なことです。

使用するゴルフクラブを見直すこと

ゴルフのスライス改善は、使用するゴルフクラブの選択によっても、改善することができる場合があります。

スライスしやすいドライバーで例を挙げるとすれば、構えたときのフェースの向きに着目してみましょう。

多くのメーカーから様々な種類のドライバーが発売されていますが、それらの中には、つかまりやすいタイプの物もあれば、逆につかまりにくい初心者では扱いにくいとされる物も存在します。

スライサーが捕まりにくいタイプのドライバーを使用してしまうと、さらにスライスの度合いがひどくなってしまう恐れがありますから要注意です。

また、シャフトにも注目しておきましょう。

シャフトには大きく分けて3種類のタイプがあります。手元がしなりやすい手元調子、先端がしなりやすい先調子、その中間の中調子の 3種類です。

スイングのリズムによっても選択肢は変わってきますが、基本的にスライサーの人は、先端部がしなる先調子が良いとされています。

もちろんヘッドとの相性もありますから、購入する際には、必ず試打を行うようにしなければなりません。

多くのゴルフショップでは、弾道計測器を完備していますから、様々な組み合わせのドライバーを試打して、自分に相性が良いタイプを選択するようにしましょう。

プロゴルファーの真似をして、力量に合わないクラブだけは選択しないようにしましょう。

ヘッドだけならまだしも、かなりのヘッドスピードを必要とするような硬いシャフトは、強引に速く振ろうとしてスイングを崩してしまう恐れがありますので、よほどヘッドスピードが速くない限り選択しない方が無難です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, , ,

関連記事

フィギュアスケート採点方法は?減点について

フィギュアスケートと言えば、ジャンプなどで転倒した場合は、減点されることは知っている人も多いでしょう。 尻もちをつくなどしてしまうと、1点マイナスされてしまいます。ただ、これだけで済むかと言うと、そう …

気軽に挑戦!ボルダリングジム

最近は、ボルダリングを楽しむ事が出来るジムが多数誕生しており、会社帰りのサラリーマンやOLなどが、ボルダリングジムでひと汗かいてから帰宅をする人、飲み会の前に運動をしてから出掛ける人なども多くなってい …

甲子園を目指して!高校野球に年齢制限はある?

  毎年8月の夏の風物詩として、野球ファンにとって待ち遠しい大会が、16歳から18歳の野球部に属する高校生が、たった一つの頂点を目指す夏の甲子園です。 夏の甲子園は、各都道府県から1校ずつと、北海道と …

スキーがなかなか上手くならない理由とは?

今年は普段、雪が降らないところでもたくさんの降雪がみられます。 寒くて外に出たくない気持ちもわかりますが、ウィンタースポーツの定番スキーで体を温めませんか? しかし、気持ちはあってもなかなか上達しない …

大相撲の歴史を知ろう

2017年初場所、大関稀勢の里が初優勝を飾り横綱昇進を決めました。 日本人力士の横綱昇進は1998年の3代目若乃花以来となる歴史的な出来事です。 大相撲ファンとしては待望の日本人横綱の誕生となりました …

楽天モーションウィジェット