花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「アルコール」

少しずつ暖かくなってくると、過ごしやすくなりますが、テレビなどで花粉症情報を見つけるだけで、憂鬱になってくるのではないでしょうか。

ヨーグルトなど、症状を軽減するのによいと言われる食べ物を食べたりお茶を飲んだり、早めに病院で薬をもらっている方もいるでしょう。

スポンサーリンク

花粉症の大敵!?症状が悪化する食べ物とは

花粉症とアルコールの関係って?

その一方で、成人しているのであれば、日々の癒しにちょっと一杯とビール一缶、グラス一杯のワインと言うように、アルコールをたしなむ事もあるのではないでしょうか。

実は、花粉症を患っている方には、お酒を飲むのはよくなかったりします。

あまり普段は意識していないかもしれませんが、含まれている成分が、どんどん症状を悪化させてしまうのです。人によって、出る症状自体は個人差がありますが、鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどが主になります。

お酒を飲んだ次の日は、何となくでも、これまでより症状が酷いように思える事がありますが、これもアルコールが影響しています。

そもそも花粉が皮膚に付着したり、呼吸時などに吸い込むと、それに対抗するために体の防衛反応として、抗体をせっせと作り出します。その抗体は、粘膜を守っている細胞と協力しようと結合をし、ヒスタミンを放出します。

これにより、結果的にくしゃみや鼻水、時には涙が出たりするようになるのです。

アルコールを摂取すると、分解されたアセトアルデヒドが末梢神経を刺激し、他の細胞などにも刺激を与えて、さらにヒスタミンが放出されて、どんどん症状が酷くなると言う悪循環に陥ってしまうのです。

もしも思い当たる節があるようなら、春先だけでも、酒量を減らすような工夫をしてもいいのではないでしょうか。

悪化すると分かっていても、飲みたくなる時

お酒が好きな人であれば、自宅でも仕事の疲れを癒すために一杯、二杯と自分の好きなように飲みたいと思うものです。

また、新年から春先にかけては、新年会や歓送迎会も多いですから、普段はあまり飲まない方でも、お酒の席が設けられていて、そこで頂いた後、数日間つらい症状がさらに酷くなって過ごしたと言う事もあるでしょう。

好きだから飲む方もいれば、付き合いで飲む事もあると思いますが、近年はスギやヒノキだけでなく、他のいろんな花粉が飛んでいるので、人によっては、一年中症状が出ると言うような事もあります。

自分の症状が出る時期が分かっているのであれば、出来れば花粉が飛散する前、準備段階で食事や薬を飲み始める時に、少しずつ酒量を減らすようにしてみて下さい。

アルコールを摂取すると血管が拡張するので、鼻づまりや目の充血なども起こりやすいです。普段から少しずつ、ご褒美の一杯の量を決めておくことで、体調をそれほど損ねることなく、お酒も楽しみつつ過ごす事ができます。

我慢をしすぎても、今度は飲めない事がストレスになることもありますので、飲みすぎない程度に、おつまみも健康的な、症状の軽減が出来る食材を使った惣菜を用意して、ゆったりといつもとは違うお酒の楽しみ方にチャレンジしてみるというのもよいでしょう。

ワインが好きだという方であれば、温めてホットワインにしてアルコールを飛ばし、果物の果汁を加えて、さっぱりとフルーティーに楽しむのもおすすめです。

普段から飲んでいる量をコントロールしたり、違う味わい方で楽しみながら、花粉症に気をつけて味わって下さい。

花粉症の時期に気をつけておきたいこと

花粉が飛ぶ時期は、多くの人が予め薬を飲み始めて、飛散中も酷くならないように、飲み薬や注射などを打って対策を取っています。

アルコールと薬は、殆ど相性が悪いですから、お酒を飲んでいるという方は、薬を飲む時、お酒を飲む時、両方とも注意しなくてはいけません。なぜかと言うと、アルコールも分解するのに、長ければ5時間ぐらい、時にはそれ以上はかかりますし、薬に関しては、例えば朝飲んだら夕方頃まで効くような、長時間効果のあるものが多いです。

そうなると、当然アルコールが残っている状態で薬を飲むこともあるかもしれませんし、その逆もあり得ます。

両方とも肝臓で成分を分解しているので、とても負担がかかります。場合によっては、薬の効果が得られず、アルコールで症状だけが強く出てしまって、薬の効果が得られなかったという事にもなりかねません。

薬の副作用も強く出てしまう事もあるので、日中に酷く眠くなったり、意識が途切れたりするなど、何らかの障害が出る事も考えられます。

しっかりと自分で体調管理を行い、薬を飲む時間と、お酒を楽しむ時間を計画をし、不調な状態にならないようにするとよいでしょう。

病院で薬を処方してもらう時には、お酒が好きなので、どれぐらいまでなら飲んでいいのか、どのように時間の工夫をすればいいのか聞いておきましょう。

ビール一本、350mlのものでも、1~2時間ぐらいは分解するのにかかってきますので、薬を飲んだ後は、最低でもそれぐらいの時間をおいた上で、少量を楽しむぐらいにしておいて下さい。

花粉症の時期は、悪化して無理をしないように心がけて、程よいペースでお酒と付き合いましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

肌の老化を防ぐポリフェノールは【ブルーベリー】で摂ろう!

女性は年齢を重ねるにつれて、シワ、しみなどの老化現象に悩む人は急増していきます。 メイクでごまかそうとしても、厚化粧になって、余計に老けて見られてしまう事は多いです。 実は、昨今、肌の老化を防ぐポリフ …

隠し味で「海苔の佃煮」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

普段作るクリームシチューを、ワンランク上の味にしたいと思いませんか。ちょっとした隠し味を使うだけで、コクとまろやかさがプラスされます。 ここでご紹介したい隠し味は、海苔の佃煮です。冷蔵庫に眠っている食 …

身近にある発酵食品:納豆で菌活しよう!

現代日本でのブームは菌活であり、腸内環境を良くすることで、美容と健康への切符を手に入れることにもなります。 菌活は難しいのではという不安などは全く心配はなく、身近にある食材として、日本人がこよなく愛す …

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:カモミール

カモミールティーは、世界中で一番親しまれているハーブティーと言えるほど有名で、誰でも一度は耳にしたことがあるはずです。

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「砂糖」

春先の花粉症に向けての対策として、薬を病院で処方してもらったり、ヨーグルトや健康茶などを早めに食べ始めるようにして、頑張って乗り切ろうとしていると思いますが、食品によっては、さらに症状を悪化させてしま …

楽天モーションウィジェット