花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ローズマリー

花粉症は、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因となって起こるアレルギー疾患です。症状としては、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどが現れます。

花粉の飛ぶ季節だけにアレルギー症状が現れるので、季節性アレルギー鼻炎とも呼ばれています。

スポンサーリンク

ハーブティーの効果とは

花粉症って何が原因でどんな症状がでるの?

日本では、約60種類の植物が花粉症を引き起こすと言われています。スギ、ヒノキ、ブタクサ、シラカンバなどが、主なアレルゲンの例としてあげられます。

鼻水、鼻づまり、くしゃみといった鼻の症状だけでなく、目の痒み、涙、充血といった症状が現れる場合もあります。また、皮膚の痒みや下痢、体熱感といった症状が現れることもあります。

花粉症が起こるメカニズムは、花粉が私たちの身体の中に入ってくると、その花粉つまり体にとって異物に反応する抗体がつくられ、この抗体が肥満細胞の表面にくっつきます。

再び入ってきた花粉が、この抗体とくっつくことで、肥満細胞からヒスタミンなど化学物質が分泌され、神経を刺激するためく、しゃみや鼻水、鼻づまり、目の痒みといった症状が現れるのです。

地域や植物の種類によって、花粉が飛び始める時期がバラバラですが、スギ花粉は、1月下旬から飛び始めます。

花粉症は、初期療法が重要と言われており、花粉が飛び始める2週間前から治療を開始すると、症状を悪化させることなく過ごすことができます。

抗ヒスタミン薬や、抗アレルギー薬を病院で処方してもらい、飲むことで症状を緩和させるのですが、時として、体に合わず喉が渇くなどの副作用が起こることもあります。

そういった場合には、漢方やヨーグルト、ハーブティーなどが効果があるとも言われているので、自分の身体に合いそうなものを生活に取り入れましょう。

ハーブティーは、続けることで症状を緩和する効果が得られる

ハーブティーは、薬ではありません。なので、花粉症に対しての効果の即効性を期待するのであれば、薬を選択した方がよいでしょう。でもハーブティーは、古来から西洋で薬の代わりとして飲まれてきました。

副作用もなく安心して飲むことができますし、健康にも効果的です。症状を治すのではなく、症状を緩和したり、改善するのに効果があるハーブティーが多くあります。

アイブライトや、ペパーミント、エキナセア、エルダーフラワー、カモミール、シソ、シナモン、タイム、ネトル、ローズマリーなどが挙げられます。

それぞれ、抗菌作用であったり、目の疲れをとったり、リラックス効果が期待できたり、鼻の症状を緩和してくれたりといった効果があるので、自分に合ったものを選択するとよいででょう。

ハーブティーは、特に飲みにくいと感じる人も多いので、癖の少ないものを選んだり、苦みや香りの弱いものを選んだりすると良いでしょうし、飲みやすくするために、蜂蜜を加えるなどすると、甘くてリラックス効果も高まりますし、美味しく飲むことができます。

沢山効果を得たいからと言って、一日に何杯もハーブティーを飲めばいいというわけではありません。

一日2杯から3杯くらいを、自分がリラックスできる時間に飲むと良いでしょう。

また、ハーブティー自体が食品に分類されることから、子供から高齢者まで安心して飲むことができます。子どもは少し薄めにして、砂糖や蜂蜜を加えて飲みやすくしてあげると、美味しく飲むことができますし、毎日続けることができます。

最近ではハーブティーでも、花粉症専用にブレンドされたものもあるので、より効果を得たい方はそちらがおすすめです。

ローズマリーはスパイシーな香りで症状を緩和してくれる

花粉症に効果があるとされるハーブティーの中でも、ローズマリーは、ロスマリン酸を主成分としていて、抗菌作用や抗ウイルス作用があります。なので、花粉症の症状を和らげてくれる効果が期待できるのです。

ローズマリーのハーブティーは、癖がなくて飲みやすい一方で、刺激的な香りがします。とてもスパイシーな香りが口に広がるため、寝覚めに飲むと爽快感が得られてすっきりします。

心身の疲れも取れやすくなりますし、何よりすっきりした効果が得られるので、花粉症の鼻詰まりや鼻水といった症状も緩和されます。

鼻づまりや鼻水といった症状はとても不快です、ローズマリーをハーブティーとして摂取して、内面から症状を緩和するのも一つの方法ですが、ローズマリーのアロマオイルを使用すると、清涼感のある香りが、鼻の通りを良くしてくれて症状が楽になります。

ローズマリーのハーブティーは、妊娠中や高血圧の人は、飲みすぎると身体に不調をきたす場合があるので、長期的に続けて飲むのはお勧めできません。

ローズマリーのハーブティーは、ティーバック、茶葉、庭で摘んできたものをそのまま利用するなど、色んな飲み方ができます。

自分の生活スタイルに合って、続けやすい方法で生活に取り入れるとよいでしょう。

また、ローズマリーは症状の改善の効果ばかりが期待できるわけではありません。症状を予防することもできます。

なので、花粉が飛ぶ前から飲み続けていると、抗菌作用や抗ウィルス作用から体の免疫をアップさせてくれるため、たとえ発症しても、できるだけ症状を抑えてくれる効果が期待できます。

なので日ごろから、ローズマリーを飲み続けていると、健康にもよく勧めです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

花粉症の症状を改善してくれる食べ物「ローズマリー」

ハーブのローズマリーは、シソ科で地中海が原産地です。ハーブの花、葉、茎に効能があり、清涼感のある強い香りが特徴です。

お米を美味しく炊く裏技:みりんを加える

新米が炊き上がったときのようなご飯一粒一粒がつやつやな炊き上がりになるように、古くなったお米に一手間かけてみるとおいしく炊き上げることが出来ます。

【唐辛子】は脂肪燃焼を促進する力がある!

唐辛子は、ナス科トウガラシ属の香辛料です。カレーやエスニック、中華料理、パスタなど、世界中の料理に用いられています。 唐辛子は、中南米原産で紀元前5000年頃には、食用にされていたといわれます。 メキ …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【ゆず】

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に、入れると美味しくなる薬味として、黄色い可愛らしいゆずがあります。 温かいものが食べたい季節には、薬味や香味野菜で楽しむ湯豆腐が、日本人の寒い時期の味覚にはたまりません …

高カカオチョコレートの知られざる効果!【善玉コレステロール値を増やす働き】

最近、よく耳にするようになった高カカオチョコレートは、美肌効果や動脈硬化の予防、血圧の低下、疲労回復、ストレスの緩和、便秘の改善、アレルギーの改善などさまざまな効果と効能があります。

楽天モーションウィジェット