甲子園を目指して!甲子園で観戦するには?

春や夏の高校野球を現地、甲子園で観戦したいという人が多くいます。
いつも同じ場所を陣取るために、開催中はテントで生活し、毎日並ぶ人もいるなど、高校野球を見るためにまさに汗を流しているというのが現状です。

もちろん、そこまでではなくても、選手を応援したい、子供に高校野球を見せてあげたい、地元の高校を甲子園で応援したいという人もいます。
これから初めて甲子園で高校野球を見るという人は、事前にその情報を仕入れておくことが求められます。

スポンサーリンク

高校野球をもっと楽しむ!

甲子園で観戦するにはチケットが必要

高校野球を甲子園で見る場合、当然ながらチケットを購入して観戦することになります。
料金の区分は4つしかなく、ざっくりとした区分けにしかなっていません。

1番高いのが中央特別自由席、その次が一塁側三塁側の特別自由席、高校の関係者などが入るアルプス席、そして、外野席です。

1番高い中央特別自由席でも2000円となっており、一塁側三塁側の特別自由席は大人が1500円、子供が600円、アルプス席は600円、外野席は無料となっています。
つまり、外野席であれば、無料で高校野球の試合を見ることができるということです。

チケットの販売場所は、甲子園の入場券販売窓口となっており、甲子園の開門と同じタイミングで発売開始となります。
1人5枚まで購入可能であり、最大4試合見ることができます。

1試合目が降雨ノーゲームなどにならない限り、1試合でも成立してしまえば払い戻しにはなりませんが、ハイレベルな試合を、1試合見られるだけでも大変お得です。
前売り券としては、大会すべての日程を見ることができるものなどが出ています。

甲子園で高校野球を観戦する際の席別の楽しみ方

席の区分は4種類ありますが、中央特別自由席はバックネット側の席であり、バックネット席にも以前は座ることができました。

しかし、現在はその席を少年野球の子供たちに開放するようになり、ユニフォームを見た子供たちの姿をテレビで見ることができます。

雨が降ったとしても、屋根がかぶっているため雨に濡れることもありません。
金属バットに当たった音、ベンチからの声援などを感じ取ることができ、臨場感を味わうことができるため、じっくり野球を見たいという人にはおすすめです。

一塁側三塁側の特別自由席は、一般の人が一番多い席となっています。
アルプス席は関係者が多いため、応援を強いられる場合もあります。

そのため、ゆっくりお酒を飲みながら観戦するということが、アルプス席だとにしにくいのが現状です。
そうしたことから、一塁側三塁側の特別自由席の方がゆっくりと試合を見ることができます。

声援を送りたいなどの時はアルプス席がおすすめです。
ベンチにも入れなかった野球部員、高校の関係者などが大挙としているため、居心地の悪さがあるのも確かであり、落ち着いて観戦したい人にはやや不向きです。

最後に外野席ですが、お酒を飲みながらのんびりしている地元の人が多くなっています。
屈指の好カードだと、外野席までいっぱいになりますが、あまり注目度の高くない試合だと外野席はガラガラであり、ほかの席にも余裕があります。

わざわざ遠くから来て甲子園で高校野球を見たい、見に来たという場合には外野席ではなく、一塁側三塁側の特別自由席や、中央特別自由席での観戦がおすすめです。

甲子園での観戦で注意したいこと

夏の大会は、炎天下の中試合が行われます。
選手はベンチに戻って水分補給などをし、熱中症対策は万全ですが、観客はそのあたりは自分で管理をしなければなりません。

直射日光を避けるために、帽子をかぶることはもちろんのこと、水分補給、熱中症対策ができるものを用意しておく必要があります。
特にお酒を飲む人はすぐに熱中症になってしまうため、細心の注意が必要です。

水筒やカチンカチンに凍らせたペットボトルなどを持参して対策することをおすすめします。

甲子園と言えばかち割り氷が有名であり、それを買って水分補給をするケースもあれば、氷を体に当てて冷やすということも可能です。

いずれにしても、何かしらの水分補給、体を冷やす術は必要となります。
また、名物の食べ物に、甲子園カレーというものがあります。

甲子園カレーといっても普通のカレーですが、多くの人はこれを食べることになります。
一方、防犯対策もしっかりとしておく必要があります。

警備は行き届いており、置き引きなどはそう起きないものですが、それでも気を抜かずにいることが大切です。
特にアルプス席で観戦する場合、試合ごとに大移動があるため、物をなくすなどのことが起きやすいため、注意が必要です。

最後に

甲子園で観戦をする際には、事前の準備が必要であり、近くにお店も多くあるため、そこで買えばいいやと思っている人も結構多く、結局何も準備できなかったということも十分に考えられます。

暑さ対策、熱中症対策をしっかりして、体調を崩すことのないようにすることが求められます。
そして、春の大会も同じような対策をとっていれば間違いはありません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

ストレス解消や気晴らしに最適!バッティングの魅力と効果

現代社会はストレスが多く、イライラしながら生活をしているという人も少なくありません。 ストレス解消は非常に重要なことになるのですが、お金も時間も余裕のない今の時代は、それすらままならなくなってしまうこ …

初心者にぴったりなゲレンデはどこ?

ゲレンデデビューの初心者がスキー場を選ぶ際は、どこのスキー場やゲレンデが良いのか分からないですよね。 今回は初心者の方にぴったりなゲレンデの選び方を紹介します。

地元愛が熱くする!?川崎フロンターレを応援してます!

神奈川県川崎市を本拠地とする、川崎フロンターレ。J1リーグに所属する、プロサッカークラブです。ホームスタジアムは、等々力陸上競技場で、収容人数は約2万7000人になります。 現在はスタジアムの改修工事 …

気軽に挑戦!ボルダリングジム

最近は、ボルダリングを楽しむ事が出来るジムが多数誕生しており、会社帰りのサラリーマンやOLなどが、ボルダリングジムでひと汗かいてから帰宅をする人、飲み会の前に運動をしてから出掛ける人なども多くなってい …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「ウォーターハザード」

ウォーターハザードは、コースの中にある池や川などを指す場所であり、ゴルフ初心者には「池ポチャ」という言葉が耳なじみのある言葉です。

楽天モーションウィジェット