保険事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

保険は、いつの時代も高い需要を持っている商品です。そのため、保険事務の求人募集は、様々なところで見かけます。

信用性も高い職業であり、なおかつ時給も高めに設定されていることも多く、お勧めの職種の1つと言えます。

スポンサーリンク

保険事務は生保事務と損保事務に分かれる

保険事務とは、保険の全般に関する事務という意味の職業なので、その保険の内容によって少し異なることもあります。

生命保険に関する事務を生保事務、損害保険に関する事務を損保事務と呼んでいます。

生保事務では、生命に関わる保険商品を取り扱い、損保事務では物に関する保険商品を取り扱うのが特徴です。

保険会社にもよりますが、事務として行う内容には大きな差はありません。ただし、待遇の面では、多少の違いが見受けられるケースもあります。

大手派遣会社では、約半数が保険事務の経験を求人条件に挙げています。逆に言えば、約半数の企業では未経験であっても働くことができるということです。

この経験には生保事務、損保事務といった分類はないので、生保事務の経験がある方が、損保事務の仕事に就くこともあれば、その逆もあります。

生保事務であっても、損保事務であっても仕事内容に大きな差はなく、どちらも保険事務の経験としてカウントされます。

特にこだわりがなければ、生命保険を扱うか、損害保険を扱うかといったことは、意識する必要がないと言えます。

支店や営業所で働く場合

保険事務には、支店や営業所で働く場合と事務センターで働く場合の、2パターンの働き方があります。

一般的には、支店や営業所の方がたくさんの人出が必要になるので、求人募集も比較的多くなっています。

支店や営業所で働く際の、主な業務の1つが営業サポートです。これは、営業担当者が新規で契約した顧客情報などを、パソコンで打ち込む業務です。

未経験でも行いやすい業務であり、大手の場合は、専用のフォーマットを用意してくれているケースも多いです。

顧客に関わる重大な内容を含んでいますが、基本的に上司によるチェック体制が整えられているので、万が一の誤入力の際にもしっかりと修正されます。

保険会社では、電子的なデータだけでなく、紙媒体も厳重に保管されており、その管理も保険事務の仕事に含まれています。

顧客に対して、書類の発送を行う業務もあります。こちらは、発送の手続きを終えてしまった後に修正することが難しいので、他の業務以上に注意深く行わなければなりません。

内容はもちろん、顧客の住所を間違えないことが、最大の注意点になります。

事務センターで働く場合

全ての保険会社が、事務センターを有しているわけではありませんが、大手の場合は事務センターを、郊外に用意しているケースがあります。

事務センターでは、郵送手続きを行っており、各支店や顧客から直接的に送られてくる書類を、処理していきます。

保険金の支払いは、かなり厳格な仕組みとなっていて、不備がある場合は、保険金を支払えないようになっています。

不備を発見した場合は、すぐに顧客に対して連絡をする必要があります。特に多いのが、生年月日の記入欄のミスです。

日付を間違えてしまったり、01と入力すべきところを、1と入力してしまったりといったミスなどを、確実に見つけることが大切です。

逆に不備がないにも関わらず、不備と判断してしまわないように、注意しておきましょう。

事務センターにも、電話は頻繁にかかってくるので、電話対応もしっかりと行う必要があります。

ただし、事務センターにかかってくる電話は、各支店からのものである可能性が高く、顧客に対する電話対応はそれほど多くありません。

そのため、支店や営業所で働くことに比べると、電話対応が苦手な方でも働きやすいと言えます。

保険事務は未経験でも働ける?

保険事務では、経験を有している方のみを募集しているところもあれば、未経験者を歓迎しているところもあります。

そのため、未経験の方でも求人を探せば、働くことができます。仕事内容は、主にパソコン入力と電話対応が中心であり、保険に関する特別な知識や能力が必要なわけではありません。

それゆえに、未経験者でも働きやすい職種と言えます。

保険でなくても、パソコンの事務などを他の業種で行ったことのある方ならば、比較的スムーズに保険事務の業務をこなせる可能性が高いです。

逆に、保険事務を経験することで、他の職種に転職しても経験を活かせる可能性があります。

支店や営業所で働く場合と、事務センターで働く場合では、その仕事内容に違いがあります。自分に合っているのはどちらかという視点で、慎重に選択することが大切です。

保険会社ごとに、その待遇や業務内容には差があります。従って、口コミなどで評判をチェックしておくこともお勧めです。

業績が順調な保険会社は、待遇の面で優れていることもありますが、必然的に雇用されるかどうかの競争も激しくなります。

最後に

保険事務は未経験者でも働きやすく、将来的に他の事務に就く際にも、経験を得ることができます。

パソコン入力や電話対応などは、慣れれば慣れるほど上達していくので、働こうと考えている方は、早めの決断をお勧めします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-, ,

関連記事

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネスコンプライアンス検定」

21世紀に入り、法令遵守、コンプライアンスの徹底が言われるようになっています。 社員などが不祥事を起こすことで、社会的な信用を失い、会社の経営に大きな影響を及ぼすことから、コンプライアンスの重要性は、 …

航空関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:自家用操縦士(滑空機・飛行船)

自家用操縦士は、飛行船、滑空機などを操縦するために必要な資格であり、航空機にも密接な関係性があります。 航空従事者の資格の中では一番取得しやすい資格としても有名となっており、ぜひとも取得を目指したいと …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:船橋当直3級海技士(航海)

船橋当直3級海技士(航海)とは船舶のブリッジで運航の安全を確保するための資格です。 船舶の甲板の上にあるブリッジは船橋とも呼ばれます。 この資格の有資格者はブリッジで気象状況や視界、周囲の状況や障害物 …

将来的に独立ができる国家資格「建築士」

建築士には、技術を要する学校、病院、映画館などの、複雑・高度な建築物を含むすべての建物の工事・設計業務を行うことができる一級建築士、一定の規模以下の建築物の工事・設計業務を行うことができる二級建築士、 …

趣味で取れる実用的な資格:編物技能検定

いろいろな資格がありますが、編み物にもあります。 編物技能検定です。 ずっと編み物を楽しんでいる人は、自分がどれくらいのレベルなのかを確かめるためにも受験してみるのも良いかもしれません。

楽天モーションウィジェット