動物と触れ合う仕事がしたい!知識が学べる資格「ハンドラー」

主にドッグショーなどでハンドリングを行うのが、ハンドラーです。ハンドリングは、ドッグショーなどの会場で入賞を目指し、犬の特徴を引き出して好成績を出せるように、犬を引き回すことです。

犬の所有者が引く場合はオーナーハンドラー、ハンドリングを職業としている人はプロハンドラーと呼ばれます。

スポンサーリンク

動物といられる仕事ならハンドラー

ドッグショーは犬の品評会のことで、ドッグショーで犬を誘導して良さを最大限まで引き出すためには、調教師が必要です。その調教のプロとして、ドッグトレーニングを行うのがハンドラーの役割です。

ドッグショーは犬との相性があり、単に美しさだけを競うものではありません。様々な犬種の美しさを引き出すためには、ハンドラーが、犬本来の動きを演出して犬をコントロールする必要があります。

働く場所は、ペットショップや繁殖業者で、休日や休みに関係なくショーの日に合わせて訓練を行います。犬の健康管理が重要なので、食事と栄養についても気を配る必要があります。

訓練所に所属するか、独立開業するか、ブリーディングで本業をするかなどで、収入が異なります。ハンドリングだけでは生活が成り立たないので、他に動物関係の仕事をしている人もいます。

犬の訓練所やプロハンドラーの元で専門の知識と技術を学んだり、講習会に参加したり、ドッグショーを何度も見て、プロの技を真似ることがプロになるためは欠かせません。ドッグショーは、全国各地で開催されていて、一般の人たちでも見ることができます。

独学で学ぶのは難しいので、訓練学校などに通って勉強するのが一般的です。知識と技術力の、どちらも身につけておく必要があります。

ハンドラーのための資格はあるのか

ハンドラーは、犬を連れて何かを指示する人の総称です。ドッグショーで活躍する人以外にも、警察犬や麻薬犬、探知犬などを連れているのもハンドラーと言われますが、ここではドッグショーのハンドラーになるための方法を見ていきます。

ドッグショーは、個体審査(見た目、コンディション)と、歩様審査(コースを歩く)で評価されます。ハンドラーは、出場している犬の良さを引き出して、審査員にアピールするのが仕事です。

そのためには、長所も短所も見極める必要があり、知識と技術、経験が求められるため専門資格があります。資格がなくても、ドッグショーでハンドリングをすることはできますが、高得点を狙うためには、専門の資格を取得しておいた方がいいでしょう。

資格には、JKC(一般社団法人ジャパンケネルクラブ)公認のハンドラー資格があります。なるためには、まずJKCの会員になり、1年以上会員として所属します。そして実技試験を、クリアすることが条件です。

JKC公認のハンドラー資格には5段階のランクがあり、C級、B級、A級、教士、師範の順に熟達度が上がっていきます。まずはC級資格を取得して、定期的に研修を受けて技術を習得し、実際に犬のハンドリングをしながら経験を積んで、上級資格取得を目指していきます。

C級は満18歳以上で、モデル犬1頭による実技試験クリアが合格条件です。教士は、満30歳以上、師範は満55歳以上と年齢の条件がついているので、師範までのぼり詰めるには、かなり時間がかかります。

まずはC級試験をクリアして、順を踏んで上を目指すことが必要です。

ハンドラーに求められることとは

ドッグショーのハンドラーは、純血種のスタンダード(犬種基準)、犬のしつけ、訓練方法、病気や健康管理、犬の繁殖やペットビジネスまで幅広い知識が求められます。

知識を身につけるだけではなく、それを犬に活かしていくことも大切です。犬の特徴を素早く把握して、短所をカバーして長所を補うスキルも要求されます。学び方としては、初心者であれば訓練学校に週に1回通学して、2年くらいかけて勉強して、C級ハンドラー資格を取得するカリキュラムが多いです。

ハンドラーは、犬のしつけと訓練のプロで、ドッグショー以外にも活躍しています。例えばドッグショーに自分の犬を出したいという飼い主さんから犬を預かって訓練したり、一般の人向けにしつけ教室を開いていることもあります。

訓練学校で犬の訓練をしているなど、活動方法は様々です。中にはブリーダーの仕事も兼ねていたり、ブリーダーを仕事仲間にしているハンドラーもいます。ハンドラーが犬をチャンピオンにして、ブリーダーがチャンピオンの子供を育てて販売するなどの、提携して働くこともあります。

チャンピオン犬は、純血種の中でも理想的な個体なので、その子犬もチャンピオンの素質を持っているので、ブリーダーが育てるということです。

さらに、日本国内だけではなく、海外のドッグショーに参加したり、海外のブリーダーたちと繋がりを持って仕事をしている人もいます。そういう人は、仕事で英語を使うことも多いので、高い語学力も備えています。

動物系の資格としては、習熟までに時間がかかりますが、犬が大好きで常に一緒にいたいという人は向いているでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-, ,

関連記事

宅地建物取引士はどんな仕事?資格の難易度と合格率は?

宅地建物取引士(通称、宅建)は毎年約20万人が受ける人気の国家資格です。 そんなに人気で多くの人が受けるなら合格しにくいのでは?と思うかもしれません。 今回は宅地建物取引士の資格の難易度や合格率につい …

英語の資格が活かせる仕事:秘書

自分が長年努力してきたことを仕事として活かすことができれば、人間にとってこれほど幸せなことはないです。 長い年月をかけて努力して幸運にも英語をマスターすることができ、社会からも評価されている資格を取得 …

地球環境を守る資格:ビオトープ管理士

ビオトープというのは、ドイツ語で生物の「Bio」と空間を意味する「Top」を組み合わせた言葉で、野生生物が生息・生活する空間を意味しています。 そのビオトープを管理するビオトープ管理士という資格を、現 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:水先人

外航船や内航船など船舶が安全に航行するためには、水先人の有資格者の存在が重要です。 水先人は特定の海域に関する海底の地形や潮の流れなど、様々な環境に精通した専門家として船に乗り込み、船長に助言を行いま …

外国語を学ぶ資格:工業英語能力検定

工業英語能力検定の知名度は低いですが、語学系の検定の中で一番役に立ちます。

楽天モーションウィジェット