始めるなら早い方が良い?子供が乗馬を習うメリット


子どもの教育に力を入れている家庭は、どんなことを学ばせているのでしょうか。

英語やスポーツなどいろいろな習い事がありますので、その中から子供に合うものを選んで習わせるようにしなくてはなりません。

習ったとしても、あまり本人のためになっていないのであればお金の無駄になりますし、子供を成長させられるような子ども教育をしたいものです。

子ども教育をするうえでは乗馬を取り入れてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

子どもの教育と乗馬について

乗馬といえば、お金持ちの習い事と思いがちですが、英会話教室や学習塾と変わらないくらいの料金で習わせてくれるところもありますので、特別に高いというものでもありません。

しかし、どんなものかもわからないのにいきなり入会するのは不安ですので、乗馬体験コースで試してから入会するかを決めてもいいでしょう。

体験コースであれば、特別に何か用意をしなければいけないということもありませんので、初めての人でも挑戦しやすくなります。

馬とのふれあいで心が豊かに

乗馬をするためには、馬と触れ合わなくてはなりません。

まずは子どもが馬に慣れる必要があります。

大きな馬を動物園で見たことがあったとしても、実際に触れてみたことがない子どもはたくさんいます。

最初は大きくて怖いと思うかもしれませんが、徐々に慣れていくものですので、様子を見ながら馬に触れさせてみるといいでしょう。

動物と触れ合うことによって、子ども教育にはとてもいい影響を与えてくれるようになります。

子どもに馬のお世話をさせることによって、心の成長を促すことが出来るからです。

動物と触れ合うことは、学習塾では学べない命の尊さを学ぶこともできますので、心を豊かにしていくことが出来るでしょう。

子どもとしても、自分がお世話をすることによって馬が喜んでいる姿をみれば、お世話をする楽しさを味わうことが出来ますし、馬と触れ合う楽しさを感じることが出来るでしょう。

子どもはうまく馬に乗れる?

しかし、子供に乗馬をさせようと思っても、うまく乗りこなすことが出来るのでしょうか。

小さな体で大きな馬を操るのは難しそうですが、小さな子供が乗りこなせるようになるまでには時間がかかりそうなイメージでしょう。

実際には、子どもは大人よりも早く乗りこなせるようになる子がほとんどです。

大人は乗馬をすれば変に力が入るようになりますが、子どもは素直に馬の動きに合わせることが出来ますので、乗れるかどうかの心配はしなくてもいいでしょう。

一度乗ってみるだけでも上手に乗りこなせる子もいるほどですので、上達はしていくことが出来ます。

乗馬を始めると最初のうちはただ乗って歩くだけになりますが、徐々に軽速歩をしたり、発進や停止をさせることもできるようになります。

これらが出来るようになってくれば、馬との一体感を感じやすくなりますので、さらに子供もやる気を出せるようになってくるでしょう。

それからは駆け足など徐々にできることを増やしていくようにします。

乗馬を始める年齢は?

子ども教育に乗馬を取り入れるのであれば、何歳くらいから始めるといいのでしょうか。

小学生くらいから受け入れてくれるところが多いですので、小学生になったら考えてみてもいいでしょう。

小学生から受け入れてくれるようになっていたとしても、身長制限を設けているところもあります。

馬を操るためにはある程度の身長が必要になりますので、125センチ以上くらいを目安にしているところが多いでしょう。

高校生ともなると、大人よりも立派な体格をしている子供もいます。

乗馬をするためには体重制限もありますので、90キロ以下が目安になりますので、体重が超えている場合には相談をしてみることです。

安全に乗馬をするためにはある程度の目安が必要ですので、事前に確認をしてから申し込んだ方がいいでしょう。

すでに高校生くらいになっていたとしても、そこから始めても遅いことはありません。

乗馬は大人になってから始める人もとても多いですので、高校生であればまだまだ大丈夫です。

学校でいじめに遭って引きこもり気味になっていたり、反抗期になって難しくなってきている子供が、乗馬をすることで心が癒されて、心を開いてくるような場合もあります。

最後に

馬は人々の心に癒しを与えてくれたり、明るさを取り戻させてくれる力を持っていますので、子ども教育には取り入れておきたいものといえます。

子ども教育の中では学習塾や英会話教室に通って、知識を頭に入れていくのも大事なことです。

しかし、そればかりになってしまえば、子どもの心を閉ざすことにつながってしまうかもしれません。

心の逃げ場所がなければ、子どもは行き詰ってしまうことになりますので、心のよりどころを作っておいてあげる必要があるのです。

乗馬をすることによって、心のよりどころにすることが出来るのであれば、他の習い事にも身が入りやすくなります。

辛いことばかりであれば、どんなことに対してもやる気を失ってしまうことになりますが、楽しい習い事があることによって、すべてをいい方向に持っていきやすくなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-スポーツ
-, ,

関連記事

King of swimmer レジェンドを打ち立てた選手 : カレン・ジョーンズ

水泳界には、多くの偉業を達成した選手がいます。 1大会で7個の金メダルを獲得したマークスピッツ選手、2000年代に世界記録を次々と塗り替えたイアンソープ選手、そして歴代最多の金メダルを獲得したマイケル …

野球の基礎知識:走塁に関するルール

野球はホームベース、一塁、二塁、三塁をめぐる競技です。 打者がボールを打って、一塁、二塁、三塁を回ってホームベースまで帰ってくると、一点が入るというシステムです。

サッカーの基本ルール : インプレー

サッカーの起源は、イギリスやイタリアで行われていた町の祭りが起源であり、町中を敵味方に分かれた町中の大人数の男達が、手や足を使って一つのボールを目的地に運んで、その運んだ数が多いほうが勝者という形が、 …

ゴルフの基本知識:ゴルフの基本ルール「ウォーターハザード」

ウォーターハザードは、コースの中にある池や川などを指す場所であり、ゴルフ初心者には「池ポチャ」という言葉が耳なじみのある言葉です。

フィギュアスケートの基礎知識:スケートリンクのサイズについて

フィギュアスケートの国際機関であるISUでは、どれぐらいの大きさでやるべきかというものを決めていますが、これでなければならないと、細かく決まっているわけではありません。

楽天モーションウィジェット