ダンスを始めよう!趣味に出来るダンス「フラメンコダンス」

フラメンコダンスは踊り手と、カンテと言われる歌とギターや、カホンという打楽器で繰り広げられます。

独特の12拍子のリズムで、日本人には馴染みにくいかもしれませんが、今でもフラメンコダンスは人気の踊りです。

スポンサーリンク

フラメンコダンスを始めてみよう

バレエやジャズダンスのように、足を高く上げたり身体の柔らかさや瞬発力を必要としないために、趣味の習い事として人気です。まずは、カルチャーから始めてもいいですし、フラメンコダンス教室では見学をさせてくれますので、一度どんなレッスンをしているのか見てみるのも、おすすめです。

そのとき、体験できる教室もあるので、聞いてみましょう。持ち物とかも聞いてみてもいいでしょう。体の線がわかるフィットしたシャツや、くるぶし丈のスカートを用意しておけば良いでしょう。

ヒール5センチ程度の靴も、用意しておいたほうがいい場合もあります。そのときの先生によって違いますので、聞いてみることをおすすめします。

年齢を問わずにできるフラメンコダンスですので、是非趣味のひとつのダンスとしてやってみてはいかがでしょうか。

初心者では、まずは姿勢。そして手の動きや靴の鳴らし方を学びます。日常では使わない筋肉だったりするので、最初は手を回すだけでも筋肉通になったりしますが、やればやるだけ確実に上達しますので、頑張ってやりたいところです。

姿勢も意識していないとすぐに戻ってしまうので、日々日常で気にすることが大事です。鏡やガラスに自分の姿が映ったら、その都度チェックです。姿勢が変わればやる気も出てきますし、振りのある踊りに入ったときに、苦労することがなくなります。

フラメンコダンスを趣味にしよう

社交ダンスも人気がありますが、社交ダンスとなると相手が必要になります。フラメンコダンスだと、相手と踊る場合がありますが一人で踊れますので、趣味にしやすいところもあります。

ただ、奥が深い踊りなので、趣味でやるつもりがどんどん本気になっていく程魅力のあるのが、フラメンコです。教室では発表会もあったりしますので、衣装を揃えたりメイクを考えたりと、楽しくなるのは間違いないです。

フリルたっぷりのスカートや水玉模様のスカート、大ぶりのイヤリングなど、非日常を味わえます。練習は、非日常ではなく日々の積み重ねによるものですが、それもまた楽しいところです。

お風呂の中で手を回してみたり、散歩の途中や信号待ちで足の運びの練習をしてみたりと、日々の中にフラメンコダンスが入ってきて、毎日がスペイン気分です。DVDや本などで勉強したりと、なかなかフラメンコという動きになれないかもしれませんが、少しずつでもやっていれば上達します。

モチベーションを上げる為に、レッスン着もフラメンコ用のものがありますので、購入してみても楽しいかもしれませんね。まずは、日々姿勢を気をつけて過ごすことをおすすめします。

頭のてっぺんから引っ張られている感じを保ちながら、肩を下げて胃は上へ、お尻は閉めてと大変ですが、毎日鏡をみて立ってみることが大事です。その姿勢のまま腕を前に出して回してみたりと、地味な練習ですがきっと姿勢も美しくなっています。

振り付けに入ったときに、その努力は報われるので、また楽しくなると思います。フラメンコダンスは、馴染みがないようにみえますが日本人に合う踊りだと思います。

フラメンコダンスをルーツを知ろう

フラメンコダンスを学びながら、ルーツを知るのも楽しくなります。スペイン語ではヒターナ、もしくは、ヒターノと言いますが、放浪と民ジプシーと呼ばれる人たちが、スペインのアンダルシア地方の音楽をアレンジをして作り上げた音楽です。

ジプシーの人たちは、偏見や多くの苦しさを味わいそれを歌(カンテ)に自分達の困難や歴史を歌い、哀愁のある歌やギターが魅力の一つです。嘆くだけだではなく、強さもあるジプシー達の踊りは、心を打たれるものがあります。

靴を鳴らす事をサパティアートと言いますが、これもまた魅力的です。その情熱的な踊りにふさわしい衣装も見どころです。そんなルーツを感じながら踊るのも、素敵です。

発表会はどんな衣装にするのか、何色にするのか、イヤリング色、大きさもたくさんあります。フラメンコ独特のペイネタという髪飾りがありますが、それも派手な色で可愛いのです。

イヤリングとコーディネイトしても楽しいですね。最近では衣装の雰囲気も変わってきていて、シンプルなものも流行っています。でもやっぱり派手にいきたいですね。

曲や歌に合わせて、暗い衣装を選ぶ場合がありますが、まずは派手なフラメンコらしいものを選びたいですね。そんな夢をみながら、習ってみることをおすすめします。

夢ではなく、一年後にはもう発表会の舞台です。趣味とは言わないでずっと続けられるフラメンコダンスだとおもいます。 教室によっては、スタイルや月謝が変わってきますので、遠慮しないで聞いてみることをおすすめします。

初心者コース、中級者コースなど分けてあるクラスがありますので、先生に相談してみることおおすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-, ,

関連記事

女性が思わず惚れる!映画鑑賞が趣味だとモテる理由は?

映画鑑賞が趣味だと間違いなくモテます。 それは映画には英知が詰まっており、見る者を圧倒するだけではなく、様々な知識を身に着ける事が可能だからです。 人に感動を与える名作も数多く、見た事のある女性と心を …

婚活中におすすめ!ボウリングが趣味だと出会いが広がる

ボウリングは誰もが手軽に始めることができる趣味でありながら、大変奥が深く、うまい人は自分のボールや靴、手に付けるグルーブなどを用意するなど本格的です。 ボウリングを趣味とした場合、婚活に活かすことがで …

何かを作ろう!クリエイティブな趣味:WEB制作

ホームページ制作って難しそうと思っていませんか? 簡単にできるツールから本格的な作り方まで紹介します。

トライしやすい今から始める趣味におすすめ:一人旅

趣味というと色々ありますが、自分が時間を忘れるぐらい没頭できるもの、大好きなもの、ライフワークにしたいと思うものなど、実に様々です。 ストレスに溢れる忙しい生活を送っている人の中には趣味にかける時間な …

ハンドメイド販売するなら「tetote」でこだわりのお店始めよう!

手作り品の通販サイトを探しているなら、tetoteがおすすめです。ハンドメイドの作品を、アーティストが販売しているので完全オリジナル、世界にひとつだけのアイテムが購入できます。 アーティストにとっては …

楽天モーションウィジェット