行政書士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

スポンサーリンク

行政書士とは?

法律関係の職種と聞かれると、弁護士や検査官、そして裁判官を挙げる方が多くいらっしゃいます。

これらの仕事は、あまり法律に馴染みのない方たちにとっても広く知られているものであり、それ故にそれらの職種のみが法律関係の職種であると考えている方も多くいらっしゃるとも言えます。

しかし実際には、それら以外にも法律職は存在し、例えば司法書士や社労士、そして行政書士などといった職種も法律関係の仕事であると言えます。

弁護士や検察官、そして裁判官といった職種に就く場合には、まずは司法試験に合格しなければならず、その後に司法修習を経て、晴れて法律家として活動をする権限が与えられます。

言うまでもなく、この司法試験とは難しい試験であり、大学の法学部を卒業後にロースクールなどに進学した後、何年もの時間をかけて勉強をしているといった方も多くいらっしゃるといった現状があります。

また、その合格率や難易度も説明するまでもなく、とても難しい試験であるとして認知されており、それ故にこれらの職種が業務上で扱う内容も広範に亘るものが多いといった特徴があり、場合によっては法廷での争いが必要となるものも多くあると言えます。

その一方で、司法書士や社労士、そして行政書士といった職種に関しては司法試験を受検し、その後に司法修習を行う必要がありません。

年に一回行われる国家試験に合格すれば晴れてそれらの職種に就いて活動が出来るものであると言えます。

上記で挙げた弁護士や検察官、そして裁判官などが広範な業務内容を扱うのに対して、司法書士や社労士、そして行政書士などは書面による業務を執り行う事が一般的です。

その為、より私たちの目線に近い立場での法律的な問題解決を行う事が可能であると言え、身近な法律家であるといった側面があります。

特に行政書士に関しては、司法書士、社労士などと比較するとその難易度が低くなるといった傾向があり、比較的受検しやすい資格であると言えます。

その為に、まずは行政書士の資格の受検をしてから更に上級の資格にあたる司法書士、社労士、そして弁護士、検察官、裁判官などになる為の司法試験を受検するといった方も多くいらっしゃるといった特徴もある資格でもあると言えます。

行政書士の試験難易度と合格率

行政書士の試験の合格率と難易度ですが、一般的なその他の分野の資格などと比較すると依然として難しい試験であると言えます。

現在ではその合格率は3~10%といったところを推移しているといった状態であり、決して楽観視は出来ない内容である事が分かります。

特に難易度を上げている理由の一つとしては、その出題問題の変化にあると言えます。

以前の行政書士の問題では暗記をメインとするものが多く、それ故に如何に多くの勉強時間を割く事が出来たかが合格をする上での必須条件であるといった傾向がありました。

暗記をする範囲も日本国憲法と出題範囲に関連する法律などを暗記する必要があり、その量は膨大ではありましたが、基本的には出題範囲自体が決まっており明確であった為にある意味では勉強がしやすいといった声も多く聞かれてはいました。

しかし近年では、その出題傾向にも徐々に変化が見られており、前述した日本国憲法や出題に関連した法律を覚える事は勿論の事、それを用いての法律的な問題解決思考力といったものが問われるといった傾向にシフトチェンジしており、それにより難易度も上昇しているといった側面もあると言えます。

以前は暗記重視のものであった為に、独学による勉強方法でも合格は可能である数少ない法律関係の資格であったのに対し、現在は前述した出題傾向の変化により、法律系の予備校や通信教育を用いた勉強方法を選択する事が、合格までにかかる時間や費用を節約出来る最良の方法であるといった声も上がっています。

試験に合格するために

この様な事柄からも、一定期間以上の長期間のスケジュールを組んでの勉強が必要不可欠であると言え、その間のペース配分などにも気を配りながらの勉強が求められるものであると言えます。

一般的には一年半程度の期間を目安に、合格を目指して勉強をするといった方が多く、一日数時間は確実に勉強をする事が必要になります。

行政書士の試験は、毎年十一月に行われる年一回のものであり、その当日までに基礎問題から応用問題、そして過去問題などを通して合格を目指すといった勉強を行う事が必要になります。

近年は、出題傾向の変化が著しい事でも知られてはいるものの、やはり合格者の声からは過去問題をどれだけやりこめるかといった事が合格をする為の必須条件であると言われており、その為にも出来るだけ時間的に余裕を持って基礎問題を終わらせてから、過去問題に取り組める時間を確保する事が合格へのカギになると言えます。

行政書士の問題で問われる内容は、法律問題の中でも比較的基本的なものが多く出題されており、より私たちの生活に置き換えて考える事も可能な問題が多く、理解も定着しやすいとも言え、法律初学者がチャレンジするにはぴったりなものであると言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格

  • asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]please stop by the internet sites we follow, which includes this a single, as it represents our picks from the web[…]

  • -->

    関連記事

    宅地建物取引士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

    宅地建物取引士(通称、宅建)は毎年約20万人が受ける人気の国家資格です。 そんなに人気で多くの人が受けるなら合格しにくいのでは?と思うかもしれません。 今回は宅地建物取引士の資格の難易度や合格率につい …

    会社にとって欠かせない存在!経理の資格「電卓計算能力検定」

    以前は、そろばんの資格がなければ経理にはなれないと言われるほど、そろばんの技量というものが問われてきました。 しかし、電卓が登場することで、そろばんの技量がない人も、簡単に計算ができるようになりました …

    医療事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

    医療事務の仕事は求人数が多く、女性でも働きやすいという理由で人気の仕事です。 実際に、医療事務の仕事とは、どういったことをするのでしょう? また、医療事務という特別な知識をもつ仕事は、未経験でも就職で …

    就活で持っていたい資格「宅地建物取引主任者」のアピールできるポイント

    就活で持っていたら有利となる資格の中でも、国家資格であるものの、会計士や税理士のようにそこまで専門知識が無くても取得できるのが「宅地建物取引主任者」 資格を持っていると、不動産への就職に有利となるほか …

    公務員になるための試験:家庭裁判所調査官補

    家庭裁判所調査官補は、公務員の中でも職種が限られる専門職です。 難関な資格試験の1つです。

    楽天モーションウィジェット