花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「ファーストフード」

ファーストフードは、カロリーが非常に高く、満足感を得られやすい食品です。

肉・揚げ物が多く、空腹時には、たまらなくおいしいものですが、トランス脂肪酸が多く含まれているのです。

スポンサーリンク

花粉症の大敵!?症状を悪化させる食べ物とは

なぜファーストフードはよくないのか?

トランス脂肪酸は、免疫力を低下させると言われているため、免疫システムが正常に作用しなくなって花粉症、鼻炎などを引き起こします。鼻づまりが悪化する原因ともなるので、食べすぎには注意をしてください。

完全にゼロにするとストレスが溜まるので、たまに食べる分には問題ありません。

食べすぎを避けるべきものとしてファーストフードやスナック菓子があげられますが、これはトランス脂肪酸が多く含まれているからなのです。

免疫力の低下を招くだけでなく、悪玉コレステロールを増やしてしまうので、血管疾患の原因ともなります。動脈硬化を防ぐためには、なるべく避けたい食べ物なので、食べる頻度は週1回くらいに抑えたいものです。

日本では、肉類よりも魚を多く食べるように推奨されていますが、これは魚にDHAとEPAが含まれているからです。血液をサラサラにして、動脈硬化を予防し、免疫力を高めるために役立つのです。

甜茶、シソの実油などは、花粉症を予防するために役立つとされますが、DHAとEPAも同様に摂るべき成分とされています。

ファーストフードをよく食べる方は、和食の頻度を増やすように意識するといいでしょう。ただ、和食には塩分がたくさん含まれているので、減塩を意識するといいです。

塩分は、動脈硬化を促進し、高血圧を招く原因にもなりますから、細胞レベルで老化を促進してしまうのです。

ファーストフードを毎日食べている人は、少しずつ和食中心の食生活に変えていきましょう。

食生活を改善して花粉症の悪化を防ごう

忙しい人ほど食生活が乱れやすいので、意識して改善していく必要があります。

ファーストフードのメリットは、手軽に摂れることであり、多忙な方ほどよく食べる傾向があるのです。やむを得なく食べる場合は、サラダと一緒に食べる、野菜ジュースを飲むなどの工夫をしましょう。

最初にサラダを食べておくと、野菜に含まれる食物繊維がお腹で膨らんで、満腹感を促してくれます。

野菜は、量のわりにカロリーが非常に低いので、最初に食べることで、暴飲暴食を防ぐことができるのです。

食物繊維は、脂肪分の吸収を抑制してくれるので、サラダを食べてからファーストフードを摂るのが、本来は好ましいです。

野菜ジュースは、不足する野菜を補うために大切であり、できれば塩分無添加タイプがいいでしょう。濃縮タイプだと、コップ1杯を飲むだけで、350gに相当する野菜を摂ることができます。

ファーストフードを食べすぎると、血液がドロドロになりやすく、それによって免疫を低下させることがあります。

細胞に栄養を与えるのは血液であり、血流に問題が生じると、細胞の元気がなくなり、免疫力が弱くなってしまうのです。すると、アレルギー物質に対して身体の防御反応が十分に働かなくなり、花粉症などの原因となるわけです。

花粉症だけでなく、慢性的な鼻炎、肌荒れなどに悩まされている方も、血流を促進するケアから始めてみましょう。

トランス脂肪酸は、ファーストフードのほかに、菓子パン、スナック菓子などに多く含まれるため、脂肪分を意識的に減らしていきましょう。

朝食に、シリアルを食べるようにするだけでも、脂肪の摂取をかなり抑えられます。

免疫機能を高めるための工夫をしよう

花粉症の悪化を防ぐためには、免疫機能を正常にしていく必要があります。身体を冷やす食べ物全般は、免疫を低下させるので、冷たい飲み物は、なるべく避けたほうがいいでしょう。

特に空腹時に、ジュースや炭酸飲料などを飲むと、胃腸を冷やして免疫機能を低下させます。温かい飲料を飲んだほうが身体によく、冷たい飲料を飲むなら食後が適しています。

食後ならすでに胃に食べ物が入っているので、急激に冷やすことはありません。

どうしてもファーストフードが大好きでやめられない方は、カロリーを抑えたメニューをおすすめします。

公式サイトに、各メニューのカロリーが表記されていますから、ここで栄養成分を確認しておきましょう。カロリーと脂肪がなるべく少ないメニューを選ぶのが好ましく、メニュー選びで迷ったら、カロリーと脂肪の少ないほうを選びましょう。

ファーストフードは、ボリューム以上にカロリーが多いので、特に食べすぎに注意する必要があります。

例えば、ハンバーガーを2個も食べると、カロリーオーバーになることが多いので、ハンバーガー1個と、サイドメニュー1個というように組み合わせて、カロリー調整をしてください。

少しずつカロリー摂取を減らしていけば、低カロリーでも乗り切れる身体に変化していきます。

暴飲暴食を避けるためには、三大栄養素はしっかりと補給しつつも、過剰なカロリーはカットしていく必要があるのです。

過剰なカロリーは体脂肪や血中脂質となり、血流ドロドロや免疫低下を招いてしまいます。

特に花粉症の3ヶ月前くらいからは、食生活のバランスを意識して生活習慣病の予防対策をしていく必要があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

春の食材を使って作りたい!今食べるととびきり美味しい春野菜:アスパラガス

春の食材を使って料理を作りたいと考えたとき、今食べるととびきり美味しい春野菜、それはアスパラガスです。 春の息吹が芽吹き出すスプリングシーズン、この時期の野菜は色彩豊かで、おまけに体を健康にする栄養素 …

“ヘルシースナッキング”で目からウロコのダイエット

ダイエットと言えば、辛い食事制限をしなくてはいけないというイメージを持っていますよね。 特に間食をしてはいけないと決めているという女性も多いでしょう。食べてはダメとなると余計に食べたくなったり、ちょっ …

簡単スイーツ♪【ババロア】の作り方!

つるっとした食感が特徴のババロアですが、なんだか作るのは難しそうという声をよく耳にします。 確かに自宅で作るスイーツというよりは、ケーキ屋さんで買ってきたり、コース料理のデザートで出てきたりするものと …

採りやすい山菜「つくし」の美味しい調理法

採りやすい山菜として代表的なものが、「つくし」です。採ったけれど、どんな調理法があるのか知らない方もいらっしゃるものです。 春ならではの美味しさを、家庭で気軽に味わってみるのにも簡単に出来ます。ぜひ、 …

モロッコのコーヒーを楽しもう

コーヒーには色々な種類が存在していますが、海外では変わったタイプの飲み方をするものがあります。 そういう種類の一つがモロッコのコーヒーで、この地域の飲み方は世界的にも変わった特徴を持っています。

楽天モーションウィジェット