世のため人のため役立つ!法律に関する資格「法学検定試験」

法学部の学生であっても、法律に関する資格試験を受けるなどして、自分の今の法知識を確認するという方法がありますが、それだけではどうしても勉強時間がかなり必要であったり、またはそれらの試験に合格しなければ、自分の法律に関する知識がきちんと身についていないのではないかと考えてしまいます。

また、すべての人において、法関係の試験を受けなければならないとなると、大変な労力と時間を要することになります。

スポンサーリンク

法学部以外でも法律の知識を確認できる試験

法学部以外の方でも、法律に興味を持って勉強するものの、それが実際どれぐらいで自分に実力がついているのかということはわからないのも事実です。

何か、客観的に自分の実力を測ることができれば良いのにと、考えている人も多いに違いありません。そこで、最も客観的に自分の実力を測ることができる試験として、法学検定試験があります。

法学検定試験を受けることにより、今自分がどれぐらいのレベルなのか、どれぐらい知識があるのか、どのように法解釈をしていくのかについて、今の自分のレベルを知ることができるのです。

これならば、大学にいる場合、学年ごとに今の自分の実力をチェックすることができますし、前期や後期テスト前に、知識を確認することも出来ます。また、法学部に通っていない方でも、自分の法律の勉強の仕方が間違っていないんだということを、再確認することができるはずです。

また、社会人になって法律の勉強を改めてしようと思ったり、もう一度法知識を見直そうと思った場合でも、この資格試験が非常に効果を発揮するといえるでしょう。

法学検定試験は誰もが受験でき、自分の今の実力を客観的に評価される試験だといえるのです。

資格試験として法知識を確認できる唯一の試験

法学検定試験は、一つの試験だけではありません。三つのコースにわかれているのです。自分が今どの段階かわからなかったり、もしくは法律の勉強を始めてまだ浅い場合は、ベーシックつまり基礎コースを受けると良いでしょう。

また、ある程度勉強が進んできた方や法知識を持っているけれども、久しぶりに確認したいと思っている方は、スタンダードコースつまり中級コースを受けると良いのではないでしょうか。

さらには、もっと法律の知識を発展的に見ていきたい、さらには専門的知識や応用力がしっかりとついているかどうかを確認したいという場合は、アドバンストコースつまり上級コースを受けてみるといいかもしれません。

法学部の方なら、卒業間近になってきた場合に、自分の今の法知識がどれぐらいついているのかということを確認し、企業などの就職試験を受けるという意味でも、この資格をもっていればかなり自信を持てると思います。

また、就職する場所によっては、法の実務を担当することもありますので、そういった時は自分の法学の実力を証明するという意味でも、この資格試験を受けると良いのではないかと思います。

つまり、アドバンストコースの場合は、かなり上級レベルでもあり、高度なレベルでもあり、専門家レベルに達していますので、人事の方やもしくは試験の面接の時にもアピールすることができますし、客観的に自分の実力が身についているということが、確認できるのも大きな特徴だといえるでしょう。

このように、資格試験として法知識を確認できる試験としては唯一の試験ですので、受けてみる価値はあります。

法的な解釈が出来るようになります

では、この法学検定試験がなぜここまで客観的に評価できるのか、また周りから高評価を受けるのかということについて説明していきます。

この法学検定試験には、委員会が存在します。この組織が立ち上がり、その中で問題が作成されているのです。つまりその委員会は、日本を代表する法学の研究者たちでしっかりと組織とされ、その中で、法学の各分野の非常にレベルの高い研究者たちが、この検定試験の問題を作っているのです。

ですので、かなり質の高い問題を受けることにより、受験生が日頃の実力を確認するのもさることながら、さらに研鑽してレベルアップをし、法知識を再確認するだけでなく、上の級へとステップアップするという意味でも、法学検定のうける意味があるわけです。

また社会人として就職してからもその中で、いろいろな社会の中のトラブルに巻き込まれることもありますし、自分が法を知らなかったがために弱者になってしまうということもあるでしょう。法知識を持っていないから、仕方なく泣き寝入りになったという事も少なくありません。

ですので、法律の知識を今まで持っていなかったものが、積極的に法律を勉強し、それをしっかりと身につけるためにも、この試験を受ける意味があるといえるでしょう。

がんばれば、法の知識が付くのもそうなのですが、法解釈など専門的な考え方をすることにより、相手を説得させたり、相手に論理的に説明することができますし、その考え方ができるので、有利な立場に立つこともできるでしょう。

たかが資格試験と思うかもしれませんが、この試験で客観的に自分を見つめ直すという意味でも、素晴らしい試験であるということが言えるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

関連記事

「会計ソフト実務能力試験」に代わる資格とは

次々に、新しい資格が生まれる現代では、残念ながら廃止になってしまう資格もあります。 その一つが、会計ソフト実務能力試験です。

就活で持っていたい資格「MOS」のアピールできるポイント

就活においては、少しでも他の人よりも優れた評価を得るために、アピールすべき事は全てアピールしたいと考えるのが一般的です。 そのような、自分に付加価値をつけるための方法として資格取得がありますが、広く様 …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「語彙・読解力検定」

会話をする際に理解力があると、会話がスムーズになり、コミュニケーションも潤滑になります。では、理解力をどのようにつけるかですが、そもそも言葉を知ることが大事であり、語彙力を身につけることが求められます …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「メンタルヘルス・マネジメント検定」

今の時代、ストレスを抱えていない人はいません。誰もが人間関係や仕事、家庭のことで悩みながら生活しています。 仕事や生活のストレスがたまると、心のバランスが崩れて、そのうちにうつ病などを発症してしまうこ …

パラリーガルの仕事に就きたい人におすすめの資格

パラリーガルの仕事では、法律関係の業務をアシストすることが、役目となってきますので、それらについての知識は、持っておいたほうが良いでしょう。 また、パラリーガルとしての能力自体を問う試験もあり、そちら …

楽天モーションウィジェット