春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:崩れにくさNo1のフィッシュボーン

雨の日の湿気で髪がまとまらなかったり、うねってもう最悪なんていう時は、まとめ髪で可愛く過ごしたいですね。

でも可愛いヘアスタイルが上手くできない、簡単にステキに見せるにはどうすればいいの?という不器用さんに、おすすめしたいのが、フィッシュボーンです。

雨の日でも強風の日でも、崩れにくいのでお出掛けにも安心です。

フィッシュボーンの作り方はいたってシンプルなので、ヘアスタイルに自信が持てない方や、手先が器用じゃない方も、諦めず是非試してみてください。

スポンサーリンク

崩れ知らずで、オシャレ度アップ!フィッシュボーン

不器用さんでも覚えれば簡単にできちゃう

まず、フィッシュボーンに仕上げたい部分を二つに分けます。両方の手でそれぞれ分けた髪を持ち、一方の髪の外側を少量取ったら、反対側の髪に加えます。

同じように、今度は髪を加えた方の束の髪を、外側から少量取り反対の髪の束に加えます。これをずっと繰り返していき、最後はゴムで縛って完成です。

飾りなしでも十分華やかで、ほんとに簡単です。髪を最初均等に分けることと、外側からすくって取る髪の順番を間違えなければ、失敗もありません。三つ編みなどと比べると、やや時間がかかってなかなか進まないと感じるかもしれませんが、やっていけばすぐに慣れます。

手順がシンプルなので、すぐに覚えられるのが嬉しいところです。

初めは一つ結びでなく、二つ結びなどで試してみると、難なくできるのではないでしょうか。外側から取る髪を少なくすればするほど、完成させるまでに時間はかかりますが、編み目が細かく繊細に仕上げることができます。

時間がある時や、ここぞという時にやれば、きっちりキレイに見せることができるので、おすすめです。

凝ったヘアスタイルで、しかも崩れないフィッシュボーンは、一見細かく編んでいるような手の込んだヘアスタイルなのに、実はやり方はとっても簡単で、三つ編みとも編み込みともロープ編みともまた違う、繊細さを出せることが魅力です。

その名の通り、細かい魚の骨がびっしり組み合わさったように編んでいくので、まとまりがよく、時間が経っても崩れにくいというメリットもあります。

雨の日は特に、髪質によって湿気を含んで膨らんだり、反対にぺったんこになってしまったり、ヘアスタイルに悩みがちですが、フィッシュボーンならそんな心配もありません。

本当は簡単なのに、そうは見えない繊細な見た目で、オシャレを叶えながらきちんとまとまって、実用面もバッチリです。雨の日だけでなく、風の強い日も1日外周りの日でも、思いっきり運動する日もぴったりです。

きちんと手をかけている清潔感を漂わせながら、実は工程はシンプルでしかも可愛くて、崩れにくいから良いこと尽くめです。

特にフィッシュボーンを知らない人からすれば、すごく難しそうで凝ったヘアスタイルに見えることでしょう。髪質が硬めでも、柔らかないわゆる猫っ毛でも、髪が多くても少なくても、ある程度の長ささえあれば、どんなタイプの人でもやりやすいのも特徴です。

ご自分の髪質が原因で、ステキなヘアスタイルが上手く決まらないと嘆いていた方や、自分の得意なヘアスタイルがなかなか見つからないという方も、フィッシュボーンは一度試してみる価値がありますよ。

何よりも崩れにくいスタイルなので、シーンや天気を選ばず、いつでも気軽にできる点も高評価で、小さなお子さんにもぴったりの髪型です。

アレンジも自由自在なフィッシュボーン

崩れないように、よりきちんと編んでいったフィッシュボーンは、そのままだととてもノスタルジックで、端正な雰囲気です。もちろんそのままでも清楚でステキなのですが、仕上げにちょっとほぐして仕上げると、より現代風で、おしゃれになります。

ほぐし方は、全体のバランスを見ながら、ところどころ上から、髪をゆるめるように少しずつ引き出していくだけです。ほぐしを入れるか入れないか、入れる場合もどれくらいほぐすかによって、がらりと雰囲気を変えられるのも、フィッシュボーンの便利なところです。

ゆるめずに、きちんと編み込んだままなら、崩れにくさNo1のヘアスタイルで、とても可憐な印象になれちゃいます。

お子様の日常スタイルはもちろん、発表会や運動会などにも最適です。適度にほぐしを入れれば、力の抜けた、程よいルーズなスタイルで大、人の女性にも似合います。あまり髪を引き出し過ぎると、崩れやすくもなるため、全体を見つつ髪質も踏まえ、丁度よくほぐすとグッとこなれてオシャレに見えます。

最後に

フィッシュボーンをベースにして組み合わせたり、まとめてアップスタイルに進化させるのも簡単です。

きちんと編まれているので、アレンジしやすくまとまりも良く、ちらりと見える部分もキレイなので、どんなスタイルにアレンジしても、しっくり合うのがフィッシュボーンです。

元々崩れにくいスタイルのため、髪が浮いたり出てきたりすることもなく、どんなアレンジもやりやすいですよ。

もちろんそのままでも様になり、余裕があればさらにアレンジを加えほぐしを微調整し、その日の気分やスタイルに応じて幅広く楽しむことができます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

女の子でも可愛くかぶりたい!キャップ×ウェットスタイリング

女の子でも、キャップが好きで愛用している人も多いでしょう。 ボーイッシュなコーデにももちろん合うし、ガーリーテイストの時も、外しアイテムとして重宝しますね。 キャップのかぶり方には、どんな事に気を付け …

買った靴が大きすぎた時の対処法:革靴の場合

革靴をお店で買った時に家で履いてみたら、大きかったということは案外起こりやすいですよね。そういう時はお店が近くにあれば交換もできますけど、遠くのお店で買った場合は対処法に困ります。 大きすぎる革靴を買 …

洋服選びに迷う事がなくなる基本のアイテム!「クラシックなドレスパンツ」

ドレスパンツというアイテムを上手く着こなすためにはまず、小物の色の組み合わせをしっかり考えることが大切です。 この洋服は、小物のバランスや組み合わせるアイテムの色遣いを間違えてしまうと、本来持っている …

クラッチバッグを使う時に合わせやすい服・アイテムは?

数年前に大きなブームになってから、もはやおしゃれな人の定番のアイテムになっているクラッチバッグですが、意外とどういうときに使えるのかわかりにくいアイテムです。 どんなファッションの時に、使いやすいので …

秋冬のマストアイテム!ファーの種類

2017年の秋冬ファッションでも、昨年に引き続きファーアイテムがマストです。 プチプラなものも多く、種類が出始めています。 定番はファーサンダルや小物系は、手軽さゆえに売り切れることもありますので、早 …

楽天モーションウィジェット