花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「しそ」

花粉症の季節に備えて、しそを食べるのがよいと、昔から言われてきました。

しそには、αリノレン酸という成分が含まれており、花粉症の原因となる、アレルゲンをブロックしてくれるのです。また、ルテオリンも含まれており、同様にアレルゲンの抑制に役立ちます。

しその実油が、花粉症によいと言われる理由も同様であり、甜茶・魚油などと並んで人気の成分です。

スポンサーリンク

つらい花粉症!症状を和らげる食べ物とは

しそは昔から花粉症にいいと有名の食材

しそに含まれる、αリノレン酸は、体内でDHAやEPAに変化する性質があります。人体で生成できない、健康によい脂肪酸であり、不足すると血流障害、アレルギー疾患などを招いてしまいます。

脂肪の多い食品ばかり食べると、花粉症を招きやすいと言われていますが、αリノレン酸に関しては、常温で液体という性質があるため、動物性脂肪を溶かすために役立つのです。

魚の油も同様の性質があり、常温で固形化する脂肪を溶かす役割があります。脂肪は、水には極めて溶けにくいため、固形化した脂を溶かすためには、液体の油が効果的というわけです。

しそは、薬味としてよく使われますが、大量に食べるのが難しい食材でもあります。

梅干の素材としても使われていますが、梅干には大量の塩分が含まれていますから、食べすぎると動脈硬化を招いてしまいます。動脈硬化になる状態というのは、免疫力も低下しており、アレルゲンに対して免疫機能が負けてしまう可能性が高いのです。

花粉症を改善させるためには、予防をしつつ、対策をしていく必要があるのです。

一時的に改善をさせても、同じような生活を続けていれば、再発してしまう可能性があります。食生活を根本から見直して、肥満・脂質異常症対策は、特に徹底していきましょう。

効率良くしそを摂るには、お茶を活用

花粉症の予防・改善にいいと言っても、毎日しそを食べるのは大変でしょう。そうした方は、しそ茶を活用し、成分を補給するようにしてください。

お茶のメリットは、飲むだけで栄養を摂れることにあり、胃腸に負担をかけずに吸収されます。サプリだと錠剤・カプセルが多いので、消化吸収のために胃腸に多少の負荷がかかりますが、お茶はダイレクトに吸収されるのです。

凝固剤なども含まれておらず、完全なる天然素材なので、身体にはいいこと尽くめです。普段飲んでいるお茶やミネラルウォーター、ジュースなどの代用として飲むだけで、花粉症を予防することができます。

ひとたび発症してから対策をしても、効果は得られにくいので、発症させない対策が必要となるのです。

医薬品は即効性がありますが、間違いなく副作用もあるのです。効果のあるものには、必ず副作用も生じるため、予防のためには、お茶などの健康食品が適しています。

お茶は、食品由来の成分なので副作用がなく、毎日飲んでもまったく問題ありません。毎日食事をして水を飲むのと同じように、お茶も毎日飲んでいいわけです。

しそは、甜茶と相性がよい成分なので、両者のお茶をブレンドして飲むのもよいでしょう。ドラッグストアの健康茶コーナーや、ネット通販などで販売されているので、花粉シーズンの3ヶ月前くらいから飲んでおくといいです。

花粉症は、体調不良が継続していると発生しやすいため、常に体調を万全にしておきましょう。どんな疾患にも言えることですが、体調が悪くなっているときほど、発症しやすいのです。

治療をするよりも予防を徹底し、生活習慣病全般の対策もしてください。

食材としてしそを摂るなら、レシピの工夫を

身体によい食材とはわかっていても、継続的に摂取するとなると大変でしょう。毎日同じレシピだと飽きてしまい、結局は三日坊主になりかねません。

食生活の改善にも言えることですが、健康対策としては、すぐには実感できないのです。1日や2日で変化は得られないので、3ヶ月以上は継続するようにしてください。

継続することで変化を実感できるので、それがまたモチベーションとなります。

ネットを利用すれば、しそ料理のレシピを簡単に収集できますから、飽きないように工夫してください。飽きてから変えようと思っても難しいので、飽きる前にレシピを変えていく必要があるでしょう。

ほとんどの方は、好きな食材も3日連続して食べると、飽きてしまうのが現実でしょう。毎日料理として摂るのが難しいなら、お茶やサプリメントで代用する日があってもかまいません。

途中で挫折してしまう方法というのは、結果的に実感できずに終わってしまうのです。ダイエットを例にしてもそうですが、短期間で痩せられる方法というのはハードでしょう。

そして、ハードな方法は、一時的に変化を得られますが、体質改善が追いついてこないのです。

そのため、中止するとすぐに元の状態に戻ってしまい、再チャレンジの妨げとなってしまうわけです。

食生活にしそを取り入れるなら、飽きないように、多くのバリエーションを導入し、食べたくない日は、健康食品で代用するといいでしょう。義務的に感じてしまうと苦痛になるので、ストレスを溜めないように、工夫することが大切なのです。

気楽に継続できる方法ほど結果が出やすいので、自分の性格に合った方法をみつけて、継続してください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

【エリンギ】は脂肪吸収を抑える力がある!

二の腕、お尻などの脂肪が気になって、ダイエットに励んでいるという女性はとても多いです。 健康的に痩せるには、毎日の食生活に気をつける事が大事となります。実は、昨今、エリンギに高いダイエット効果があると …

静岡県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

静岡県には、ご当地グルメがたくさんあって、ご当地グルメのために、静岡県を訪れる人も少なくありません。 具体的には何が人気なのか、静岡グルメのオススメを紹介していきます。 とても美味しいご当地グルメの為 …

質の良い睡眠をサポートする飲み物は【豆乳】!

豆乳は、大豆を原料として作られていますので、様々な健康効果がある事は知られています。 特に女性にとっては嬉しい効果の多い豆乳ですが、この飲み物には睡眠の質を高める効果があることも分かっていますので、こ …

炊飯器で作れる時短レシピ「角煮」

とろっとした、甘い脂がおいしい角煮ですが、作るとなると非常に手間がかかります。 その上、中までしっかり味をしみこませようと思えば、長時間の加熱が必要となります。そんな手間のかかる角煮でも、炊飯器を使え …

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「蒸す」

一日に必要な野菜の量は、350gといわれていますが、実際に野菜をサラダだけで取るとすると、大変な量になります。 もちろん、色々な料理に含まれている野菜も少なからずあるので、全てをサラダからとる必要もあ …

楽天モーションウィジェット