地球環境を守る資格:グリーンアドバイザー

近年自然を守り、自然の美しさを継承していく資格に注目が集まっています。

その中でもグリーンアドバイザーは植物の育て方から病害虫の駆除方法までを学び、花と緑を楽しみたい方々に適切な指導や助言が出来る資格として人気があります。

スポンサーリンク

花のお医者さん、地球を守るグリーンアドバイザー

公益社団法人 日本家庭園芸普及協会が認定するグリーンアドバイザーは現在約10000人の方が有資格者として活躍しています。

造園業やグリーンレンタル業の方、園芸店、生花店、園芸資材・園芸薬品・種苗会社など植物を扱う専門的な分野で働く方から、ガーデンデザインやフラワーデザインといった自然の美を追求する方、また街つくりを行う自治体・NPO法人、学校や研究所の方まで幅広く資格を取得しています。

またこの資格を取得する事でグリーンアドバイザーの称号を名乗れ、仕事に生かせるだけではなく、日本家庭園芸普及協会が主催するイベントやセミナーへの参加や企画運営へかかわる事も出来ます。

グリーンアドバイサー園芸CPD制度に登録するとグリーンアドバイザー園芸ソムリエを始めとした各種称号を取得する事も可能です。

さらに園芸教室などの講師や相談員としての活躍の場も増えるので地球の温暖化に伴う自然保護や地域社会への貢献、そして花や緑を育て愛する人員の育成なども積極的に行え、近い将来必要不可欠な人材の1人となるはずです。

受験資格と認定講習、試験概要

グリーンアドバイザーの受験資格としては、まずは日本家庭園芸普及協会が行う認定講習を2日間受講しなければいけません。

この認定講習に関しても受講資格が必要となり、下記の3つの条件のうちいずれか1つでも該当する18歳以上が受講できます。

・園芸関連業務に一年以上携わった実務経験のある者
・園芸関係の学校を卒業した物または卒業見込みの者
・園芸に関する地域活動の指導的役割を果たす等園芸に精通している人

そして、この条件をクリアし認定講習を2日間受けた後、認定試験を受験するのですが、平成26年の講習・試験の受講受験者数は980人で合格率は83.5%という結果となっています。

なお認定講習・試験は毎年8月の下旬~9月上旬に東京や大阪、名古屋などの数か所で行われ、受講受験料は2日間で一般が37000円、学生が18500円、再受講受験の場合は27000円かかり、講習のテキスト及び昼食もこの料金に含まれています。

ちなみにテキストは受講・受験者のみに配布され市販されておりませんので、適格に2日間の受講で試験に合格する必要があります。

試験の内容と申し込み方法

試験の内容に関しては植物に関する生理学的基礎知識、現代生活と花・緑、種子・球根・苗の基礎知識、植物分類といった基本的な知識から、植物の特性、播種・定植の方法、繁殖・交配の方法、用土・肥料の基礎知識などの実際に育てる上での方法、そして病害虫と薬品の基礎知識、園芸用品・用具の基礎知識、園芸作業、花壇・コンテナ・鉢物栽培の基礎知識といった植物を育てる上で必要不可欠な知識や園芸デザインと飾り方、売場での管理が出題されます。

ちなみに出題方法は試験時間60分内でマルバツ問題が40問、三者択一式が40問の計80問が出題され、認定講習の際に使用する専用のテキストに基づいて問題が出されますので2日間の講習をしっかりと受講すれば難なく資格取得が可能と言われています。

また申し込み方法は日本家庭園芸普及協会の公式サイトからインターネットでの申し込み方法と、郵送による申し込み方法があり、インターネットから申し込んだ場合は折り返しメールにて受験・受講料の可否と振込先案内が返信されてきますので、そちらに沿って手続きを行います。

そして郵送の場合も公式サイトから案内書をダウンロードしプリントした物に所定事項を記入して郵送すると振込用紙が送られてくるのでそちらで受講・受験料を入金する形になります。

グリーンアドバイザー受講テキスト執筆者と講師

グリーンアドバイザーは園芸や植物を育てるための専門分野で活躍されている方に注目の資格ですが、近年は東日本大震災の「花いっぱいキャンペーン」や企業の社会貢献活動のサポートなどでも活動されています。

テキスト執筆・講師にはテクノ・ホルティ園芸専門学校校長と協和発酵工業アグロ事業部顧問を兼務村井千里氏、JGN理事長岡求氏、花と木のお医者さんの作者で(社)園芸文化協会理事でもある望田明利氏など著名な方が多く、地球と自然を守るために日々植物の研究をつづけてきた方々多数が協賛するので植物育成や販売、デザインに従事されてきた方にとってはかなり充実した講習・テキストとなっています。

さらに最近では植物を育て地球環境に優しい知識を得て地球温暖化に伴って気候変動が起こっている事に関連し食育の場でもグリーンアドバイザーが活躍する事が増えているようです。

このように自然を守る事は人間の食生活も守り、心身ともに健康な生活を営む上で必要不可欠な事柄となっていますので、今後ますます活躍の場が増えていく事でしょう。

最後に

グリーンアドバイザーは単に植物を育てる知識を得るだけではなく、地球を守る事、人間が健康でいるために大切な事項、そして様々な場所へ自然の力を届ける事が出来る資格です。
また年代に関係なく取得できますのでライフワークとしていくつになっても生かせる資格です。

公益社団法人 日本家庭園芸普及協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「経営者検定試験」

昨今の経営を巡る環境は、不景気ということもあり、なかなか良くはならず、企業のトップとして大変なかじ取りを強いられることになっています。 このため、自分が本当にビジネスの才能があるのかどうか、トップとし …

主婦にオススメの資格「ファイナンシャルプランナー」

『何か自分に合う資格はないだろうか?』、『忙しい自分でも取得することができる資格があるのか?』と考えている主婦にオススメの資格があります。 それは『ファイナンシャルプランナー』というもので、お金に関係 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「作文・小論文検定」

日本語は、世界でも有数の難解な言語と言われています。同じ言葉でも、複数の言い回しがあります。 使い方を誤れば、別の意味にもとられかねません。

地球環境を守る検定資格:グリーンセイバー資格検定

地球環境について意識が高まっています。 でも、ただ漫然と多少意識して過ごすよりも、勉強して資格を取得すると自信につながります。 そこで、グリーンセイバー資格検定を取得すれば、植物や生態系について地球環 …

パラリーガルの仕事に就きたい人におすすめの資格

パラリーガルの仕事では、法律関係の業務をアシストすることが、役目となってきますので、それらについての知識は、持っておいたほうが良いでしょう。 また、パラリーガルとしての能力自体を問う試験もあり、そちら …

楽天モーションウィジェット