テクニックは必要ない?ヘアピンだけでできる時短ヘアアレンジ

せっかくおしゃれしたから、かわいくヘアアレンジをしたい…
朝時間がない中でもおしゃれなヘアアレンジをしたい…

そんな風に悩んだことはありませんか?
ここではいくつかの、「ヘアピンだけでできる時短ヘアアレンジ」をご紹介します。

スポンサーリンク

必要なものは「ヘアピン」のみ!

1、ヘアピンの種類と留め方

プロが使うようなヘアピンは、いくつか種類がありますが、ここで使うヘアピンは「アメリカピン」というピンだけです!
アメピンと略して呼ばれますが、薬局、100円均一と大体どこにでも売っているピンです。短い方が上、長い方が下になるように留めるのが一般的です。
今までは黒と茶色のものが主流でしたが、最近ではゴールドやシルバー、赤、青などカラフルなピンが流行しています。カラフルなものを使えば、ピンが目立ってぐっとおしゃれな仕上がりになるのでおすすめです!

気になる留め方ですが、いくつかの留め方をご紹介します。
まず一番シンプルな留め方は、髪の毛と垂直になるように留める留め方。
後れ毛を留めたりするときに、小さな頃から皆さんが自然にしている留め方です。

次に、ヘアピンを交差させて、バツになるように留める留め方。
これもすぐ出来る、簡単な留め方です。

最後に、髪をねじって、ねじった空洞に一本で留める、ねじり留め。
最初は少し難しいかもしれませんが、慣れれば一本のピンでしっかりと固定出来るので応用がききます。

2、前髪でするヘアアレンジ

ヘアピンの留め方がわかったら、早速ヘアアレンジです!

手っ取り早いのが、前髪のヘアアレンジ。
長い前髪でも短い前髪でも可能です。ショートカットの人もできて、ぐっと手を加えた感じに見えるので、是非やってみてください!

ななめに前髪を流したら、それを固定させるようにピンで留めるだけの方法です。
ひとつで留めてもよし、4、5本のピンを使って水平に留めてもよし、です。ここで黒ではなくカラフルなピンを4連で留めると、ぐっとポップでかわいい印象になりますし、ゴールドで留めればおしゃれでこなれた印象になります。

ピンを留める間隔もポイントで、少し離して留めるのか、隣同士ぴったりさせて留めるのかによっても印象が変わるので、日替わりでやってみてもいいかもしれません。後ろ髪はストレートでもOK!たった3分で出来る時短ヘアアレンジです。

先ほどの留め方を応用して、交差させて留めれば更におしゃれ感がアップします。長さのある前髪の人は、外側にねじってピンが見えないように留め、少しだけ前髪を引き出せば、あっという間にかきあげ前髪風のヘアアレンジになります。
シンプルな服装にも合いますし、かきあげ風の前髪はドレスアップしたときにもおすすめです。

前髪をツイストにねじって、最後に一本のピンで留めたり、編み込みを留めたり、長さがある前髪はバリエーションがたくさんあります。その場合、額にぴったりと沿わせるよりも、ピンで留めたら少し髪の毛を崩すと、ゆるふわの今風な髪型になります。

3、結んだ髪にするヘアアレンジ

次に、結んだ髪やシニヨンを作った髪にするピンのアレンジです。
こちらもとても簡単!
結んだりまとめたりした髪の横に、ピンで飾りをつけるだけです。前髪同様、耳の横あたりにカラフルなピンを何本か留めるでもよし、バツを作るでもよし、3本のピンを使って三角形を作るものよし、です。
ヘアピンを飾りにするヘアアレンジは、結べる長さのない髪の人でも出来るのでおすすめです。

4、実際に髪を固定するヘアアレンジ

飾りにも使えて、髪の毛も固定出来る時短ヘアアレンジをご紹介します。

・ハーフアップ風
両耳あたりの髪の毛を取って、後ろで三角にヘアピンを留める。
このとき、横の髪の毛はそのまま持ってきてもいいですし、三つ編みや編み込み、フィッシュボーンなどに出来れば更にこなれた凝った感じが出ます。

・ゴムの代わりにヘアピンで固定
一つ結びなど、髪の毛が多いものはヘアピンのみで固定することは難しいですが、三つ編みやフィッシュボーンなど、毛先の髪の量が少なくなっているものはヘアピンでも簡単に留めることが出来ます。
後ろで一本で三つ編みをするのもよし、ふたつに分けて三つ編みするのもよし、三つ編みの終わりの、いつもゴムで結ぶ箇所をピンでバツに留めるだけで完成!

このときもカラフルなピンか、ゴールドのピンがおすすめです。ファッションによってかえてもいいかもしれません。
元気でポップな印象の洋服だったらカラフルなピン、大人っぽい服装やシンプルな服装だったらゴールドのピン、といったように、同じ髪型でもピンの色によって印象をかえられるのが、ヘアピンでするヘアアレンジの良いところでもあります。

最後に

最近ではいろいろな種類のヘアピンが出ています。
色だけではなく、太さがあるものや、波打っているものなど、一本つけただけで様になるピンが多く出ています。細いヘアピンと太いヘアピンを組み合わせて飾りにしてもかわいい仕上がりになりますよ!

いろいろな色のピンがありますが、選ぶポイントは、自分の髪の毛の色に対して目立つ色のピンをつけることです。簡単に出来るアレンジばかりなので、日替わりでチャレンジしてみてくださいね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ
-, , , ,

関連記事

女度UP!プロも愛用するメイク道具

毎日朝に行うメイクですが、アイブロー、アイシャドウ、ファンデーション、リップなどいろいろなアイテムを使って仕上げます。 メイク道具といっても100円均一からハイブランドショップまでいろいろなところで売 …

ランニングでダイエットするコツ

ダイエットを始めようとしても、何からやればいいのか迷うことがあります。 世の中には数多くのダイエット法があり、どらが良いのか選ぶことも一苦労です。 簡単な方法で長続きできる方法が、一番効果的な方法とい …

趣味で取れる実用的な資格:ダイエット検定

今の時代、年齢性別関係なく話題になるのがダイエットの話ですよね。 特に若い女性は何よりもダイエットのことが気になるという人も多いのではないでしょうか? そんな人なら反応するであろう資格が、ダイエット検 …

マンネリを脱出!寒い冬でもあったかい重ね着コーデ♪MA-1×ロングシャツ

冬のコーデはついコートに頼りがちですが、MA-1とロングシャツを使えばオシャレで温かいファッションを楽しめます。 ポイントは重ね着するMA-1とロングシャツの選び方です。 ポイントさえおさえれば簡単に …

人気のヘアスタイル「ポニーテール」のメリット・デメリット

ポニーテールは、男女問わずとても人気のあるヘアアレンジで、誰でも似合いやすく、爽やかなイメージになります。 簡単でかわいいスタイルですが、実はそのやり方によっては、ちょっとしたデメリットも存在していま …

楽天モーションウィジェット