花粉症は食べ物で改善出来る!花粉症を和らげる食べ物「ヨーグルト」

ヨーグルトが花粉症の改善に効果的と言われる要因として、免疫力が上がるということが挙げられます。

免疫力が上がることで、花粉症などのアレルギー症状を抑えるこことだけではなく、風邪やインフルエンザや風邪などにも、かかりにくくなるということもあります。

免疫力が落ちると、なぜ花粉症に繋がるのかというと、免疫力が落ちてしまうことで、体の中の異常を改善してくれるためのNK細胞が、うまく働かなくなってしまうため、花粉症にかかりやすくなってしまうということになります。

スポンサーリンク

つらい花粉症!症状を和らげる食べ物とは

腸内環境を整えることが必要な理由とは

なぜ腸内環境が花粉症を改善させるために役に立つのかというと、それは、免疫力を司る免疫細胞の7割は、腸内で作られており、腸内細菌は、免疫細胞を強くするために重要な役割をしております。

腸内細菌は、模擬戦の相手となって、体内の悪い菌を排除するために鍛えてくれます。

腸内に住みついた細菌が作る集落は、ギリシャ神話の花の女神の名称をとり、腸内フローラと呼ばれております。

この腸内フローラが乱れてしまうことによって、免疫システムが誤作動を起こし、結果的に、実際には身体に悪い影響を与えるものじゃないものまでも攻撃してしまうことによって、アレルギーである花粉症が発症してしまうことになります。

そのため、その腸内細菌の数や種類を増やすことによって、免疫細胞を強くし、身体に異常を引き起こさないようにしてくれるので、重要となります。

ヨーグルトなどの食品を摂取することにより、乳酸菌を増やし、腸内細胞の増加につなげることができるため、普段からヨーグルトを摂取することがお勧めとなります。

効果を高める方法について

ヨーグルトの摂取の仕方によって、効果を高めるためには、まず、摂取する時間帯を考えることが大切です。

効果的な時間帯としては、食後がベストです。ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、酸によって死滅してしまうため、食前の胃酸が濃い状態のときに摂取したとしても、胃酸によって死滅してしまいます。

そのため、少しでも胃酸が薄くなっている食後が良い時間帯です。ただし、逆に満腹の状態でも吸収を妨げてしまうということもあるため、食事は腹八分目に抑えておくことが大切です。

次に、ヨーグルトはプレーンの物を選ぶことが大切です。ヨーグルトに砂糖が入っていると、腸内の悪玉菌を増やしてしまい、また、善玉菌を殺してしまうので、そのまま何もかけずにたべることがお勧めです。

酸味がどうしても苦手という方は、酸味が少ない種類のものもあるため、種類を選ぶことで酸味を克服することができます。

症状が出てくる時期の、2週間から4週間程前から継続して食べることも大切です。それは、体質改善によって症状を出さないようにするということから、継続して食べることがとても重要です。

最近では、腸まで届く乳酸菌が入っているものもあるため、そういった直接腸に働きかけてくれる乳酸菌が入ったものを、摂取するということも効果を高めるために繋がります。

また、乳酸菌は、腸内に留まるものではなく、毎日食べる習慣を続けることも大切です。症状が和らいだからといって、ヨーグルトを食べる習慣をやめてしまったら、また症状をぶり返してしまうという可能性があるため、しっかりと長く続けることが大切です。

ヨーグルトを食べる際の注意点について

まずはじめに、先にも述べたように、ヨーグルトを食べることで花粉症が改善されるということは、体質改善によるものです。

1日や2日食べたからといって、すぐに効果があらわれるというわけではなく、長期間摂ることによって、はじめて効果を得ることができるものです。

そのため、花粉症の症状をすぐに抑えたいという場合には、やはり病院で薬を処方してもらうなど、しっかりとした治療をしてもらうことが必要となります。

また、そのヨーグルトを食べて効果があったという人がいたとしても、必ずしも自分に効果が現れるというわけではありあません。

人それぞれに合ったものがあるため、どのヨーグルトに効果があるかということは、実際に自分で食べなければ自分に合っているものかということはわかりません。

ヨーグルトには、各メーカーによって、乳酸菌の種類や入っている量なども違うため、それぞれ食べ比べてみることが大切です。同じ種類のものをしばらく食べて、効果が出なければ、別のヨーグルトを試してみることがお勧めです。

また、先にも述べたように、砂糖と一緒に摂取すると、思う通りに効果を得ることができません。花粉症などのアレルギーの対策には、ビタミンも必要となるため、砂糖を分解するためにビタミンを消費することになるので、砂糖を控えることが大切です。

ヨーグルトなどで、乳酸菌を少しでも多く摂取することも大切です。

ほとんどの場合は、胃酸によって腸に届くまでに死滅してしまうと先にも述べましたが、死滅してしまったからといっても、腸内にいる菌の餌となり、腸内環境を整えてくれるため、腸内に届くことだけではなく、多く摂取できるということも重要です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【ご飯と一緒に炊く】

日本人の平均寿命は、年々高くなっていき、これは喜ばしいことですが、大切なのはいつまでも健康でいることです。女性の場合、美容に関しても重要になってきて、いくら長生きできても、体が動かず寝たきりの生活であ …

隠し味で「ハーブ」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

子供が大好きな料理のひとつである「クリームシチュー」は、簡単に作れて、特に冬場はテーブルに並ぶ確率が高くなります。 ただ基本の味が同じなので飽きることもあり、そういった時は隠し味にハーブを加えると、一 …

岩手県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

岩手県のご当地グルメといったら、大半は郷土料理が多いです。 しかしその美味しさは、県内外問わず愛されており、わざわざグルメを口にするために足を運ぶ人もいます。実際に、岩手県のご当地グルメが全国に注目さ …

炊飯器で作れる時短レシピ「ローストチキン」

クリスマスでは、必ずと言っていいほどお目にかかる料理「ローストチキン」。 香ばしく焼きあがった薄皮に、ジューシーな味わい、思わず舌鼓を打ってしまいますね。でも、ローストチキンはオーブンやグリルで焼くの …

ホットドリンクにちょい足しで温かさアップ!

ホットドリンクに色の濃い食材を積極的に使うことによって、体を温める効果は相乗的に働きます。 素材には昔から受け継がれてきた種類があれば、最近になってから話題を集めている食品もあるため、選ぶ際の楽しみも …

楽天モーションウィジェット