花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「バナナ」

一年中、どこでも手頃な価格で購入することが出来るフルーツとして、バナナがあります。

実は、このバナナには、花粉症の症状改善に効果があるという研究結果が出ています。


スポンサーリンク

最も身近でいつでも購入できるフルーツ

すでに花粉症の症状が見られている状態からバナナを食べ始めても、症状改善効果を期待することは難しいとされています。その為、花粉症の症状が見られる2カ月程度前から、バナナを食べ始めるようにしましょう。

地域にもよりますが、関東であれば2月下旬には花粉が飛び始める場合もあるため、その前の年の12月下旬から1月の上旬ころから、食べ始めることをおすすめします。

花粉症の症状改善のために、バナナを食べるという場合の適切な本数としては、1日2本程度であるとされています。バナナは道具がなくても食べることが出来ますし、消化も良い果物であるため、1日2本程度であれば、朝食にしたり、おやつとしても手軽に食べることが出来るでしょう。

1日2本を一度に食べることが難しいという場合には、朝と夜、朝と昼、間食の際に食べるなど、続けやすい方法で食べるようにすると、良いかもしれません。

バナナには、花粉症の症状改善だけではなく、便秘解消や美肌効果なども期待することが出来るため、幅広い年代におすすめの食材ということが出来ます。

バナナには、抗酸化作用や免疫反応調整作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用などを期待することが出来ます。また、様々なタイプの糖質が含まれているため、食べてすぐにエネルギーに変わりやすく、スタミナが長時間続くということも、一つのメリットということが出来るでしょう。

継続するということが大切

バナナが花粉症の症状緩和に役立つ理由は、まだ解明されてはいません。しかし、実際の実験で花粉症に悩みを持つ人を対象とした実験を行った結果、症状の改善が見られたわけですので、全く意味のないデタラメな方法であるとは言えません。

実験では、被験者52人に1日2本、8週間継続してバナナを食べ続けるグループと、食べないグループとに分けて試験が行われています。この結果、症状の改善が見られたという結果に至ったとされています。

ただし、体質等によっては、症状の悪化が見られたという場合も少なからずあります。その理由として考えられることとしては、バナナには、セロトニンが多く含まれるためであると考えられます。

セロトニンが増えることにより、花粉症の症状が悪化してしまうということも、無いことではありません。

また、アレルギー体質の人は、体調不良や生活習慣の乱れなどが影響してしまい、逆効果となってしまう可能性もあります。食べる時には、体の様子を見ながら食べるようにしましょう。

そして、食べてすぐに効果が得られるわけではないということも、しっかりと理解しておく必要があります。バナナは医薬品ではないため、その効果も穏やかにあらわれると考えられます。

まずは、8週間、1日2本のバナナを心掛けるようにしましょう。それでも症状が改善されないという場合や、食べることを一旦中止して、症状が悪化するかどうかを見極めるという方法もあります。

なお、体に良いからと言って、食べ過ぎると逆効果になる場合もありますので、食べる量は、1日200g程度までにしましょう。

アレンジを楽しむことも

バナナは、そのまま食べても美味しい果物ですが、毎日そのままの状態で食べるとなると、飽きてしまう可能性もあります。そこで、飽きること無く食べることが出来るアレンジ方法について、紹介していきます。

まず、簡単に行うことが出来るアレンジ方法としては、スムージーにするということでしょう。好みの果物や野菜と混ぜることにより、飲みやすくなりますし、多くの食材と同時に摂取することで、栄養の吸収率も高まります。

そして、花粉症の症状の改善効果が期待することが出来る食材として、ヨーグルトがあります。ヨーグルトは、バナナとの相性も良いため、一緒に食べると、より高い効果を期待することが出来ます。

バナナは、生のまま食べるということが一般的ですが、火を通すことにより、生で食べるのとは違った食感、美味しさを感じることが出来ます。火を通すことで、より甘く感じますので、おやつとしても最適です。

バナナには、むくみ解消効果を期待することが出来るカリウムが豊富に含まれていることから、浮腫が気になっている人や、ダイエットをしている人にも最適です。

ただし、注意をしなければならないことがあります。それが、バナナを食べることにより、体が冷えてしまう可能性があるということです。それを防ぐ方法として、温かい飲み物と一緒に食べると良いでしょう。

続けやすくするためにも、それほど高額なバナナを選ぶ必要はありません。続けやすい手頃な価格のものを購入するようにしましょう。

全ての人に劇的な効果が見られるというわけではないでしょうが、試してみる価値はあるのかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

ダイエット中でも食べてOKな豚肉の効果:疲労回復

ダイエットを行うときには、食べ物には気をつける必要があります。 特に、肉類は御法度と思っている人も多いと思いますが、ダイエット時には豚肉はおすすめです。

超美味!納豆に「ラー油」をちょい足し!

納豆には、色々なものをちょい足しして食べる楽しみがあります。一般的には醤油や専用タレ、辛子、ワサビなどを入れる人が多く見られます。 マヨネーズやラー油と合わせるのも、魅力的です。大根おろしと合わせると …

お米をおいしく炊く裏技:別の種類のお米と混ぜる

通常、お米は1種類を買って利用することがほとんどですが、2種類のお米を混ぜて炊くとさらにおいしくなります。

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「ナイアシン」

朝は何かとバタバタしていて、一切ゆっくりできないですよね。 自分のメイクや着替えだけではなく、子供や夫の世話、家事全般など、朝はやることが多すぎて、時間はあっという間に過ぎて行ってしまいます。 だから …

炊飯器で作れる時短レシピ「おかゆ」

おかゆは、風邪をひいたら食べるものというのは、一昔前の話です。 病人だけでなく、健康や美容にもいいおかゆのことを、もう少し詳しく知っておくといいでしょう。 さらに、炊飯器で作る簡単レシピも、美味しくて …

楽天モーションウィジェット