甲子園を目指して!甲子園の栄光の記録から見るあれこれ

高校野球は全国の代表が予選を勝ち上がり、甲子園の舞台で雌雄を決します。
とはいえ、地域によって強いところもあれば、なかなか勝てないようなところがあるのも事実です。

都道府県別で見た高校野球の成績を見ると、春の選抜、夏の高校野球トータルでもっと勝っている都道府県は大阪府です。
2016年終了時点で353勝を挙げており、春夏合わせて21回の優勝を誇ります。

大阪府には甲子園で優勝できそうなチームが何校も存在し、その中で1校しか甲子園に行けません。
そのため、大阪府予選から好カードが多く、お客さんが多くつめかける傾向にあります。

スポンサーリンク

高校野球をもっと楽しむ!

都道府県別で見ていく甲子園での記録

勝率で見ると、通算の最高勝率は神奈川県です。
勝率は6割2分2厘となっており、196勝をマークしています。優勝回数は13回です。神奈川県も甲子園で活躍できるようなチームがいくつも存在し、様々な記録を打ち立ててきました。

大阪府も神奈川県も記念大会では出場枠が2つとなり、地域を2つに分けて代表が決まります。
最初から代表が2つに分かれている東京都は、勝ち星でいえば291勝となっていますが、248敗しており、そこまでいいというものでもありません。

ただ、12回の優勝をしており、夏の高校野球だけに絞ればその勝ち星は第1位です。

勝率だけを見ると、春の選抜大会で勝率6割ちょうどで岐阜県が3位に入っています。
岐阜県は戦前に活躍する機会が多く、ほとんどがその時の記録です。

しかし、最近も活躍するような高校が出始め、岐阜県の高校からプロ野球に入る選手も多いことから、伝統的な県としても有名であるといえます。

個人記録で見ていく甲子園での記録

高校野球は個人が輝く舞台であり、チームのために汗を流す自己犠牲の精神にあふれる場ともなります。

個人記録で見ていくと、春夏通算23勝をマークした選手がいました。
中京商業、現在の中京大中京の選手だった吉田正男さんです。

当時の中京商は、1931年の大会から1933年の大会まで夏の甲子園で3連覇を成し遂げました。
春夏合わせて6回出場し、甲子園での通算記録は23勝3敗となっています。

吉田さんは明治大学に進学し、一度はプロを目指しますが、今と違い、プロ野球への評価は低く、プロ野球選手にならないことを条件に結婚を許させたという経緯もあり、生涯アマチュア野球に携わることになりました。

その吉田さんは、夏の甲子園で14勝をマークしましたが、もう1人14勝を挙げた投手がいます。
それがPL学園の桑田真澄さんです。

当初はそこまでの期待をされておらず、目立たない存在だった桑田さんでしたが、コーチに才能を認められ、高校1年生の時からPL学園のエースとして活躍し、高校1年で見事に全国優勝を経験しました。

2年生は春夏ともに決勝で負けてしまいましたが、3年生の夏の大会は2度目の全国優勝となりました。

吉田さんと桑田さんに共通しているのはいずれも春の大会で優勝経験がなかったということです。
吉田さんも桑田さんも準優勝の経験はあるものの、最後までは勝つことができませんでした。

後にPL学園は春夏連覇を果たすことになりますが、それは桑田さんや清原さんの代が卒業して間もなくに訪れます。いずれにしても、2ケタの勝ち星をマークするのはなかなか大変です。

監督の成績で見ていく甲子園での記録

監督の成績を見ていくと、勝利数で1位は智弁和歌山の高嶋仁監督です。

智弁学園、智弁和歌山の姉妹校で通算34回出場し、63勝をマークし、3回の全国優勝を経験しています。
高嶋さんが智弁学園の監督に就任したのは1972年、26歳の時でした。

智弁和歌山に赴任したのは1980年であり、すぐに甲子園への出場を果たすなど監督しての才能を発揮しました。

しかし、当初は甲子園に出場しても初戦敗退を繰り返しており、目標を甲子園出場に定めていたからということに気づき、甲子園優勝に目標を切り替えると、だんだんと勝てるようになったというのは有名な話です。

勝率が8割を超える監督であり、勝ち星もトップ10に入っているのが大阪桐蔭の西谷浩一監督です。

1998年に大阪桐蔭の監督となった西谷さんは、大阪桐蔭を12回甲子園に導き、そのうち4回も優勝するなど優秀な成績を残しています。

特に2012年は春夏連覇を達成するだけでなく、そのあとに行われた国体でも優勝し、1998年の横浜高校以来となる史上三校目の三冠を達成しました。

西谷さんは1球目から振っていける選手かどうかで打者を判断しており、球界を代表する多くの選手を、1年生の時から起用するなど、才能を見出す力も持っています。

最後に

高校野球は都道府県の意地、誇り、つながりを見ることができるだけでなく、個人の頑張り、監督の采配など様々な面から楽しむことができます。

こうした記録を知ることで、もっと高校野球が楽しくなり、春の選抜、夏の大会などがさらに面白くなることは間違いありません。

そして、新たな偉業が生まれることを期待せずにはいられません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-,

関連記事

初心者にぴったりなゲレンデはどこ?

ゲレンデデビューの初心者がスキー場を選ぶ際は、どこのスキー場やゲレンデが良いのか分からないですよね。 今回は初心者の方にぴったりなゲレンデの選び方を紹介します。

大相撲観戦の流れとマナー

ここ最近、大相撲の人気が戻ってきています。 2016年初場所では、琴奨菊が日本人力士としては10年ぶりとなる優勝を果たし、同年秋場所では、豪栄道も全勝優勝を飾りました。 2017年初場所で優勝した稀勢 …

登山の必需用品リスト一覧

山道を歩いていると、強い日差しに晒されることが多いです。 そのため、日光への対策が重要になります。持ち物のリストに、帽子やサングラスを加えておきましょう。

登山靴の選び方

登山初心者にとって、用具選びはとても重要となってきます。 特に、山道を歩き続けるため、靴選びは慎重に行いたいところです。

アクセス良好!長野県のおすすめスキー場3選

スキーは特に荷物の多いスポーツなので、スキーを楽しむにはゲレンデへのアクセスや宿泊施設へのアクセスが非常に重要になってきます。 今回は長野県でおすすめのスキー場を紹介します。

楽天モーションウィジェット