初心者には難しい?ハープの魅力

ハープ
音楽というのは、人々の気持ちを落ち着かせる効果を持っています。

人によって、音楽を聴いたときに感じることは違っていますが、音楽そのものが嫌いだ、聴くだけで不愉快になる、という人は少ないものです。

世の中には、さまざまなタイプの楽器が存在しています。

一般的なものとしては、ピアノを中心とした鍵盤楽器、ギターやバイオリンのような弦楽器、フルートのような管楽器、太鼓のような打楽器などを挙げることができます。

ピアノやギターであれば、それほど特殊なスキルを持たない人でも弾くことができるイメージがありますが、中には初心者が弾くのは難しいのではないかと思われがちなものもあります。

その例として挙げられるのがハープです。

スポンサーリンク

ハープを始めてみよう

ハープは、主に西洋音楽を演奏する際に用いられていて、区分としては弦鳴楽器とされます。

この名称を聞いた時点で、音楽の初心者は尻込みしてしまうものです。

全く馴染みのない名称だと感じる人が多いためです。

しかし、このような名称について意識する必要性は、実はほとんどありません。

名称は、演奏する上で何の意味も持っていないのです。

最初のイメージだけで難しいと思ってしまうのは、とてももったいないことだと言えます。

音楽の初心者は、しっかりと知識を身につけなければ演奏することができないと思ってしまうものですが、まずは楽な気持ちでハープに触れてみることが大切です。

まずはハープに触れてみよう

ハープは、見た目の印象からしても、特別な感覚を受けるものです。

その感覚自体は大切にするべきですが、特別だと思ってしまうことで触れられなくなってしまうのは損です。

うまく弾くことができるかどうかは後から考えればよいので、まずはどのような音が出るのかを確かめてみることが大切です。

とにかく触れてみることがポイントになります。

楽器に限らず、スムーズに上達していく人というのは、初心者の段階では難しく考えないようにしているものです。

習うより慣れよ、と言われることがあるように、慣れることこそが重要なのです。

初心者である以上、うまく弾くことができないのは当たり前なので、失敗を恐れずにチャレンジしてみるようにする人が、成長につながっていきます。

楽器の技術を高めるのと合わせて、ハープの歴史などについても勉強してみると、楽しみが増してきます。

初心者のうちは、さまざまなことに興味を持ちやすいものなので、歴史などの勉強も楽しみやすいです。

ハープは、本格的に演奏しようとすると、確かに困難な部分があります。

しかし、プロの演奏家になろうとしているわけではないのですから、最初から難しく考える必要はありません。

音楽という漢字を見てみると、音を楽しむものだということが分かります。

音楽は、あくまでも楽しむものであって、音学ではないのです。

初心者の場合は、とにかく楽しみながら演奏することだけを考えていけば十分だと言えます。

ハープはどんな人に向いている?

ハープという楽器は、物事を複雑に考えることなく、純粋に楽しむことができる人に向いているのです。

楽しみながら演奏の仕方を覚えるようにすると、徐々に技術は身についていきます。

しっかりと弾くことができるようになれば、ますます楽しいと思えるようになり、もっと本格的な演奏技術を身につけたいと思うようになります。

ハープは、ピアノのように目にする機会の多い楽器と比べると、しっかりとした音を出すことができるまでに時間がかかるものです。

そのため、最初の段階で楽しむ気持ちを持つことができていないと、すぐに嫌になってしまう可能性もあります。

楽器に限ったことではありませんが、物事には向き不向きがあります。

ハープが向いている人、向いていない人も当然いるのです。

しかし、自分に向いているかどうかを最初に考えるのは、楽しいことではありません。

初心者は、とにかくやってみることが重要なのです。

ハープを弾いているうちに、向いていないと思っていた人も、向いていると感じるようになったりします。

楽器を弾く技術は、純粋に楽しむことができる人の方が高めやすいものです。

演奏技術を高めたいと思うあまり、ハープを弾く練習ばかりを繰り返してしまう人も少なくありません。

もちろん、それが楽しいと思える人なら何も問題ないのですが、つまらないと思いながら繰り返す練習は、いつか限界を迎えます。

プロになるための練習は、苛酷なことにも耐えなければなりません。

しかし、初心者が楽器を楽しむために取り組む練習は、苛酷である必要性がないのです。

ハープで奏でることができる音は、聴いている人々の気持ち・心を和ませます。

演奏技術が高くない人でも、心を込めて丁寧に弾くようにすれば、ハープの魅力が十分に伝わるのです。

最後に

ハープは、ピアノなどの楽器とは異なるタイプの演奏をするため、ピアノなどの技術がない本当の初心者であっても始めやすいメリットがあります。

これから楽器に挑戦してみたい、と思うようになったときの選択肢の1つとして、ハープを入れてみるとよいです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-,

関連記事

あまり知られてない世界の趣味:寝台列車

あまり知られてないかもしれませんが、寝台列車は魅力がたっぷりと詰まっているものです。 日本でも最近になってようやく寝台列車の魅力が紹介されるようになってきていて、人気が徐々に高まっているところではあり …

婚活中におすすめ!ラテアートが趣味だと出会いが広がる

ここ数年で一気に人気が高まったものの一つに「ラテアート」があります。 ラテアートとは、ラテの表面にさまざまなデザインを描く技術のことですが、今やラテアートを学ぶ教室なども多く開校されるほどの人気があり …

フリマアプリ「ライダーズガレージ」の特徴や使い方

ライダーズガレージは、自分のバイクにマッチしたパーツを見つけたい人や、愛用してきたバイクなどを売りたい人に、おすすめのバイク専用のフリマアプリです。 趣味がバイクだったり、愛車をカスタマイズする時に利 …

お金がかからないコスパ良しの趣味:マラソン

寒い冬が終わって暖かくなってくると、何か趣味を始めようと考える人も増えます。 そんな人達の中で最近特に注目を集めている趣味のひとつが、好きな所を好きなだけ走るマラソンなのです。

女性が思わず惚れる!旅行が趣味だとモテる理由は?

趣味が旅行という婚活者人口は多いです。 その理由は、一言で言えば印象がいいからです。 婚活の現場で趣味が無いよりある方がいい、インドアよりアウトドアの方がいい、マイナーよりメジャーなものが万人受けしや …

楽天モーションウィジェット