花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「チーズ」

花粉症の時期が来ると、マスクや処方してもらった薬で、何とか頑張って乗り切っている人も少なくありませんが、日常生活の食事の中で食べている食材も、症状を悪化させる事があります。

いろんな食材があるのですが、実はチーズも良くないと言われつつあります。

スポンサーリンク

花粉症の大敵!?症状を悪化させてしまう食べ物

美味しいチーズも発酵食品だけどよくないの?

普段であれば、乳製品は健康にも良いし、美味しく食べながらカルシウムなどの栄養もたっぷりなので、どんどん食べようと言われている程なのですが、花粉症やアレルギーの症状も出やすいため、もしも悩んでいるようなら、一度やめてみるのも手です。

今は、日本の家庭でも沢山の方が料理に使っています。ピザや菓子パン、サラダやリゾット、肉料理の中に入れれば、とても美味しいですし、ワインなどのおつまみに食べる事もあるでしょう。

昔は、それこそ乳製品を食べようと言われていたのですが、現在はどちらかと言うと、日本人にはあまり乳製品は合わないので、食べてみてお腹がごろごろしたり、自分の体に合っていないようだと思ったら、控えるか食べない方がいいと言われています。

これはなぜかと言うと、チーズを始めとした乳製品には、ラクトース(乳糖)が含まれていますが、日本人はこれまでの歴史の中で、あまり食べてこなかったので、食べても分解しにくくて、消化に時間がかかり、胃腸に負担をかけてしまいます。

牛乳を飲んだりして、下痢をしたりするのもその一つで、乳糖不耐症と言います。

消化が出来なくて胃腸に負担をかけ続けると、免疫力も低下するので、結果的にアレルギーや花粉症が悪化する状態が続いてしまいますので、原因が分からない時には、食事内容にどんな食材を使っているのかチェックしてみるとよいでしょう。

乳製品は体調と相談をしながら食べましょう

乳製品として親しまれているチーズの味は、まろやかなピザやケーキなど、いろんなところに使われて、たくさんの人に食べられています。

問題なく消化が出来ている方であれば、それほど花粉症を酷くさせるようなこともないのですが、合っていない、または症状が中々軽減できていないという時には、量を減らしたり、一度は全く食べないようにしてみるのもおすすめです。

牛乳由来のたんぱく質は、実は意外と消化がされにくいため、スムーズに吸収されにくいのです。そうなると、最終的には血液をどろどろさせていきます。

牛乳のたんぱく質であるカゼインは、とても粒子が小さく、胃腸が疲れていたり弱っている時には、腸壁を素通りして血液中に入っていきます。最終的には、花粉症の方にはあまり聞きたくない、あのヒスタミンが発生して、血液が全身をめぐると同時に、アレルギー症状も全身で感じる事になってしまうのです。

このたんぱく質は、加熱しても形が変わりにくく、発酵食品となってもやはり構造が変わりにくい物質なので、結果的にチーズをよく食べていることが、アレルギー症状の原因となっていたりもするのです。

牛乳を飲んでいても合う、合わないはあります。合わないけれども、チーズは食べやすいから好きという方もいますが、体には合っていない可能性があるので、薬などを飲んでいても、あまり症状に変化が見られないときには、食べる量を控えていきましょう。

美味しくて栄養があるはずの食品で、結果的に花粉症が続いていくと言う悪循環に、気がつかないまま過ごす事もありますので、毎日の食事やおやつを考え直すのもいい機会です。

それでもやっぱり食べたい時には?

花粉症を引き起こす原因は、花粉という物理的なものであれば、眼鏡やマスクなどをする事で避ける事も可能です。ですが、毎日食べている食事に使われている食材の中で、本来は良いだろうと思っていたものが、実は自分の体には合っていなくて、花粉症やアレルギーをさらに悪化させていたと気がつくと、本当につらいものです。

けれども、チーズは好物として食べている方もいますから、控えるとしても、ついつい手が伸びてしまう事もあるでしょう。

きちんと消化が出来ているのであればいいのですが、そうでないなら、一度は断ってみて体質改善をするというのも有効です。一週間に1回など、自分にご褒美の日を作って食べる事で、それ以外の日は食べないようにするというように、工夫をしてみるのもいいでしょう。

また、市販されているチーズでも添加物が少ないものを選んだり、少量でも満足できるような高級なものを選んで食べるという様にしても、味わい深いので満足度も高く、量を減らしやすくなります。

今では日本の食生活の中に溶け込んでいるチーズですが、乳製品が合わないなど、体質的に食べにくいという方も少なくありません。

花粉症を楽にしたいのであれば、自分や家族の努力で量を減らしていく事で、体質を改善していく事も出来るようになるので、ストレスになり過ぎないように、工夫しながら食べ方を考えてみて下さい。

これまでと同じように、好きなだけ食べているというのであれば、状態は変わりません。

花粉の飛散する前や、シーズン中だけでも控えるなど、やり方はたくさんあるので、快適に過ごせるように頑張ってみて下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

肌の老化を防ぐポリフェノールは【生姜】で摂ろう!

シミやしわ、ほうれい線などの肌の老化を防ぎたいときは、ポリフェノールを摂取した方が良いので、この成分を豊富に含んだ生姜を、積極的に食べるようにしてください。 食事だけでは十分な量を摂れない場合は、サプ …

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ルイボスティー

世界各国で人気のあるハーブティーの一つであるルイボスティーは、不老不死のお茶とか、奇跡のお茶と呼ばれるくらい、色々な効果があるといわれています。 ハーブティーは、その名の通りハーブを原料として作られま …

炊飯器でできる煮物の時短レシピ

炊飯器はいろいろな料理を作ることができるとても便利な道具です。 おいしいご飯はもちろん、デザートのケーキやおいしい煮物なども作ることができるので、時短レシピを知っておくと食事を作るときにはとても助かり …

包まない時短レシピ:餃子

餃子を食べるのは美味しいけど、作るのがすごく手間です。 皮に包んだり丸めたりするのにすごく時間がかかってしまうため、他の料理を作る時間がなくなってしまったりします。 そこで、皮に包まないで簡単に作る事 …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「ナトリウム」

忙しい朝の食事には、一杯のお味噌汁があるだけでも、栄養成分の充実度が大幅に向上します。 実際の味わいには複雑な要素がありますが、基本になる5種類の味の中では、塩辛いという意味の鹹味が際立つ内容になって …

楽天モーションウィジェット