花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「甜茶」

春になると、外出する際にマスクをかけている人が多く見られます。花粉症に悩んでいる人は非常に多く、早い人は2月中旬ぐらいから花粉症の症状が出始めます。

花粉症の症状を抑えるのに効果的なものの一つに、お茶を飲むことが挙げられます。

スポンサーリンク

つらい花粉症!症状を和らげる食材とは

花粉症にお茶は効果が期待できるのか

花粉症対策としても、お茶を飲むことは有名ですが、お茶を飲むだけでは薬のように即効性もなく、十分に効果が出ているのかということも、確認する方法がありません。

そもそもお茶には、花粉症の症状の原因となっている、ヒスタミンを抑える効果が期待できます。

また、抗アレルギー作用の成分が含まれていることから、お茶を飲むことが、花粉症の症状を抑えることに効果があるといわれているわけです。

お茶の種類によっては、低カロリー、ノンカフェイン、オーガニックなど、健康や美容目的に飲んでいる人も多いでしょう。そして手軽に摂取できることや、安全性も確認されているので、お茶は需要が高い飲み物であることがわかります。

例えば妊娠中や授乳中で、花粉症の症状緩和させるための薬が飲めないこともあるでしょう。このような状態であっても、お茶を摂取するだけなので何の問題もなく、副作用の心配をする必要もないのです。

子供から高齢者まで、年齢を問わずに飲むことができ、健康面や美容面でも効果があるので、様々なメリットがあるといえます。

しかしこのお茶にも、マイナス点が存在します。それは、即効性や劇的な症状の改善が期待できないということです。体質には個人差があるため、自分の体に合ったお茶を見つけると良いでしょう。

また、花粉症の予防として、お茶を飲むのもよいでしょう。

甜茶の花粉症に対する効果とは

どのようなものか、花粉症の症状を抑えるお茶としては、べにふうき茶やルイボスティーも人気を上げていますが、一番有名なお茶が甜茶でしょう。それではなぜ、甜茶がこれほどまでに花粉症の症状に効果があるといわれているのでしょうか。

実は甜茶は、大きく分けると4種類も存在しています。一つ目がアカネ科、二つ目がユキノシタ科、三つ目がブナ科、四つ目がバラ科です。そして、これらのどの種類の甜茶をのんでも、花粉症の症状の改善に効果があるというわけではないのです。

この中で、花粉症の症状の改善に効果があるといわれているのは、バラ科の甜茶だけです。もしも、これから甜茶を試してみようと思っている場合には、成分表示で何科の甜茶なのかをよく確認して、バラ科を選ぶようにしましょう。

バラ科の甜茶の正式名称は、甜葉懸鈎子と言います。そのため、バラ科もしくは甜葉懸鈎子という表示のものを選ぶようにしましょう。

花粉症の症状を改善させるために、お茶が有効であることはわかりましたが、即効性がないというデメリットがあることをお伝えしました。しかし甜茶には、即効性があるともいわれています。

花粉症は、化学物質であるヒスタミンが分泌されることで、アレルギー反応がおこり、くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの症状が現れます。甜茶には、ポリフェノールが含まれているので、このポリフェノールが、アレルギーを起こす物質であるヒスタミンの分泌をおさえてくれるというわけです。

ヒスタミンの分泌が抑えられることで、アレルギー反応も抑えられるので、即効性があるということになります。しかしこれにも個人差があり、全員に即効性があるとは限りません。

甜茶をどのように飲めば効果があがるのか

いくら甜茶が、花粉症の症状の改善に効果があるといわれても、どのように飲んだら効果があらわれるのかと気になる人も多いでしょう。甜茶の効果的な飲み方とは、どのようなものなのでしょうか。

まずは、やかんで煮出してみましょう。やかんに500ccぐらいの水を入れ沸騰させます。そしてティーパックを沸騰したお湯の中に入れて、3分から5分ぐらい煮出しましょう。長時間煮出すことによって、ポリフェノールをたっぷりと抽出できます。

煮出した後に、自分の好みの濃さになるように、お湯や水で薄めて飲むとよいでしょう。

そのほかの飲み方としては、500ccほどのお湯に、2分から3分つけておくだけでも出来上がります。時間がない場合には、直接マグカップや湯飲みにティーパックを入れて、お湯を注いで飲んでもよいでしょう。

しかし一番効果的な飲み方は、手間がかかりますがきちんとに出して飲む方法です。

そして、甜茶を飲む時に守っておきたい注意点もあります。

一つ目は、花粉が飛ぶ2週間から3週間前から飲み始めるようにしましょう。事前にヒスタミンの分泌を抑制するポリフェノールを、体内でしっかりと作用させておくことで、花粉に過剰に反応することを抑えられる効果が期待できます。

1日の摂取量としては、80ミリグラムから120ミリグラムを目安に飲むようにしましょう。まとめてたくさん飲むのではなく、小分けにして体内に入れることで、体内で甜茶がしっかりとを作用できるようになります。

なるべく朝、昼、夜に分けて飲むことを心掛け、毎日欠かさず飲むように習慣づけると良いでしょう。

そして飲む場合には、温かい状態で飲むようにすると、体内で吸収がよくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

肌の老化を防ぐポリフェノールは【赤ワイン】で摂ろう!

赤ワインは、ブドウにある成分をワインの中にほとんど取り入れているので、たくさんのミネラルやビタミン、ポリフェノールなどの栄養素が含まれていて、抗酸化作用や血圧降下に効果があったり、肌をきれいにしたりと …

花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「わさび」

冬の寒さが和らぎ、温かくなって過ごしやすい季節となると、今度は花粉症に悩まされるという方も多いでしょう。 常にマスクを付けておかないといけないし、目のかゆみや鼻のむずむずは、仕事や勉強の妨げになります …

質の良い睡眠をサポートする食べ物は【くるみ】!

睡眠は生きていく上で必要不可欠であり、精神と身体の疲労を取り除き回復を促すものです。 健やかな眠りは充実した日常を送る基礎となり、質の良い睡眠を確保するためには様々な方法があります。 その中でもくるみ …

【切り干し大根】には食物繊維が豊富に含まれている!

切り干し大根は、食物繊維の宝庫などと言われています。 食物繊維は、便秘に効果を期待する事が出来るなどの理由からも、便秘症の女性などを中心に人気を持つ食材で、切り干し大根にはこうした効果を持つ成分が、豊 …

隠し味で「ハチミツ」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

クリームシチューに隠し味でハチミツを入れると、コクと甘みが出て、一段上の味になります。ただ、ハチミツを入れるタイミングには、注意が必要です。 ルーを入れる20分以上前に入れ、煮込んでからルーを投入する …

楽天モーションウィジェット