初詣にもおすすめな「鶴岡八幡宮」の歴史

毎年の初詣でも大いに賑わう鶴岡八幡宮は、昔から多くの人々の崇敬を集めてきました。

相模の国の一宮として、大分の宇佐八幡宮、京都の石清水八幡宮とともに、三大八幡宮といわれています。

スポンサーリンク

一年の計は元旦にあり!おススメの初詣スポット

鶴岡八幡宮は武家政権誕生の証であり鎌倉武士の守護神だった

その歴史は、源氏の祖・源頼義が京都の石清水八幡宮を由比若宮に勧請したことからはじまり、後に鎌倉幕府を開いた源頼朝が、1180年に現在地に遷座したことにより、鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社として有名です。

武家である源氏、鎌倉武士の守護神としての歴史を有し、八幡宮を中心として幕府の中枢となる施設を整備していきました。

三方を山に囲まれた鎌倉の中心に置かれた八幡宮の参道は、真っすぐ由比ヶ浜へとのびています。頼朝は妻の政子の安産を祈願して、二の鳥居から段葛とよばれる一段高くなった参道を整備しましたが、この作業に当たって、頼朝自身も工事に携わり、汗を流したといわれています。

政子への愛情の証とも、あるいはまだ、幕府の威勢が盤石であるとはいいきれない時代であって、御家人達に自分から進んで汗を流す姿を示すことで、信頼を得ていこうと努めていたのかもしれません。

1208年には、神宮寺も創建されました。頼朝が幕府を開いた後は、武家の崇敬を集めて発展しましたが、鎌倉幕府衰退の後には、25あった僧坊も減少し、一時衰退します。

江戸時代に入ると、幕府の庇護をうけ大規模化が進み、仁王門、護摩堂、輪蔵、神楽殿、観音堂、法華堂、弁天堂等も建立され、家光の治世には薬師堂、鐘楼、楼門なども建てられました。

方五間の多宝大塔や東照宮も存在したのですが、明治時代に入って、廃仏毀釈の歴史があったことにより仏堂は破壊され、仏像、仏具、経典なども破壊焼却される等したのは残念なことでした。

雪の日の大イチョウの下の出来事など

初詣客が本殿を目指してあがる大石段のそばに、現在は移植された大イチョウの幹と、倒れたもとのイチョウの幹から生えた若い芽を見ることができます。

このイチョウにまつわることとして、第三代将軍実朝が、実の甥公暁に殺害されたという言い伝えがあります。

時は1219年1月27日、二代将軍源頼家の子で八幡宮の別当を務めていた公暁が、石段の下の大イチョウの陰に隠れて待ち伏せをし、実朝をうったという説です。

しかし、当時の樹齢を考えると、人が隠れることのできるほどには木はまだ成長していなかったのではないかとする、冷めた見方も一方でありますが、隠れ銀杏といい、まして雪の中で起こったという言い伝えは、劇的な印象を与えます。

公暁が実朝の後を継いで将軍職に就くことはなく、源氏の血脈による鎌倉幕府はここでおわります。

その大イチョウは、昭和30年より神奈川県の天然記念物に指定され、鶴岡八幡宮のシンボルとして親しまれていましたが、2010年の3月に強風のため、大イチョウは根元から倒れてしまいました。

倒れた大イチョウは三つに切断されて、根元から高さ4mまでが7m離れた場所に移植されました。倒壊から約1ヶ月たって、再生への努力が実を結び、もとの幹から若芽が確認され話題となりました。

又、石段の下、境内に神楽殿が建っています。時代は少し遡って、頼朝に追われて逃げている義経の愛妾、静御前がとらえられて、しずやしずと歌いながら舞ったというのは、この神楽殿かもしれないと思いなが、あるいは、北条政子が作らせたという、源平池は東に3島を配し白い蓮を、西には4島を配して赤い蓮を植えさせたという、源氏は栄え(産)、平氏は滅ぶ(死)という言霊に、政子の意思が読みとれて、歴史の持つ面白さも感じられるのが鶴岡八幡宮です。

関東のパワースポット鶴岡八幡宮

初詣の人気スポットとして、常に上位の鶴岡八幡宮の御祭神は、八幡神の家族3柱で、まず応神天皇は武士の崇敬を集めた武運・勝負の神様です。

その妃神の比売神(ひめがみ)、応神天皇の母神である神功皇后(じんぐうこうごう)の3柱を御祭神とする鶴岡八幡宮は、古都鎌倉の中心に位置して相模国の一の宮として格式高いお宮です。

現在も華々しく行われている流鏑馬神事は、源氏・鎌倉武士の守護神であったことを彷彿とさせる行事です。

御利益といえば、勝運アップ、家庭円満や縁結び、生命力・健康運アップです。勝運は出世運や決断力、合格運のアップにつながり、また、家族3柱の御祭神が祀られていることや、頼朝・政子の運にあやかって、家庭円満や縁結びの御利益や、はたまた生命運、健康運アップの御利益があるといわれています。

二の鳥居の先から続く段葛は、源頼朝が妻・政子の安産を祈願して造ったもので、ここを通って三の鳥居をくぐり神域に入っていきます。政子が掘らせたという源平池は、春は桜、夏は紅白の蓮の花が見事で癒されます。

ずっと奥の方、石段の上に朱塗りの八幡宮本宮が堂々とした姿をみせています。先ずは、この大石段を登って、本宮に参拝します。境内には丸山稲荷という、鶴岡八幡宮の地主神を祀る社があります。

八幡宮遷座前から祀られていた地主神をきちんと参拝することが、神社参拝にあっては肝要です。

初詣の際には、ぜひ参拝したいものです。また、源平池の真ん中の島に旗上弁財天社がありますが、ここは鎌倉七福神の一つともなっています。弁財天は芸術、財宝、海上を司る女神です。

源氏の二引の白旗に願いをかける旗上奉納、旗上祈祷が行われており勝運アップのスポットです。

初詣の際には、鎌倉七福神めぐりもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

アイオワシティ(アメリカ・アイオワ州)のおすすめ観光スポット

アイオワ州のアイオワシティは、文化や芸術の根付いた都市として知られており、様々な人気スポットがあります。

フィラデルフィア(アメリカ・ペンシルベニア州)のおすすめ観光スポット

フィラデルフィアは、アメリカ合衆国ペンシルベニア州南東部にあり、この州最大都市で北米有数の世界都市です。 かつては、アメリカの首都でありアメリカの独立宣言を行われ、アメリカの歴史では外せない街です。

静岡県のおすすめ旅行スポット

太平洋に面する静岡県は、日本の象徴「富士山」で有名な県です。 そんな静岡のおすすめスポットを、いくつかご紹介いたします。

夏休みに家族で旅行したい兵庫県のおすすめスポット3選

兵庫県へ旅行といえば、港町「神戸」というイメージが強いと思いますが、他にも様々なおすすめスポットがあります。 世界遺産である姫路城もあります。 神戸空港や、新神戸駅もあり各地からアクセスもしやすく、夏 …

カップル旅行で行きたい海外のおすすめスポット

好きな人と旅行に行くのは、ドキドキワクワクの連続で、計画している時から楽しいですよね。 海外に旅行を予定しているカップルの皆さんに、おススメのスポットをご紹介致します。

楽天モーションウィジェット