いつものコーデにオンするだけでおしゃれになるアイテム:ハイヒール

ここ数年は、男女問わず空前のスニーカーブームです。カジュアルなコーディネートにはもちろん、キレイめなワンピースやスカートスタイルにもスニーカーを合わせている人が多いです。しかし、やはりスニーカーはヒールがないのでスタイルアップすることはできません。いつものコーディネートを一気に女性らしく、スタイルを良く見せるにはやっぱりハイヒールが必須アイテムです。

スポンサーリンク

スニーカーブームでもハイヒールがやっぱり素敵

一番スタイルが良く見えるヒールの高さは、6センチから9センチ程度ですが、履きこなせる高さのもので問題ありません。
最近のブームで、何にでもコンバースやアディダスのスニーカーを履いているという女性も多いですが、たまにハイヒールをはくとかなり違った雰囲気になります。

ひざ下が何センチか伸びるだけでかなり足が長く見えますし、それによって大人っぽく素敵に見えます。どれだけ素敵なお洋服を着ていても、スタイルがあまり良くないと台無しになってしまうこともあるので、特にシンプルなお洋服を着こなすときにはヒールのあるシューズがおすすめです。

綺麗めなコーディネートにはもちろん、カジュアルなカットソーやパーカーなどのアイテムを着るときにもハイヒールを合わせると一気におしゃれになります。
例えばディーゼルや55DSLなどのスポーティなブランドでは、カジュアルなアイテムに高めのヒールを合わせるスタイルが多いです。服だけだとお休みっぽくなりすぎますが、ヒールがあるだけで一気におしゃれでこなれたコーディネートに見えます。
足にコンプレックスがある人にもかなりカバーすることが出来ます。

デートスタイルにはハイヒールがぴったり

女性が気合を入れる日といえば、気になる男性とデートする時ですが、やはりデートスタイルにもヒールは必須です。

ヒールのあるシューズは女性の特権ですので、きれいなお姉さんというイメージも強く男性も好きな人が多いです。定番のスタイルとしては、シンプルなニットにフレアスカート、プレーンパンプスに小さめのバッグというのが男性ウケするコーディネートではないでしょうか。
この服装でヒールがないシューズだとあまりお出かけ感は出ませんので、おしゃれ感を出すためにハイヒールは欠かせません。

ただし、あまり歩けないと男性側も困ってしまうので自分が履きなれている歩きやすいヒールを履くようにしましょう。
歩きやすさでいうと、Tストラップのついているものやクッションがついているものがおすすめです。いくらデザインが可愛くても歩けないと意味がないですし、履かなくなってしまいますので歩きやすくてかわいいパンプスを探しましょう。

ハイヒールは、ストッキングとあわせるのもいいですがソックスやタイツと合わせるのもおすすめです。
色の組み合わせで個性を出しつつ、足元のスタイルを楽しみましょう。やはり、男性は昔ながらのヒールをかつかつ言わせながら登場する、きれいなお姉さんに弱いです。
かわいい系の女性ももちろん人気がありますが、自分では手が届かなさそうな高嶺の花という存在を演出するにはハイヒールは必須です。脱いだ時に少し身長が低くなるというギャップも、男性によってはとても好きな人もいるようです。
デートは絶対にヒールのある靴を履くようにしましょう。

オンスタイルにもヒールをはきこなそう

オフの日におしゃれをするためにヒールを履くのはもちろん、お仕事の日にも履きこなしているととても素敵ですよね。
お仕事の日は、内勤の人であればスリッパのような靴を履いたり、外回りの人はたくさん歩くのでぺたんこの靴をはきがちです。内勤の人は行きかえりにハイヒールを履けば気分転換になりますし、お仕事後の予定を楽しむことが出来ます。
予定がある日用に、ハイヒールをロッカーなどに置いておくのもいいですね。一気に女子力がぐっと上がりそうです。

外回りの人は歩きやすい、3~6センチぐらいの低めのヒールを履くのがおすすめです。履きなれてくると、ヒールがないぺたんこシューズよりも歩きやすく足に馴染んできます。スーツにはヒールがないくつを履くと、かなりのっぺりとした印象になりますので、ストラップがついている等の履きやすいものを何足か揃えておきましょう。
ごまかしがきかない服装ですので、靴にはしっかり気を使って綺麗な状態を保ちましょう。

ハイヒールを履くだけでしゃんとした気分になりますし、仕事が出来る女性に見せることが出来ます。特に営業の仕事をしている人は見た目もかなり重要ですので、ヒールでしっかりスタイルアップするのがおすすめです。

最後に

なかなか歩きやすいシューズを見つけられない人は、マルイのらくちんパンプスシリーズがおすすめです。
あまり凝ったデザインのものはありませんが、足に悩みを抱えている人でもさくさく歩けるような靴がそろっています。お仕事の日にたくさん歩くというシーンでも、それ以外のどんなシーンでも大活躍するのでとてもおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, ,

関連記事

プリーツスカートは「デニムジャケット」と合わせる

落ち着いた雰囲気のあるプリーツスカートは、デニムジャケットをプラスするとカジュアルな中にも、女性らしさのあるコーディネートになります。 デニムジャケットというと、Gジャンを思い浮かべるかもしれませんが …

飽きないコートの着回し術:セパレートタイプは服に合わせてノースリーブに

コートを使った着回し術として、2wayで着こなせるデザインのものを選ぶという方法があります。 1枚で着るとコート、ジャケット部分を取り外すと、ノースリーブのロングジレとして着こなせるセパレートタイプな …

飽きないコートの着回し術:ショート丈はブルゾン感覚出来る

防寒アイテムで欠かせないのがコートですが、毎日着ているとマンネリになってしまい、着こなし方がわからないという方は、ショート丈のコートの場合は、ブルゾン感覚で着用するとカジュアルにもスタイリッシュにも着 …

飽きないコートの着回し術:デニム素材のトレンチでカジュアルに

春といえばトレンチコート。 ベージュやネイビーのトレンチも可愛いけれど、デニム素材を選んでいつもとちょっと違う、春のトレンチファッションを楽しんじゃいましょう。

オシャレ度がぐっと上がる冬のコーデ法:小物とアウターの色を統一

ベージュやライトグレーのアウターは、女らしさと上品さが引き立つ優れもの。 どうしてもダークカラーになりがちな冬のコーデだけど、明るい色を着ることで華やぎが出て、女子力UPは間違いなしなのですが、それを …

楽天モーションウィジェット