花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「マーガリン」

春はウキウキと心躍る人も多い季節です。しかし花粉症の人にとっては、つらく憂鬱な季節です。

今年の花粉の飛散量は、北海道や東北、関東、甲信地方は例年よりも少なく、北陸、東海、中国地方は例年並み、九州や四国、近畿地方は例年よりもやや多いと予想されています。

花粉症の人が少しでも楽にこの季節を乗り越えるために、できることは何かないでしょうか?

できることの一つに、食生活の見直しがあります。

スポンサーリンク

つらい花粉症!症状を悪化させる食べ物とは

そろそろ花粉が飛び始めています

私たちの体は、日の食事でできています。花粉症を悪化させる可能性のある食品や食品成分も、色々な研究から判ってきました。

その中の1つに、トランス脂肪酸という成分があります。

マーガリンやショートニング、ファットスプレッド、加工油脂に含まれている脂肪成分です。

トランス脂肪酸には、炎症を引き起こす働きがあります。そのため、花粉症などのアレルギー性の鼻炎や、のどの炎症や目の炎症を引き起こしたり、悪化させたりすることが指摘されています。

トランス脂肪酸は、ショートニングやファットスプレッド、加工油脂という形で、菓子パンや洋菓子、インスタント食品、ファーストフードなどでよく使われています。

これらを毎日食べると言う人は、それほど多くないと思いますが、マーガリンはどうでしょうか?毎朝食パンに塗っていると言う人も、多いのではないでしょうか。

毎朝、当たり前のように使っているマーガリンを止めて、アレルギーを予防する作用や炎症を抑える作用のある、オメガ3という脂肪酸のものに変えると、花粉症やアレルギーが良くなる可能性が高いでしょう。

マーガリンよりは少しお値段の方が高くなりますが、毎朝使っているマーガリンを変えてみませんか?

ほんの少しのことですが、きっと違いを感じることでしょう。

マーガリンではなく、オメガ3脂肪酸のえごま油などにしよう

マーガリンが体に良くないのなら、パンには何を塗ればいいの?

オメガ3って何?

と思った人もいるでしょう。

私たちが食生活の中で使っている油脂には、固体の脂と液体の油があります。固体の脂には、バターやラードなどがありますが、これらは食べ過ぎない様に気を付けてください。

料理にマーガリンを使うよりは、バターの方がベターです。

液体の油には、オメガ9、オメガ6、オメガ3があります。

オメガ9には、オリーブオイルやキャノーラ油があり、これらは良質なものを普段使いにすると良いでしょう。

オメガ6は、紅花油やゴマ油、コーン油などです。これらの油は、摂取量を減らしたい油です。

そしてオメガ3に、アマニ油やエゴマ油などがあります。これらの油は、積極的に摂りたい油です。

オメガ3には、炎症を抑える働きがあるので、花粉症による鼻炎をやわらげたり、のどの炎症や目の炎症をやわらげることに繋がります。

花粉症の人には、強い味方と言えるのがオメガ3脂肪酸です。

そして、できるだけ避けたい脂肪酸が、トランス脂肪酸です。炎症を引き起こすだけではなく、オメガ3の働きを邪魔する、ということも判ってきました。

つまり、炎症を抑えようとしているオメガ3の邪魔をして炎症を引き起こすと言う、かなり憎たらしい物質がトランス脂肪酸です。

マーガリンには、このトランス脂肪酸がたくさん含まれていますので、パンにはやっぱりマーガリンではなく、アマニ油やエゴマ油、オリーブオイルを使うのがベターです。

アマニ油やエゴマ油は熱に弱く酸化しやすいので、加熱調理には使いません。生で使うのが、オメガ3の特徴です。

それには、マーガリンの代わりにパンに使うのが、一番手っ取り早い方法でしょう。

パンにかけてもいいし、小皿に入れてパンにアマニ油やエゴマ油、オリーブオイルをつけるスタイルにしてもよいでしょう。

花粉症だけではなく色々な病気の原因にもなる

マーガリンマーガリンは、花粉症の味方であるオメガ3の働きを邪魔する、憎たらしい奴です。

そして、花粉症だけではなく、いろいろな病気の原因になっているという研究報告が、近年相次いで報告されています。

認知症、がん、高血圧や心臓病や動脈硬化などの生活習慣病、不妊症、うつ病なども、マーガリンに多く含まれているトランス脂肪酸が関わっていると考えられています。

アメリカでは、トランス脂肪酸は「悪魔の脂」などと言われています。

日本人は、アメリカ人と比べると、ファーストフードやインスタント食品の摂取量は全体的・統計的には少ないです。しかし、今の若者たちを見ていると、だんだんアメリカ並みになってきている傾向が見られます。

この3日間の食事は、外食やインスタントやレトルト、コンビニの菓子パンという人も少なくないでしょう。

菓子パンや、調理パンの袋の裏を見てください。

おそらくマーガリンやショートニング、ファットスプレッド、加工油脂などと書かれていることでしょう。これらの脂が、花粉症を悪化させている可能性が高いです。

マーガリンなど不飽和脂肪酸に対して、花粉症の人の味方的な油が、オメガ3脂肪酸を含むエゴマ油やアマニ油です。

オメガ3には、アレルギーや炎症を抑える力、血液をサラサラにする力、肥満の予防や認知症の予防、不妊症の予防、動脈硬化や心臓病の予防などの働きがあることが次々に報告されています。

冷蔵庫にマーガリンを常備している人は、今日からはエゴマ油やアマニ油、あるいはオリーブオイルに変えてみませんか?

マーガリンと比べるとお値段は少々高くなりますが、健康を買っていると思えば、高い買い物ではないでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

簡単に出来るマグカップスイーツ♪【プリン】の作り方!

プリンを作るのは、面倒な作業が多くて失敗しやすい、難しいスイーツ作りという印象を持っている方は多いですが、マグカップで作るプリンは手間がかからず、料理の苦手な方でも、簡単にプリンを作る事が出来ますので …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「 パントテン酸」

どんなに忙しい朝でも、お味噌汁ならさらっと飲めますので、毎朝飲んでから出かける人も多いようです。 実はお味噌汁には、優れた健康効果があり、毎日1杯程度でも血管の年齢を10歳も若返らせるといわれています …

豚肉ダイエットにおすすめの食材:キムチ

ダイエットをするというと、お野菜中心・こんにゃくや海藻などローカロリーな食材中心の生活を強いられるものと思っている方は多いでしょう。 お肉を食べるとしてもささみや胸肉などの油の少ないパサパサの部分だけ …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【お湯を注いでお茶にする】

スーパーフードとして、一躍注目を浴びたクコの実は、ゴジベリーとも言われます。1cmくらいの細長い赤い実で、通常、乾燥した状態で販売されています。

お米を美味しく炊く裏技:にがりを加える

お米を炊く時ににがりを加えること、このシンプルな方法で白米をおいしくできます。

楽天モーションウィジェット