花見をするならここがオススメ!「造幣局」のみどころ

造幣局の桜

大阪市北区天満にある、造幣局には構内に通り抜け通路があり、その道幅は約560メートルもあります。その道幅いっぱいに広がる桜並木は、ただただ美しいです。

他ではあまり見られない品種もあり、約130種類ほどの桜が見られます。まさに、大阪の桜の名所といえるこの造幣局ですが、花見期間はわずか一週間ほどで、毎年80万人から100万人もの花見客が押し寄せて来ます。

スポンサーリンク

どうせ見るなら造幣局の桜の通り抜け

造幣局南門(天満橋側)から、北門(桜宮橋側)まである560メートルの通路には、370本の桜の木が植えられており、正確には124品種あります。

その中には、後水尾天皇が御車を引き返すほど見とれたと言われている、京都御所の「御車返(みくるまがえし)」という名桜をはじめ、金沢兼六園にある「兼六園菊桜(けんろくえんきくざくら)」など、20都道府県自慢の桜が植えられています。

イベント期間中、平日は10時から21時まで、土日は9時から21時まで開催されていて、特に日没から21時まではライトアップがあり、夜もしっかり楽しめます。

通り抜けを見るために、沢山の花見客がごった返しますから、2時間以上かかることもあります。

このイベントですが、祭りや売店は一切ありませんが、トイレだけはありますから大丈夫です。造幣局周辺では交通規制があり、大変混みあう上構内や周辺には駐車場がありませんから、お花見をするならぜひ公共の交通機関の利用をおすすめします。

比較的空いているのは、平日の昼間や雨天時などですが、夜はまた幻想的でロマンチックですから、どちらにするのか迷ってしまいます。

いずれにせよ、彼氏でも彼女でもいいですから、連れとはぐれないようにしましょう。

水の都・大阪ならではのお花見とは

造幣局は、大川(淀川)沿いに面していることから、イベントの期間中、船の上から通り抜けを観ようというスペシャルクルーズが運航されています。

せっかく通り抜けに行っても、あまりの人の多さに身動きが取れないのであれば、たまったものではありません。ゆっくり眺めてみたい人のために、乗船しながら満開のお花見を楽しめる遊覧クルーズなのです。

通常は、大阪ミナミの道頓堀川(湊町船着場)から出発し、木津川・大川・土佐堀川・東横堀川・道頓堀川と、大阪市内の川を巡るというものです。

それが、なにわ「探検クルーズ」と呼ばれる遊覧クルーズで、お花見シーズンになると、特別クルーズとして登場するものです。

さすが水の都・花の都と言われる大阪だけあって、花見クルーズとは洒落た趣向です。料金は、大人2,500円、子ども1,250円で、弁当券1,500円や飲み放題券1,000円で、チケットを販売しています。

この造幣局の通り抜けですが、どうしても歩いてみたい人には、所要時間15分の花のトンネルをじっくり味わってもらいましょう。

混雑時は、一体何分かかるのか予想もつきません。こんな具合ですから、花見をするのも命懸けになります。

何しろ、構内は飲食禁止の全面禁煙のうえ、自転車やペットの入場もできません。うっかり飲み物など持っていたら、前の人の背中が世界地図になってしまうでしょう。

日没後に点灯されるぼんぼりは、夜だけのお楽しみです

そして、飲まず食わずでゴールしたら、出口の外側に沢山の出店が待っています。そうなったら、花より団子で今度は食べ物の争奪戦で、格闘することになります。

くれぐれも、レジャーシートなど敷いてお酒を飲もうなどと、思わないでおきましょう。造幣局の歴史と、大阪の粋を今に伝えるお札を発行しているのは、東京の国立印刷所ですが、貨幣(硬化)をつくっているのは大阪造幣局です。

ここが、本局にあたり明治4年(1871年)に、日本初の洋式工場による貨幣鋳造所として創業されました。

明治初期に、藤堂藩の蔵屋敷から移植された桜が、あまりにも見事であったことから、造幣局員だけでなく大阪市民にも、広く開放したのが始まりです。

120年以上にも及ぶ、長い期間市民に開放されてきた経緯から、大阪の伝統的・歴史的な花見となったのです。

この通り抜けと呼ばれる由来には、花見のルートが一方通行で、引き返すことができないという意味から来ています。もちろん入場は無料なので、時間と体力のある人は、何度でも通り抜けるといいでしょう。

それこそ、通り抜けの花見三昧になるというものです。

花の色はピンクだけでなく、黄色・白色・緑色っぽいものまであります

特に「てまり」のように、密生して咲く「紅手毬」や「大手毬」、「小手毬」、「養老ザクラ」といった品種は、めったに見ることができない貴重な珍種なのです。

全国の名所を見ても、上野恩賜公園では19種類、新宿御苑が75種類ですから、造幣局の品種の多さは群を抜いています。

中には「関山(かんざん)」「普賢象」「松月(しょうげつ)」「楊貴妃(ようきひ)」などの八重咲きの品種もあり、これだけ八重咲きの種類が見られる所はないでしょう。

最後に

時代とともに品種や本数を増やしてきた造幣局ですが、当時の局長が造幣局内の一般公開を始めてくれた心意気が、ホントにうれしい限りです。

大阪の春の風物詩である通り抜けは、どんなに時代が変わっても美しい姿を見せてくれることでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-

関連記事

愛知県のおすすめ温泉地3選

愛知県には、活火山がありません。よって温泉旅館が建ち並ぶ地域はそれほど多くありませんが、魅力的な入浴施設がたくさんあります。 休日に日帰り入浴施設にマイカーで行き、日ごろの疲れをいやすのも楽しいでしょ …

アメリカ・テキサス州のおすすめ観光スポット

古きよきアメリカを感じることができる、アメリカのテキサス州は、日本とはちがった規模の牧場や、ステーキなど魅力あふれた州です。

チャタヌーガ(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

チャタヌーガは、アメリカ合衆国テネシー州南東部の、商工業および観光都市です。

無料で楽しめる「崎陽軒横浜工場」の魅力とは?

大人から子供まで楽しめるレジャースポットとして人気が高まっているのが、実は工場見学なんです。 特に飲食系の工場見学の場合、出来たてほやほやをその場で食べたり飲んだりする事が出来たり、お土産にオリジナル …

ニューデリー(インド)のおすすめ観光スポット

ニューデリーは、広大な国土に12億の人口を持つ世界最大の民主国家であるインド共和国の首都で、インド共和国の北部に位置しています。 イギリスが1600年に東インド会社を設立し、1911年に古都デリーを押 …

楽天モーションウィジェット