【ポスト宮崎駿?】新海誠の経歴と作品について

「君の名は。」で一躍有名になったのは、新海誠監督です。

ポスト宮崎駿監督の呼び声も聞かれますが、今までどのような作品を作っていたのでしょうか。
宮崎駿監督と関係性はあるのでしょうか。

スポンサーリンク

新海誠監督ってどんな人?

経歴

新海誠監督は、1973年2月9日生まれの44歳です。

「新海誠」というのはペンネームのようなもので、本名は新津誠さんといいます。
長野県生まれで、子どもの頃からSFや宇宙に関することが好きだったそうです。一方で、部活動ではバレーボール部の部長を務めるなど活発な面もあり、生徒会活動にも従事していました。

中央大学文学部に進学後、アルバイトとしてゲーム会社・日本ファルコムで働き始め、結局そのまま正社員として就職しました。

ロールプレイングゲームのパッケージ制作を担当し、パソコンゲーム「英雄伝説ガガーブトリロジー」「イースⅡエターナル」などのオープニングを制作しました。
その傍らで、アニメーションを自主制作し、1998年「遠い世界」でeAT’98特別賞、2000年「彼女と彼女の猫」で第12回CGアニメコンテストグランプリを獲得しました。

その後、2001年日本ファルコムを退社し、現在はコミックス・ウェーブ・フィルムに所属しています。

これまでの作品

2002年に監督・脚本・演出・作画・美術・編集などの作業を一人で行った「ほしのこえ」が劇場公開されました。
約25分のフルデジタルアニメーションで、第1回新世紀東京国際アニメフェア21で優秀賞など、多数の賞を受賞しています。

2004年に初の長編作品「雲の向こう、約束の場所」を発表しました。
この作品は、宮崎駿監督作品「ハウルの動く城」を抑え、第59回毎日映画コンクールアニメーション映画賞を受賞しています。このころから、映像と音楽をリンクさせる手法が注目されていきました。

2007年に「秒速5センチメートル」を発表しました。
単館上映でしたが口コミで評判をよび、半年のロングランを記録し、アジア太平洋映画祭アニメーション映画賞を受賞するなど、海外の評価も高まりました。

2008年に中東(ヨルダン・カタール・シリア)で現地クリエイターを対象にしたデジタルアニメーション制作のワークショップを行い、2012年には世界で活躍し「日本」を発信する日本人プロジェクトで選ばれて、内閣府国家戦略室の担当大臣より感謝状を贈られています。

2013年「言の葉の庭」を発表しました。
同時にDVDとブルーレイを先行発売し、大きな話題を呼びました。当時広まり始めたTwitterのつぶやき数ランキングで1位になるなど、時代のうねりをとらえた展開となりました。最終興行収入は推定1.5億円です。

2016年に「君の名は。」を発表。
8月26日公開と、ぎりぎり夏休み期間の初日で動員が懸念されていたが、28日間で動員数774万人となりました。これにより、日本のアニメーション監督として宮崎駿監督に次いで、二人目の興行収入100億円の大台を突破しました。

プロデューサーの川村元気氏によると、公開するまでは「前回(言の葉の庭)が1.5億円ですから、今回(「君の名は。」)は10倍の15億円を目指して頑張りましょう」と励ましていたそうです。
現在では100倍の150億円も突破し、まだまだ記録を更新する勢いです。

CMアニメーションも手掛ける

新海誠監督は、CMアニメーション制作も手掛けています。

よく目にするのは2011年から始まった大成建設のCMです。また、2014年にはZ会のCMも手掛け、話題になりました。

宮崎駿監督は、テレビのアニメーション制作が盛んだったころに活躍の場とされていて、短い時間で制作しなければならないのが大変だったそうです。
いつかゆっくりと時間をかけて、長編を作成したいと思い、たくさんの企画を出していました。

しかし、長編アニメーションを作るにはまず人員の確保から始まり、ビデオやDVDなどのコンテンツもなかったので、興行収入だけで黒字にするのは相当大変だったようです。
そういった宮崎駿監督や高畑勲監督、スタジオジブリの業績があって、アニメーション制作が成り立ちやすい土壌が作られたといえます。

新海誠監督がアニメーションを制作するころにはデジタルツールが普及し、分業しなくてもアニメーションを制作できるようになっていました。
アニメーターたちは、コツコツとデジタルアニメーションを作って業績をあげ、長編制作へとこぎつけています。

アニメの表現方法も、1枚1枚手書きでセル画を描いていた時代とは違い、フルデジタルでできることも広がりました。
また、音楽とアニメーションを合わせることもできやすくなり、表現方法はどんどん広がっています。

新海誠監督は宮崎駿監督の下で、直接指導を受けたことはないようですが、現在活躍しているアニメーターたちは、少なからず影響を受けていますので、宮崎駿監督のあとを継ぐ者の一人といってもいいでしょう。

アニメーションでできる表現方法を常に模索していた宮崎駿監督と、自分の心の中をどうデジタルアニメーションで表現するかを挑戦し続ける新海誠監督、目が離せません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, 映画
-, , ,

関連記事

電子書籍ストア「BOOKSMART」の特徴とおすすめポイント

BOOKSMARTは15万冊を超える様々な電子書籍を扱うサイトです。 おすすめポイントとしては、スマートフォンやパソコンなどの端末であらゆる書籍を柔軟に閲覧可能な点を挙げることができます。 ダウンロー …

人気でチケットが取れないと話題!声優が活躍する朗読劇4選

近年声優による朗読劇の人気は高く、リーディングと呼ばれている演劇のスタイルです。 演劇は舞台にいろいろなセットを設置したり、演者が台詞を暗記して台本を持たないで演技を行いますが、朗読劇はマイクスタンド …

海外ドラマ「フルハウス」が20年ぶりに復活!気になるキャストは?

テレビ番組のジャンルとして、昔から高い人気を誇っているのがドラマです。 そのドラマの中で、日本で作られてきた作品にも、当然面白い作品はたくさんありますが、自分は海外の作品の方が好きだという人もいるでし …

くすっと笑えるおすすめギャグ漫画・コメディ漫画5選

男女問わずくすっと笑える漫画作品を紹介します。

ライブチケットが取れないほど人気のお笑い芸人3選

お笑い芸人さんたちのネタはテレビでも見ることができますが、ライブだけでしか見れないネタもあったりします。 人気でチケットが取れないこともありますが、ぜひ見ていただきたい芸人さんたちを紹介します。

楽天モーションウィジェット