花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「牛乳」

「花粉症は食べ物で悪化もする」「食べると悪化する食べ物は牛乳」そんな風に耳にすると驚く人は多いでしょう。

牛乳は、昔から健康のために良いという認識が強いですし、身長を伸ばすためにも、骨を丈夫にするためにも良いと信じられてきました。

スポンサーリンク

花粉症は食べ物で悪化もする

食べると悪化する食べ物は牛乳

日本人の腸内というのは、乳製品には強くは出来ていません。乳製品が必要なのは、赤ちゃんの時代のほんのわずかな期間だけで、それ以降の大人になれば、もう乳製品は日本人の体質には全く合わない飲み物です。

タンパク質で良いかと思っても、日本人の体内では消化吸収が良くはないですし、消化酵素の分泌自体も追いつかないので、花粉の時期の症状をより悪化させてしまいます。

子供時代に、学校給食にも必ず登場をしていましたし、それは半ば義務的なものと信じてきましたが、実は学校には給食と一緒に、牛乳を出さないといけない法律はありませんでした。

しかし日本では、ミルクなどの業界の力を大きく反映をして、本当は健康にはよくないミルクを、子供時代から飲ませていたのが現状です。

ミルクは甘くて美味しいですが、時折苦手な子供もいて飲むことができないケースもありますが、それはある意味で幸運です。

幼い頃から、ミルクを日本人に与えることで、骨はどんどん弱くなりますし、体調も驚くほどマイナスに傾きやすくなります。

今までの白いミルクが健康に良いというのは、全くでたらめな情報でした。現代において花粉症を悪化させるだけではなく、骨粗しょう症などの病気にもなる原因は、この白いミルクにあるということを、多くの日本人は知るべき時が来ています。

花粉症の症状を軽減させるためにも

花粉症の人が食べると悪化する食べ物でもある牛乳は、症状をひどくさせないためにも、控えたほうがいい飲み物です。

日本人はもともと、ミルクを飲む習慣はありませんでしたし、飲んでも田舎の方でヤギを飼っていて、ヤギのお乳を飲むくらいでした。

日本でこれほどミルクが飲まれるようになったのは、戦後の占領政策によるもの、つまりアメリカが持ち込んで日本人に広めた飲み物です。アメリカ人は、長いあいだミルクも乳製品も食べて飲んできた人種であり、日本人は玄米や野菜に魚をメインにしていきた人種なので、腸内が全く異なります。

その日本人に、ミルクを与えて腸内が健康であるはずはなく、健康被害は体全身へと広がります。

ミルクをたくさん飲み続けることで、骨粗しょう症を引き起こす要因にもなりえます。ミルクのカルシウムが骨を強くするというのは真実ではなく、骨のカルシウムが溶け出すため、骨はミルクを飲めば飲むほどもろくなります。

ミルクをカルシウム補給のために飲むことは、全く間違った見解です。

カルシウムはミルク以外でもチャージができますし、わかめには7倍ものカルシウムが、ひじきには14倍ものカルシウムが含まれています。骨を丈夫にしたいならば、ひじきやわかめ、小魚などを食べるようにすることです。

小魚をよく食べて、太陽の光に程よく当たり体を動かすこと、するとビタミンDの働きもあって、骨は見る見るうちに丈夫になります。また質の良いタンパク質を食べること、大豆や魚などを適度に頂いて、小魚をおやつには食べるようにすることで、骨は強くなります。

乳タンパクなどのことも理解をしよう

牛乳は、今まで健康飲料と信じられてきました。

では何がいけないのでしょうか?

ミルクは見た目にも白くてシンプルで甘みがあって、悪いところは見られないと感じるでしょう。

乳タンパクが含まれており、これがミルクを飲むことで、人間の腸内に大きな負担をかけるのです。腸内は免疫機能を司る場所であり、そこに負担がかかることで、免疫機能は狂うことになります。

その結果として出てくるのが、アレルギーの症状であって、だから花粉症もそのひとつです。

軽いアレルギーでも辛いですが、ほかにも健康被害は色々と指摘されています。

脳卒中や心臓病の原因になることもあり、これは中高年以降の人であれば、気になるところではあると思います。

脂肪が多いのがミルクという飲み物

血液の中に脂肪が溶け出すことで、悪玉コレステロールに変わります。悪玉コレステロールは、人間の血液をどろどろにします。ドロドロした血液が血管に詰まると、それは脳卒中や心臓病を招くことになります。

脳に近い血管が詰まると、脳卒中を引き起こし、心臓近くの血管が詰まると、心臓病になるということです。

日本人はあまり、歯に関しての価値観を感じていない傾向にありますが、天然の歯の価値をもっと意識することです。

ミルクは、大切な歯を失わせる要因になりますし、虫歯の原因になります。

まず自分の天然歯の価値は、1億円以上であると知りましょう。一度失ったら二度と手にはないらない、ほかでは代替えのきかない貴重なものです。

乳糖も多い飲み物であり、骨を溶かすのでもちろん歯も溶かします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

肌の潤いを保つビタミンB6は【まぐろ】で摂ろう!

ビタミンB6は、牛や鶏などのレバー、ピスタチオやピーナッツなど、さまざまな種類の食材から摂取することができますが、もっとも摂りやすい食材は魚類、特にまぐろです。 ビタミンB6には美肌効果があるため、女 …

忙しい朝にぴったり!パンを使った朝ご飯レシピ

皆さんは毎日朝ご飯を食べていますか? 朝早かったり、忙しい毎日の事なので食べなかったり、簡単に済ませてしまう人も多いでしょう。 そんな時、時間をかけずに食べられるのが「パン」です。 菓子パンや総菜パン …

たるみ・しわの予防になる食品は?

若いころはあまり気になることはないですが、加齢とともに頬がたるんできたと感じるようになりませんか? また、ほうれい線が気になったり、目元や目尻などにしわが目立つようにもなるでしょう。 加齢には勝てない …

大阪府に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

大阪は、江戸時代の頃から「天下の台所」と呼ばれ、全国各地の食材が一気に集まってきた地域です。 そのため、全国的にもユニークな食文化が発達してきました。 したがって、大阪府へ観光に行けば、現地でしか味わ …

高カカオチョコレートの知られざる効果!【脳の栄養「BDNF」を増やす!】

BDNFとは、Brain-Derived Neurotrophic Factorの略称で、日本語では「脳由来神経栄養因子」という訳語が与えられています。わかりやすくいうと、脳の神経の栄養になるタンパク …

楽天モーションウィジェット