紙と鉛筆だけで始められる!俳句の魅力と楽しむポイント

俳句手帳
俳句は季語を使って5・7・5の17文字の中で作る定型の詩で、松尾芭蕉や与謝蕪村の俳句は教科書にも載っており、多くの人が知っているはずです。

そして、これは才能のある有名な俳人だけでなく、年齢、性別を問わずに誰でも気軽に始めることのできるものでもあります。

スポンサーリンク

いつでもどこでもできる俳句

俳句の始め方

俳句の場合には、1つの俳句の中に使う季語は1つだけというような、いくつかの決まりはありますが、すぐに覚えられるようなものなので、初心者でも作りやすいと言えます。

そして、趣味として俳句を始めた場合にかかる費用としては、独学で行う場合は、季語が調べられる歳時記と俳句に関する本を数冊買えば、あとはノートと筆記用具だけの費用ということになります。

また、自分だけでは心細いという場合には、カルチャーセンターを始め、いろいろなところで初心者向けの教室が開かれているので、通いやすいところや興味を持ったところで習うようにすると良いでしょう。

そして、教室を選ぶ場合には先生との相性が大切なので、ただ有名だからというような理由ではなく、その先生の作品を実際に読んでみて自分の心が動くような教師を選ぶことが大切です。

さらに、そんな先生と教室が見つかった場合は、見学や無料体験ができるようなら、それらを利用して、教え方をしっかりと自分で確かめてから選ぶようにすることをお勧めします。

さらに、一般向きの俳句サークルなどもたくさんあり、こちらの方は教室以上に費用がかからないので、ちょっと俳句をやってみたいという人に適していると言えます。

その他では通信教育やインターネットを使った句会などもあるので、自分の希望やレベルに合ったところを選ぶことが重要です。

俳句を趣味にするメリット

俳句をやり始めると、季語を使う必要があるので、四季の変化に敏感になります。

そして、それまで自分が好きだった季節だけでなく、他の季節に関しても、さまざまな季語に使われている動植物や行事などに注目するようになり、それぞれの季節を楽しめるようになります。

また、それだけだけではなく、17文字の作品を作るために、常に日常生活や風景など、いろいろなものに心を開いてそれらを言葉にすることを心掛けるので、その点でも毎日が充実したものになるでしょう。

そして、俳句という世界があれば、普段の生活の中でのストレスを忘れ、そこに没頭することができるので、ストレス解消としても大きな役割を果たす可能性が高いはずです。

また、この趣味の場合は、年齢と共に体力や記憶力が低下しても続けることができるというメリットがあります。

そして加齢と共に作りにくくなるどころか、人生体験が増し、人や動植物に対する見方が深まって、より良い作品を作れる可能性が出てきます。

さらに、病気で体調が悪いときも、ベッドの中で作ることができるほど、場所や状態を問わない趣味なので、これを趣味にした場合は、どんな生活を送ることになろうとも、常に手放す必要がなく、精神面を支えてくれるものとなることでしょう。

また、俳句は普段の生活の中だけでも作ることができますが、より広い範囲の作品を作るためにいろいろな場所に出かけたり、泊りがけの旅行をする場合もあり、そんなこともまた、楽しみの1つとなるはずです。

そして、1人でじっくりと学んで作ることも、友人達と一緒に習ったり旅行に行ったりすることもできるので、楽しみ方の選択肢が多いと言えます。

仲間と一緒に楽しもう

俳句は仲間で楽しむことのできる趣味でもあり、教室などで習う他に、俳句結社に入る方法もあります。

この場合は作品を投稿し、その中から選者の先生が選んで結社誌に載せる形で学習することになります。

会員が一度に投稿したり掲載される句の数は結社によって異なりますが、どんな結社でも投稿した場合は自分の俳句が1句以上は載るはずなので、それらを毎回確認することは、大きな楽しみになることでしょう。

また、この場合は先生の作品を始め、他の会員の作品も読むことができるので、その意味でも非常に勉強になるはずです。

さらに、結社ではいろいろな地域で句会を行っているので、これらに出席すると、実際に先生や他の会員と会うこともできます。

そして、そこでは自分の作品を提出してお互いに句を選び合う形になりますが、先生の講評を聞けるだけでなく、他の人の意見も知ることができ、さらに俳句では非常に大切だと言われる選句力を高めることも可能になります。

なお、このような句会はカルチャーセンターなどの教室やサークル、インターネットでも行っているので、結社に入らずに句会だけに参加することも可能です。

そして、こんな形で他の人達と関わることになれば、俳句が上達するだけでなく、同じ趣味を持ついろいろな友人ができて、そんな人達との交流も楽しめるようになります。

最後に

俳句は初心者でもあまり費用をかけずに始めやすく、しかも一旦始めればさまざまな楽しみ方ができます。
続けていけば深みもある素晴らしい趣味なので、多くの方に適していると言うことができるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

女性が思わず惚れる!フットサルが趣味だとモテる理由は?

フットサルをしている男性は一般的にモテるというのが風潮です。 これを裏付けるように、男性は趣味を聞かれた際の自己紹介でお決まりのように趣味はフットサルですと言います。 人間的にはつまらない回答ですが、 …

詠んでみよう!俳句のルールや楽しみ方

テレビで芸能人のセンスや品格を問う番組は多いですが、その中でも有名なのが「俳句を作る」という番組ですね。 これはお題となる写真を見て、自分のインスピレーションをもとに俳句を作り、査定することで本人の知 …

「Tera De Marche」で見つけるハンドメイドの魅力

「Tera De Marche」は、ホビーイベントの中では珍しく、お寺を会場にした何でも市です。 東京、上野にある宋雲院の室内で年に数回開催されていて、ハンドメイドのグッズから、食品などさまざまな掘り …

苦手を克服!カラオケでラップを上手く歌うコツとは?

カラオケで歌いたい曲はあるけれど、ラップが入っていて歌えない、うまく歌えなくて恥ずかしいという方もいるでしょう。 そんな方のために、ラップを上手く歌うためのコツやポイントを紹介します。

手先が器用じゃなくても大丈夫!コスプレを趣味として始めるには

一昔前までは一部の人だけが楽しむものとされていたコスプレですが、最近では誰もが気軽に楽しむことができるものとなっています。

楽天モーションウィジェット