花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「玉ねぎ」

花粉症に毎年悩まされて、薬や食事などいろんな方法で対策をしているのではないでしょうか。身近な食べ物でも、改善をしていく事が出来るので、普段の食事にも取り入れてみたい食材があります。

それは玉ねぎです。

一年中手に入れることができますので、毎日の料理にも、とても使いやすいのが嬉しいポイントではないでしょうか。

スポンサーリンク

つらい花粉症!症状を和らげる食材とは

どんな栄養が花粉症に効果的なの?

元々健康食材としても知られているのですが、花粉症対策として食べる時には、3つの栄養が有効だと言われています。

一つ目は、抗ヒスタミン作用があるチオスルフィネートです。抗ヒスタミン作用があると言われると、それだけで頑張って食べようかなと思えてくるのではないでしょうか。

二つめは、ケルセチンというポリフェノールの一種ですが、これはなんとポリフェノールの中でも、かなり強力な抗酸化作用があります。鼻の粘膜から出てこようとするヒスタミンの放出を、抑えてくれる作用がありますので、とても心強く感じる事でしょう。

最後の三つ目は、フラクトオリゴ糖です。

腸内環境を整えて、免疫力を高めていくには、善玉菌を増やしていくのが急務です。アレルギーやアトピーを起こしやすい方は、腸内環境のバランスが崩れている事も多いので、他の食品と一緒に、玉ねぎも積極的に食べる事で、腸の状態の改善をする事ができるでしょう。

他にも、ビタミンなども含まれていますし、いろんな栄養素がたっぷり詰まっていますので、継続して食べていく事で、玉ねぎの栄養が体中に行き渡っていきますので、花粉症の症状も軽減する事ができるようになりますので、好き嫌いをせずに、少しずつでも食卓に取り入れてみて下さい。

効果的に食べるにはどうしたらいいの?

症状の改善をするために、玉ねぎを食べるのですから、効果のある食べ方をしないと勿体無いです。

まずチオスルフィネートですが、しっかりとよく刻むと、成分が出てきますので、調理するなら細かく刻んでしまうとよいでしょう。また、水にさらすと流れていってしまいますから、さらすのはできるだけやめましょう。

生食する方がよいのですが、栄養成分を余すことなく摂取したいなら、スープなどに利用すると食べやすくなります。

ケルセチンは、加熱してもいいので、好きな料理にどんどん使っていきましょう。肉や魚など、いろんな料理に添えたり、サラダなどでもいいので、使いやすいのも嬉しい栄養成分です。

肉を食べると、アレルギーがある方は症状が酷くなることもあるので、玉ねぎもセットにして食べるようにすれば、美味しく食べられて、なおかつ元気な状態を保てるので、一石二鳥だと言えるでしょう。

ケルセチンは、玉ねぎの皮に殆どが含まれていますので、よく洗って全部食べられるようにすれば効果もアップします。

フラクトオリゴ糖は、含有量が少ないのですが、腸内環境を整えるという目的で食べるのであれば、たまにどっさり食べるのではなく、少量でもいいので食べ続けていく事です。

腸内の菌の餌を継続して与える事で、少しずつお腹の状態も元気になってきますので、結果として免疫力が上がり、症状が緩和される事に繋がります。

生食する方がいい成分と、加熱してもそれほど問題なく摂取できる成分とがありますが、基本的には、できる限り丸ごと頂くようにすることで、無駄なく花粉症対策のための栄養を摂取できると考えておくとよいでしょう。

食べる時に注意する事はあるの?

玉ねぎは、基本的に和洋中どんな料理にも合いますので、「美味しく毎日食べる」というように考えて食べるのが一番です。生食すると決めたなら、水にさらすのはほどほどにして、サラダや酢の物にしたりしてもいいですし、購入する時に、生食向きの品種を購入すると、辛味も程よい加減なのでぐっと食べやすくなります。

ケルセチンは加熱してもいいので、ハンバーグを作るときなど、いろんな肉だねにも活躍しますし、魚と煮込んだり、他のお野菜と一緒に煮付けにするのもおすすめです。

焼肉やしょうが焼きなどでもよく玉ねぎを一緒に使っていますが、これも理に適った食べ方と言えるでしょう。

玉ねぎの皮を食べるのが大変だと思う時には、皮を使ったお茶を飲む方法もあります。水の中に皮を入れて、ゆっくりと弱火で煮出すだけなので、とても簡単に出来上がりますが、お茶としての味は、それほど感じなくて淡白なものの、やはり好みはあるので薬湯だと思って飲むぐらいで丁度いいかもしれません。

注意しておきたいのは、玉ねぎも健康パワーがすごいのですが、食べ過ぎると少し体臭や口臭に影響が出てくる事もありますので、一気に食べるのではなく、あくまでも毎日少しずつを心がける事が大切です。

過剰に食べ過ぎると、どれだけ必要な栄養素でも、全て吸収しきれずに体外へと排出されていってしまいます。

花粉症の予防のために食べ続けていくのであれば、毎日いろんな調理をしながら食べていくのがポイントになります。

飽きずに食べられるような工夫をして、玉ねぎを丸ごと全部食べるというようにして、つらい春先を乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

グルテンフリーダイエット:肉のアレンジレシピ

グルテンフリーダイエットで食べてよい食材では、肉類もそれにあたります。 アレンジレシピでしっかりと、動物性のタンパク質の補給ができますし、力もみなぎります。

隠し味で「砂糖」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

優しい味が人気のクリームシチューは、白いソースに色とりどりの野菜や肉が煮込まれる事で、見た目にも綺麗な一品です。 もちろん見た目だけではなく、優しい味と香りが心も和ませ、子供から大人や高齢者にも好まれ …

お鍋の味に飽きたらトマト鍋!トマト鍋の魅力とは?:リコピンによるダイエット効果

寒い季節、身体を温めなくなるときの食事の定番のひとつとして、鍋料理があります。 鍋といえば、水炊き、もつ鍋、しゃぶしゃぶ、キムチ鍋とたくさんありますが、ここ数年で人気メニューの定番となりつつあるのが、 …

無理のない「糖質制限ダイエット法」

人間が毎日スムーズに活動するために欠かせない栄養素の一つが、三大栄養素の一つである糖質です。 生命維持にも欠かせないものであるため、毎日積極的に摂取することが望ましいのですが、一方で現代人は糖質の摂り …

隠し味で「にんにく」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューは、市販されているルーを使用することで、誰でも簡単に作ることが出来ます。 それだけでも十分に美味しいのですが、そこに一手間加えるだけで、より美味しく仕上げることが出来ます。そのポイント …

楽天モーションウィジェット