地球環境を守る検定資格:グリーンセイバー資格検定

地球環境について意識が高まっています。
でも、ただ漫然と多少意識して過ごすよりも、勉強して資格を取得すると自信につながります。

そこで、グリーンセイバー資格検定を取得すれば、植物や生態系について地球環境について学べます。

スポンサーリンク

グリーンセイバー資格検定とは何だろう

グリーンセイバー資格検定とは、樹木・環境ネットワーク協会が主催する検定です。
概要は植物や生態系に関する科学的、文化的な幅広い知識を体系的に取得する人を育成する資格です。
取得を通じて、地球環境について守ろうとする人が増えることが期待されます。

検定試験は、ベーシック、アドバンス、マスターの3種類がありますが、ベーシックに関しては年齢や学歴などの受験資格の制限はありません。
ただし、日本語が読める必要があります。

なお、残り2つに関しては、アドバンスはベーシック合格者又はベーシック、アドバンス同時受験者、マスターはアドバンス合格者が受験資格です。

試験は年に1回実施されていて、ベーシック、アドバンスは6月頃、マスターは12月頃に行われます。
受験料はベーシック、アドバンスは5000円、マスターは8000円です。

試験内容は、ベーシックを例に挙げますと、植物の基礎知識、生態系の自然保護、植物の栽培や管理そして、植物の文化、めぐみの知識で、試験時間は2時間なので、その時間内に前述した知識が問われます。

グリーンセイバー資格検定の合格率と勉強方法

グリーンセイバー資格検定の合格率はベーシックについては約6割と、受験資格がないことを考慮すると高いです。
ただ、合格率が高いものの、勉強をしないと合格しないのは言うまでもありません。

勉強方法としては独学が挙げられます。
樹木・環境ネットワーク協会から公式テキストが販売されていて、過去問題も販売されていますから、これらを使って解く必要があります。
テキストに関しては何度も読んで理解することが有効です。

植物や生態の知識を独学で入れるのは不安なことがありますし、机上では実感がわかないことがあります。
そこで、セミナーを利用する方法があります。

セミナーでは定員制限があり、受講料がかかってしまいますが、公式テキストを使って講師による学習のポイントなどが解説されるので、より効率的に理解が深まります。

さらに、無料のガイダンスも実施されているので、グリーンセイバーとは何なのか、勉強方法などを検定委員の先生方などから聞けますので、独学で行こうとする方もガイダンスに出席して、方向性を定めるのに効果的です。

検定試験合格後の流れ

晴れて合格するとグリーンセイバーの登録ができます。
登録料が5000円で有効期間は5年ですが、更新ができます。

グリーンセイバーは森づくりの参加などの地球環境保護を重視したプログラムやコミュニティに参加できます。
そのため、より地球の環境や自然の恩恵について考えることができます。

参加を通じて、机上で得た知識が五感を通して得ることで、ますます知識や理解が深まってかつ環境保全についてより意識されます。

さらに、ベーシックから検定取得しマスターまで取得すると、グリーンセイバー・マスターになります。

そのマスターは、環境省などの環境教育指導者の人材認定を受けられます。
そうすると、地球環境保全の活動や教育者として必要とする市民から、依頼情報が受けられます。

従って、学んで得て取得した資格の知識がさまざまな方に伝えられて、より地球環境保全に役立てられます。

なお、マスターの受験についてですが、受験資格がある上、受験内容はベーシックやアドバンスの内容に加えてさらに広く記述式であるため難易度は高めです。

取得して就職やスキルアップには?

グリーンセイバー資格検定に合格した場合、就職やスキルアップにどのくらい影響されるのでしょうか。

まず、マスターの場合は、前述のように人材認定されるため、指導員として依頼情報が得られますから、就職やスキルアップなどには有利に働きやすくなります。

ベーシックやアドバンスについては、地球環境について意識していることを示すアピール材料になり、環境保全に力を入れている会社の就職やNPOの活動、スキルアップに多少有利になり得ます。

他にも、造園業務や園芸業務を行っている会社にも多少有利に働きます。

取得者にグリーンセイバーとして自然体験イベントに協力できる方を募集しています。
そのため、そのイベントから地球の環境について、ますます深い知識が得られますし、スキルアップにつながります。

学生の中には、地球環境について研究されている方がいたり、興味を持っている方がいます。
その方には、資格を取得して就職などに際しては前述のようにアピールポイントになりますし、研究については深い理解と新たな切り口が生まれやすくなります。

最後に

グリーンセイバー資格検定は3種類あって、難易度やスキルアップなどが異なりますが、どれも自然の恩恵など環境保全については共通しています。
検定合格することで知識が自信につながり、地球環境保全について意識が高まります。

樹木・環境ネットワーク協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格

関連記事

スクールカウンセラーとは?仕事内容や現在の待遇

スクールカウンセラーは、不登校やいじめなどの問題に対応することが主な仕事内容です。 現在、日本の15,000校以上の学校に配置されています。 いじめや不登校が学校で問題になっている昨今では非常に重要な …

就活で持っていたい資格「TOEIC」のアピールできるポイント

TOEICは、就活の時に役立つ資格の一つです。 TOEICで高いスコアを取るのは、ハードルが高そうですよね。最初から、ハイスコアを取る必要はありません。600点以上取れれば、十分です。 特に大学生が就 …

歯科事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

歯科医院は、全国にたくさんあるので、求人募集も多くなっています。ただし、人気のある職種でもあるため、資格を持って自己の能力をアピールすることが大切です。 どんな活躍をしたいかによって、選択肢が大きく変 …

専門職には欠かせない!技術系の資格「危険物取扱者」

「危険物取扱者」は、技術系や研究開発の仕事をする人に必須の資格のひとつです。これは、消防法に基づく国家資格です。 消防法で定義される「危険物」とは、火災や爆発を起こす危険性を持つ物質をさします。具体的 …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運行管理者

安全輸送の責任者として自動車運転事業者の選任を受けた者として、運行管理者があります。 運行管理者は、事業用自動車の安全運航を管理するスペシャリストであり、国土交通大臣指定試験機関が行う試験に合格した者 …

楽天モーションウィジェット