最高の一本と評判の映画「ショーシャンクの空に」の魅力

スティーブンキング原作といえば、今まではホラー映画が定番でした。

ですがこの作品は、ホラーとは違う、切なくて最後に人間が大好きになる、感動映画に仕上がっています。

今回は、その魅力を何点かにまとめてお伝えします。

 

スポンサーリンク

「ショーシャンクの空に」の意味は?

映画作品名となっている「ショーシャンク」。これは、アメリカにある刑務所の名称です。

主に、刑期の長い囚人が懲役についており、脱獄は不可能と言われている劣悪な刑務所です。

そんな刑務所ですから、入った囚人たちは何の希望も、夢も抱くことなく、ただひたすら日々を送っていました。

たまにある仮釈放の面接にさえも、全く心が動かされることがないために、更生したとも評価されず、単調な日々を黙って囚人たちは耐えていました。

モーガン・フリーマン演じる囚人レッドも、またこのショーシャンク刑務所に服役している囚人のひとりで、他の囚人たちと同様に、ただ惰性で日々を過ごしていました。

今日も、明日も同じ日々で、自分は運命を変えることなんてできやしない。できるのはせいぜい、刑務所の中の仕事だけで、外に出るなんて夢のまた夢。

レッドはそう思い、ゆっくりと絶望の日々を送っていました。ある男、アンディが囚人としてやってくるまでは。

ここではまず、ショーシャンクが未来のない刑務所であることと、囚人たちに全く生きる希望がないということが、繰り替えされます。

主人公のアンディは何を変えるか

主人公であるアンディこそが、この映画「ショーシャンクの空に」の魅力を引き立てる役者の一人です。

そしてモーガン・フリーマンの演じる囚人エリスの変化も、映画「ショーシャンクの空に」の魅力のひとつでしょう。

新人としてのアンディは、何故かこの刑務所に入っても希望を捨てないのです。どういうわけか、彼は絶対に外に出てやるという意思がありました。

実は彼は、無実の罪を着せられた囚人だったのです。

小さなハンマーを貸したことから、仲良くなるレッドとアンディ。

アンディは次第に囚人たちに認められ、暴力的な刑務官として知られるハドリーからも、一目置かれる存在となります。

ここにも、映画「ショーシャンクの空に」の魅力があります。

いじめられていたアンディが、次第に仲間を得て、みんなの輪の中に加わっていくようになる姿は、見ていてとてもほっとしたものです。

そしてここでもレッドの控えめな態度と、小さな気遣いの優しさがきらりと光っています。

大げさではない、けれどしっかりとした友情の芽生えが見られるのも、この映画の魅力といえるでしょう。

刑務所の外では生きていけないのか?

アンディは、図書係に服務することになり、50年も服役している老人ブルックスと友達になります。しかしアンディが図書係を命じられたのには、理由がありました。

ショーシャンク刑務所の刑務官と、所長の不正蓄財の隠ぺいのための会計を、アンディに行わせるためです。

アンディはそれを承知し、優秀な会計士として働きます。そしてレッドとともに、ブルックスに仮釈放の申請を受けるように説得します。

ブルックスは「外に出るのは怖い」と拒否しますが、レッドとアンディの強い勧めに負けて、仮釈放されることになりました。

しかし、老ブルックスを待っていたのは、絶望でした。彼には家もなく、仕事もありません。

塀の中しか知らずに生きたブルックスは、もう社会にとけこんでいけるほどの力は、残っていませんでした。

ブルックスはアンディとレッドに向けて、感謝の手紙をしたためると、自殺してしまいました。

おそらくこのシーンは、観客の魂をゆさぶるシーンであったことでしょう。老ブルックスは、どうすればよかったのか。

手紙を受け取ったアンディは、「誰にでも希望は必要だ」と言いますが、レッドは冷たく「ここにはそんなもの、必要ない」と言い放ちました。

アンディが最後に見せた「希望」

新たな服役囚トミーと仲良くなったアンディは、恐ろしい事実を聞かされます。なんとトミーは、アンディの事件の真犯人を知っているというのです。

アンディは早速再審を求め、所長に強く迫ります。しかし不正経理を知っているアンディを、所長は手放すわけにはいきません。

アンディを懲罰房に入れ、真犯人を知っているトミーを射殺してしまいます。

さすがに絶望したと思われるアンディは、ふさぎがちになり、レッドらは彼が自殺するのではと心配します。

ところが、ある朝点呼を取ってみると、アンディから返事がありません。 アンディは、脱走したのです。

レッドからもらったあの小さいハンマーで、彼はずっと壁に穴を掘り続けていたのです。

そしてその穴には、人気女優のポスターを貼っておき、誰の目にもわからないようにしていたのでした。

嵐の中、外に出たアンディは、強い雨を浴びながら自由を感じとり、涙します。このとき、観客も同時に涙するのです。

希望は捨ててはいけないと、あれほど強く言っていたアンディは結局、最後まで希望を捨ててはいませんでした。

その情景が、この映画の最も感動する名シーンとなっています。

その後

レッドはその後、自らも希望を抱き仮釈放となります。そしてアンディとの約束の地に向かうところで、映画の幕が下ります。

映画「ショーシャンクの空に」は、全く希望を抱くことができない状況でも、希望を抱くことの大切さ、強さを描いているところに集約されています。

たとえ嵐の中であっても、希望があればいつかは自由を感じとることができるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-,

関連記事

家族3世代で楽しめる!漫画を題材にした歌舞伎が人気の理由

歌舞伎は日本の伝統芸能で覚えておくと役立ちますが、楽しむためには知識も必要で、子どもにとっては題材が難しいと敬遠気味です。 ただ最近は漫画を題材にした演目があり、家族3世代で楽しめると人気となってます …

アイドルからアーティストへなったと感じる女性歌手

最近ではアイドルという言葉が巷に氾濫しているような状態で、なかなかアーティストといえるような人が出にくくなっているといえるかもしれません。 ちょっとかわいいと、すぐにアイドルとしてちやほやとされるよう …

ネットで見かける鳥肌が立つほど怖い話

ふと怖い話を聞いてみたくなった時、ネットには怖い話で溢れています。 そのジャンルは様々で、実際に起こった事件や事故もあれば、フィクションなのかノンフィクションなのかさえ曖昧模糊とした話や、鳥肌の立つよ …

刑事ドラマが年代問わず人気の理由とは?

日本では現在、ドラマは医療ものか刑事ものだとさえ言われる時代になりました。 特に刑事ものは1シーズンに必ず1シリーズは作られるほどの人気ぶりです。 長い期間に亘ってずっと続編が作り続けられているシリー …

放送していたらつい見てしまう音楽番組3選

最近は音楽番組が少なくなっていますが、現在も続いていてついつい見てしまう番組を紹介します。

楽天モーションウィジェット