春一番!雨の日も風の日も乱れないヘアスタイル:定番のお団子

髪の長い人は、お団子ヘアに挑戦したことはありますか?

自分でお団子を作るとなると、中々難しそうに感じますね。それに、似合わないと思い込んでいる人も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

乱れ知らずで、アレンジ簡単!

女性ならではの可愛いお団子ヘア

お団子ヘアをマスターすると、ヘアスタイルの幅が広がるので、スタイリングも楽しくなります。色んなアレンジで、年齢関係なく出来るヘアスタイルです。

その上、春の強い風や、雨の日のうねりや広がりに悩む事も少なくなるでしょう。

まず、お団子ヘアのコツを掴むには、練習するのも良いですが、あまり気張りすぎない事です。上手にできないと言う人は、きっちり作ろうとしていませんか?

浴衣や着物スタイルの時は、綺麗なお団子ヘアが似あいますが、普段するには、少し無造作な感じの方がオシャレに見えます。作るのが上手くなると、「適当にお団子したけど可愛く決まってます」と言う印象に持って行けるのです。

ちょっとラフなくらいが良いかなと言う気持ちで作ってみましょう。

しかし、ラフとだらしなさの境目に注意です。いくら無造作と言っても、汚く見えるのは絶対にNGです。それを防ぐには、あらかじめ髪全体にムースやワックスをなじませておく事です。程よくキープしてまとまり感が出ます。

髪をアップにしている女性は、自ずと可愛く見えます。後姿も決める事が出来るのが良いですね。

雨の日にストレスになるスタイリングも、お団子ヘアでスッキリ可愛くみせましょう。

いつも髪を下している子が、アップにするだけでかなり印象が変わり、ドキッとする人も多いはずです。女性だからできるお団子を武器にして、悪天候の日も気分良く過ごしてみてください。

基本を覚えて、自分なりのお団子ヘアを

一番簡単な、基本の作り方を覚えましょう。

まずロングヘアの人は、ポニーテールを先に作ってしまえば早いです。結んだ髪の毛をクルクルねじって、ポニーテールのゴムの根元に巻きつけるようにします。

落ちて来ないように、所々Uピンで根元に差し込むように留めていけば完成です。ねじるのが難しい人は、毛束を三つ編みにして巻き付けても良いです。

ポニーテールを作る時は、ブラシできっちりしすぎず、手櫛で髪を集めるようにするとラフな感じになります。パーマをかけている人は、引っかかりと程よいボリューム感が出て、お団子が作りやすく、よりオシャレな感じになりますね。

後れ毛は、全体のバランスを見て程よく出しても良いです。

お団子を作る高さでも、印象が変わります。

頭のてっぺんに作れば元気に見えます。高さが下になるにつれ、落ち着いた印象になっていきます。これは自分の好みで決めましょう。

セミロングくらいの人は、長さが足りないので、必然的に若干低い位置になりますね。低い位置で作る時は、真後ろに作るのも良いですが、少し斜めの耳の後ろ当たりに作ると、オシャレな感じになります。

これは、年配の女性にもオススメの位置です。それぞれの輪郭に合わせて、色んな場所で作ってみて、ピッタリの位置を見つけてみてください。

髪の量が多くてどうしてもまとまらない人は、思い切ってお団子を2つ作ってしまうのも良い方法です。

ハーフアップで上に一つ作った後、その下にもう一つ作っても良いですし、ツインで結んで両耳の後ろで作っても可愛いです。いずれにしても、工夫次第で自分にとって定番のお団子をマスターしましょう。

色々なアレンジで遊ぶお団子ヘア

お団子が上手く作れるようになったら、色々アレンジをして遊んでみましょう。

細い三つ編みを何本か入れたり、髪を巻きつける際に、わざと毛先を散らばすように遊ばせたり。

やっていくうちに、段々面白くなっていきます。ヘアアクセサリーもポイントになって、オススメです。
後れ毛が落ちてきて、乱れが気になる人は、後れ毛部分を持ち上げるようにつける、幅の広いコームもあります。ラインストーンなどが付いているので、後姿が可愛いです。強い風が吹いても、乱れが気になりませんね。

下の方のお団子なら、上からファー付きのヘアゴムを付けると、冬っぽく仕上がります。ファー付きのヘアゴムは、一見幼く見えますが、ポイントは低い位置に付ける事と、髪の色に近いファーを選ぶ事です。

てっぺんのお団子に付けると目立ちますが、低めの位置ならあまり目立たず、さらに髪と同系色と言う事でボリュームが出せます。

個性を出したい人は、櫛のかんざしを挿してみましょう。和装のヘアスタイルで付けるイメージですが、最近は洋風な物も多く、あまり違和感がありません。飾りは小さめで、シンプルな物を選ぶと良いですね。かんざしは補強にもなるので、風の強い日にも適しています。

日によって前髪を全部上げてスッキリさせたり、アレンジ一つで雰囲気もだいぶ変わります。

最後に

アップヘアが得意になると、花火大会や御呼ばれの席などでも使えるので、練習しておくと使えますね。

風や雨の日でもヘアスタイルの崩れる心配がないと、憂鬱な気分もなくなります。

コツさえ覚えれば、割と短時間で出来るようになるお団子ヘア。

ヘアスタイルの定番になると良いですね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

スカーフでワンポイントを!スカーフを使ったヘアアレンジ

ショートヘアー向けのスカーフを使ったヘアアレンジとしては、ヘアバンド風に使うというのがオススメです。 ヘアバンドのように巻くだけで、コーディネートのワンポイントとして、ぐっとオシャレ度を高めてくれます …

20代女性に人気のプチプラファッションアイテム

ファッションのトレンドは移り変わりが激しく、流行りものはプチプラで済ませるのが、かしこい方法です。 トレンドに敏感な、20代の女性たちにも支持される人気のプチプラファッションアイテムは、しっかりおさえ …

肌寒い日に持ち歩きたい羽織もの「ダウンジャケット」

防寒に優れているので、真冬のアウターという印象が強いダウンジャケットですが、実は肌寒い日の羽織ものにもちょうど良いアイテムです。 そんなダウンジャケットの魅力と、季節に合わせたコーディネートの秘訣を探 …

モテる20代・30代の必須アイテム「ハイウエスト」

ウエストのくびれを見せようと思って、おへそを出してみたりする女性もいますが、それができるのは若い頃だけだと思いませんか。 くびれも良いけれど、それよりも、足長効果を出してみたいと思いませんか。 そうい …

行事別!おしゃれママのファッション辞典【参観日】

参観日は子供だけでなく、参観するママにとっても緊張する行事です。 学校によっては、参観と他の行事を一緒に行うこともあり、子どもたちの授業を参観した後に、保護者と先生が集まって懇談会が開かれたり、参観後 …

楽天モーションウィジェット