パワースポットを巡って御朱印集めをしよう

厳島神社の御朱印
「御朱印」という言葉を耳にしたことがあるという方が増えているのではないでしょうか?

御朱印とは、主に神社や寺院に参拝した際、それを証する記念として押印してもらえるものです。

日本人であれば、神社に参拝をした経験があるという方が国民の大多数を占めるでしょう。

しかし、これまで御朱印についての知識を持たずに暮らしてきたという方も多いでしょう。

御朱印の存在を知らないということは、決して珍しいことでもなければ、恥ずかしいことでもありません。

スポンサーリンク

御朱印集めの魅力

そもそも御朱印は、参拝をするすべての人に押印してもらえるというものではなく、参拝者が自らお願いして押印してもらうといったスタイルが主流なのです。

仏像マニアや神社仏閣に訪問する趣味を持つ人が増えていますが、御朱印を集めるために各地の神社を訪れる御朱印巡りも趣味の位置づけとしては同様であるといえるでしょう。

御朱印巡りに魅力を感じ、これを趣味にしている人たちは、単純にさまざまな神社の御朱印を集めることだけを目的にしているわけではありません。

罰当たりな話ではありますが、スタンプラリーのように一定数の御朱印を集めたからといって景品がもらえるというわけでもありません。

御朱印そのものは筆で書かれた神社名と重なるように押印され、芸術的な目線からも楽しむことができる魅力も持ち合わせていますが、だからといって、これだけを目的に御朱印巡りをするのはもったいない話でもあります。

休日の趣味として、目的地へ向かうまでの道のりの景色や食事を楽しむドライブを兼ねているという人もいれば、仏閣を建築物として鑑賞する楽しみを兼ねているという人もいるでしょう。

御朱印巡りのマナー

目的や魅力を感じる部分、楽しみ方は人それぞれに異なりますが、御朱印巡りをする人が守るべきマナーは共通していていなくてはなりません。

御朱印巡りをスタンプラリーのように捉え、本来の意味を無視した行いは決してしてもらいたくないものです。

最近ではSNSへの投稿のために趣味やライフスタイルを合わせている人が増えていることが背景にあるのでしょうか、参拝もせずに御朱印のみをお願いする人も少なからずみられるようです。

神社は神様が宿る神聖な場所であり、参拝の方法にはもちろん正しいマナーも存在します。

日頃は新年の初詣のときぐらいしか参拝に出かけないという人も少なくない現代ですが、日本人として正しい参拝のマナーは知っておきたいものです。

御朱印ガールなどと銘打って、ファッションや遊びのように御朱印集めに取り組んでいる女性も見られるようですが、ひたすらに御朱印を集めて投稿することが目的になってしまうことは非常に悲しいことであり、御朱印の魅力を消してしまう行為だといえるのではないでしょうか。

もちろん御朱印ガールとは現代的な造語であり、マスコミが流行語のような扱いで作った言葉だとも言えます。

女性の参拝者であれば、御朱印ガールと呼ばれてしまうこともあるでしょう。

御朱印ガールとひとまとめに呼ばれてしまう女性の参拝者の中でも、マナーを守れていないのはごく一部の人であることは間違いありませんが、このような一部の人によって本来は高尚な趣味だともいえる御朱印巡りが悪いイメージになってしまうのは悲しいことです。

御朱印は日本の文化

参拝のしるしとして、御朱印を押印してもらえるこの仕組みは最近にはじまったものではなく、日本に古くから伝わる文化の一部です。

最近ではブームに乗るように、さまざまな御朱印帳が販売されるようになりました。

御朱印巡りをする人にとっては、新しい手帳を購入することも便利になったでしょう。

中には神社の雰囲気に似つかわしくないようなキャラクターが描かれたポップなものもあり、御朱印の風情とはかけ離れていますが、親子で参拝をする人などにも選ばれているようです。

氏神さまだけでなく、少し足を伸ばして地方の神社へ参拝してみるということは非常に魅力的な良い時間の過ごし方です。

その際に御朱印を頂戴することも楽しみのひとつ、といったスタンスで御朱印巡りができれば最良でしょう。

最近増えている御朱印巡りの参拝者に対応しきれていない神社も存在します。

もともと参拝者が多い神社では、一日に何十人もの参拝者から御朱印をお願いされるケースもありますが、神社にお勤めの人も御朱印を押印するためにそこにいるわけではありません。

忙しい様子などは窓口を通しても理解できるものですから、状況によっては御朱印は次回の参拝時にお願いするといった判断も大切ではないでしょうか。

御朱印巡りをされている人の中では、写経を納めることを欠かさない人もいます。
始まりがお寺にある御朱印は、そもそも納経へのお礼の意味を含んで押印されたものだったためです。

寺院からはじまり次第に神社へも広まった御朱印ですが、寺院とは異なり神社では読経は行いません。

そのため神社では納経を不要としている場合がほとんどです。

また寺院によっては御朱印の用意がない場合もあります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-,

関連記事

アルバカーキ(アメリカ・ニューメキシコ州)のおすすめ観光スポット

アルバカーキは、1706年に創られたニューメキシコ州の最大の都市です。 ネイティブの時代から、メキシコの支配下を経てアメリカの一部となった、歴史を感じられるのが魅力な街です。

初詣にもおすすめな「太宰府天満宮」の歴史

グルメやショッピング、観光と国内はもちろん海外からも多くの観光客が訪れ、一年を通して人気があるのが、九州の福岡県にある太宰府天満宮です。 太宰府天満宮は、菅原道真を祀っている天満宮で、京都の北野天満宮 …

動物と触れ合える!「羽村市動物公園」で癒やされよう

東京近郊に旅行をするなら、羽村市動物公園の動物たちにふれあって、癒されてみませんか?

アメリカ・テネシー州のおすすめ観光スポット

アメリカのテネシー州は、8つの州と接していて、州都はナッシュビルで最大の都市はメンフィスです。 ナッシュビルは、音楽と芸術に溢れており、独創的な観光スポットが多数存在しています。

ウィーン(オーストリア)のおすすめ観光スポット

オーストリアウィーンのおすすめの観光スポットは「シェーンブルン宮殿」です。 ハプスブルク家の離宮で、世界文化遺産に登録されています。

楽天モーションウィジェット