花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「きくらげ」

春が近づき暖かくなると、花粉症が発症します。

スギなどの花粉がとびちり、目や鼻の粘膜に付着すると、鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状が現れてきます。

スポンサーリンク

つらい花粉症!症状を和らげる食べ物とは

花粉症の発症原因はさまざま

花粉症の発症原因は、さまざまです。

1つは、環境が要因となり、杉林が多くなったため、花粉が大量に飛び散るようになりました。戦後復興のために、杉が大量に植えられましたが、杉を伐採するより、海外からの安い木材が輸入できるようになった結果、杉の成木がたくさん残り、花粉を大量にまき散らすようになりました。

アスファルトで舗装されている道路が多くなり、花粉が落ちても空中に舞い散るようになり、花粉が減らなくなりました。車の排気ガスなどが原因となり、大気汚染が原因でアレルギーが起こりやすくなっている事もあります。

機密性の高い住居に住むようになり、ダニやハウスダストなどが原因で、アレルギー体質の人が増加したことも原因です。

アレルギー体質が遺伝的であり、親が花粉症であれば子供も遺伝子を受け継いでいるため、花粉症になる事が多いです。

現代社会は、ストレスや睡眠不足、食生活などさまざまな要因から免疫力が低下しています。免疫力が低下していると、花粉に過剰に反応してアレルギー症状が発症しやすくなる事も、要因となっています。

アレルギー症状は、自律神経と深く関わっているため、ストレスのため自律神経の調整がうまくできなくなると、花粉症の症状も発症しやすくなります。

食生活の変化により、高たんぱくの食事をとるようになりました。高タンパクの食事は、免疫反応にとっては重要ですが、アレルギー反応を高める事になります。

子の様に、さまざまな事が要因となり、花粉症の方が増加しています。

花粉症改善に効果があるきくらげ

一度症状が出ると、毎年発症する花粉症はしばらく続き、その間は辛い日常生活を送る事になります。症状を少しでも軽減して、辛さを緩和できるようにしたいものです。

花粉症対策として、さまざまなアイテムもありますが、最近注目されているのがビタミンDです。

ビタミンDは、脂溶性ビタミンで、太陽の光で増加します。サンシャインビタミンとも呼ばれています。日光に当たると、人の体の中でも生成されます。カルシウムの吸収を促進するため、歯や骨を丈夫にする効果があります。

適度に摂取すると、免疫機能を正常に保つ事ができ、花粉症改善の効果があり、最近注目されています。

きくらげには、ビタミンDが豊富に含まれています。特に乾物のきくらげは、他のきのこに比較して、豊富にビタミンDが含まれています。

サンシャインビタミンと呼ばれているビタミンDは、乾燥のため天日干しします。太陽光を浴びる事で、成分が増加します。

きくらげは、花粉症対策としてアレルギー体質を改善するのでおすすめ食材です。中国では滋養強壮、血液を健康に保つ漢方食材として、きくらげとなつめを煎じて飲んでいました。

煎じて飲むと苦味はありますが、体質改善にも効果があり、辛い季節を少しでも快適に過ごすためには、おすすめです。

煎じ方は簡単です。鍋に洗ったきくらげとなつめをいれ、水で煮出します。水が半量になるまで煮詰めます。ざるかキッチンペーパーでこしたら、完成です。

1日に3回、空腹時に飲むと効果的です。煮汁は苦味があり、飲みにくいので蜂蜜などを入れて飲むと、飲みやすくなります。

ビタミンDの摂取不足といわれる今日では、花粉症の季節以外にもおすすめです。

きくらげレシピでバリエーション豊富に

花粉症対策に効果的なきくらげを、毎日の食材に取り入れて摂取するとよいでしょう。

バリエーションも豊富な食材です。中華料理によく使われていますが、その他天ぷらにしたり、お味噌汁に入れたりするのもよいでしょう。普段の食生活に、工夫して取り入れるとよいでしょう。

普段から積極的に、花粉症対策によいといわれる食材を摂取するようにすると、辛い春も少しは症状が緩和される事でしょう。

きくらげを使ったスープは、簡単です。青梗菜ときくらげを入れて、塩、コショウ、オイスターソースなどの調味料で味を調えます。簡単に手早くできるレシピの一つです。

スープの材料は、お好みで鶏肉をいれたり、豆腐を入れたりすると、バリエーションも豊富に、いろいろなスープができます。

スープは、時間のない時にも作り置きもできるので便利です。花粉症の季節には、温かいスープで体を温めるのが効果的です。

炒め物も時間がかからず、手間いらずです。セロリときくらげの炒めものは、簡単ですぐにでき、時間がない時にも重宝です。いろいろな食材を使って、花粉症改善に効果のあるきくらげを摂取するとよいでしょう。

花粉症対策に効果的な食材を積極的に取り入れながら、天気の良い日には外に出て、日光浴がおすすめです。ビタミンDは、人間の体の中でも生成されるからです。

特に日照不足になる冬には、お昼休みを利用して外にでて日光浴をするとよいでしょう。紫外線の浴びすぎはよくないので、15分を目安に日光浴をするようにします。

UVケアをしながら、屋外のスポーツもおすすめです。

花粉症対策に有効な食材をとりいれながら、免疫力を低下しないようにして辛い季節を乗り切りたいものです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

ヘルシーなバター「ギー」の健康効果!【腸内環境を整えて免疫機能をアップ】

ギー(GHEE)は、インド発祥のオイルで、健康維持や美容、ダイエットなどに効果があるとして、最近話題となっています。 もともと、インドの伝承医学であるアーユルヴェーダで珍重されてきたオイルで、病気の起 …

富山県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

富山県には、立山連峰や海のいけすと言われる富山湾があり、四季を通して新鮮な食材に恵まれています。 自然に恵まれた、富山県の地元の方おすすめのご当地グルメを、まとめて見ました。 郷土料理や、B級グルメな …

超美味!納豆に「わさび」をちょい足し!

朝食に、納豆は欠かせないという方も多いでしょう。ご飯に直接のせて食べるのも美味しいですし、梅干しを混ぜたり、わさびを入れたりと人それぞれに味わい方は異なります。 また単に美味しいだけでなく、栄養面も優 …

女性ホルモンを増やす食べ物:お肉

女性ホルモンを補える食品にお肉があります。 糖質ダイエットを考えている方にもおすすめです。

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「チーズ」

花粉症の時期が来ると、マスクや処方してもらった薬で、何とか頑張って乗り切っている人も少なくありませんが、日常生活の食事の中で食べている食材も、症状を悪化させる事があります。 いろんな食材があるのですが …

楽天モーションウィジェット