乗馬の道具はとても買えない…レンタルできる?

乗馬の道具にはさまざまな種類がありますが、大きく分けると2つあります。

馬に使用する道具(馬具(ばぐ)と言います)と、乗馬する人が使用する道具があります。

今回はこの2つについて、見てみましょう。

スポンサーリンク

乗馬の必要な道具

馬具(ばぐ)

まず馬具についてですが、これはかなり高価なものが多いのが事実です。

馬の背中に乗せて使用する鞍(くら)というものは、素材が革で出来ているものが主流で、気軽に買えるものではありません。
また、鞍にはいくつかのパーツを合わせて使用します。

鞍がズレないようにするために、幅広の帯を馬のお腹に回して鞍と固定する腹帯(はらおび)、騎乗者が乗り降りする際や乗馬中に安定して乗るために足をかけて使用する鐙(あぶみ)、そして馬の背中が傷つかないようにクッションの役割を果たすゼッケン(布製のもの)などさまざまです。

これら全てが揃わなければ、馬に鞍をつけることができません。

そして、もう1つ必ず必要になるのが頭絡(とうらく)です。
複数のパーツに分かれた革ひもと、金具を組み合わせて作られており、馬の耳と顔に付け、そしてハミと呼ばれる馬の口の中に入れる金属、そして騎乗者と馬を繋ぐ手綱(たづな)で構成されています。

これで馬と騎乗者がコミュニケーションを取り、方向転換や静止などの合図を送るために使用します。

乗馬で大切な馬に使う道具ですが、自分にフィットするものを使用することで、乗馬のしやすさは格段に上がります。
しかし問題になるのは、馬の個体差があり、自分が持っている道具が合わない可能性が大きいことなのです。

そこでほとんどの乗馬クラブでは、クラブが馬の個体差に合わせた道具をレンタルしてくれます。

レンタルの道具を使用することで、初心者や体験乗馬をする人にとっては、いろいろな心配をせずに乗馬を楽しむことができます。

騎乗料金と一緒にレンタル費用も含まれている乗馬クラブもありますし、必要な道具のみを選んでレンタルできる乗馬クラブもありますので、まずは問い合わせしてみることをオススメします。

道具

次に、騎乗者が身につける道具です。
乗馬には大きく分けて2種類のスタイルがあります。

このスタイルによって、馬具も異なりますが、騎乗者が身につける道具もことなります。

ウエスタンスタイル
ひとつはアメリカ発祥の「ウエスタンスタイル」です。

ウエスタンスタイルは、西部劇などでお馴染みのカウボーイを思い浮かべるとイメージしやすいですが、騎乗する際の主な服装はジーンズとシャツなどですので、こちらは自分が持っている服装で構いませんね。

この時に必要なものが、革製のブーツです。
ウエスタンの革製のブーツは刺繍などの装飾を施されているものが多く、少し価格としては高いものです。

ウエスタンスタイルの牧場では、ある程度のサイズに合わせて、レンタルブーツを準備してくれているところもありますので、初心者や体験乗馬の方はレンタルをオススメします。

ブリティッシュスタイル
二つ目はヨーロッパ発祥の「ブリティッシュスタイル」です。

ブリティッシュスタイルの騎乗者が身につける道具ですが、こちらはいくつか必要なものがあります。

まずヘルメット、次にひざ下まであるブーツです。
ウエスタンスタイルには使用していないヘルメットですが、これは安全目的が理由のひとつです。

ウエスタンスタイルとブリティッシュスタイルでは、乗る馬の種類も違っており、ブリティッシュスタイルで乗る馬の主流は「サラブレッド」でもあります。

ウエスタンスタイルよりも、少し敏感に動く馬が多いのが特徴なので、ヘルメットは必須アイテムとなっています。

そして、ひざ下まであるブーツも必須です。
こちらも、鞍や鐙に服装などがひっかからず安全なことと、貴族のスポーツでもあるブリティッシュスタイルの乗馬の身だしなみといったところです。

その他にも、鞭(むち)やグローブなど、必要なアイテムが数点あります。

これらもまた乗馬クラブでレンタルをしてくれます。
ウエスタンスタイル同様に、ある程度のサイズのブーツとヘルメットは準備されています。

ただ、人がかぶったヘルメットは嫌だなという方には、ご自身に合ったヘルメットを購入されることをオススメします。

そして、ブリティッシュスタイルの乗馬クラブの多くは、上半身に着るプロテクターなどをレンタルしてくれるところも多く、安全性のためにも使用することをオススメします。

最後に

初心者や体験乗馬の方は、まだどのくらい乗馬を継続するかも決まっていませんし、道具も一般的なスポーツに比べて決して安いものではありません。

まずはレンタルで何度か乗馬を経験していき、徐々に自分が使いやすい馬具や身につける道具が見えてくると思いますので、そこから初めてどういう鞍があるのか、ブーツの種類があるのかなどを調べて検討することをオススメします。

また、長年乗馬を続けていくと、道具ももっと高度なものが欲しくなることもありますので、初めて道具を買う時は、2年後には買い替える可能性もあることを見越して、選ぶといいかもしれませんね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-, , ,

関連記事

地元愛が熱くする!?北海道コンサドーレ札幌を応援してます!

北海道コンサドーレ札幌は、北海道札幌市をホームタウンとする日本のプロサッカークラブです。クラブの歴史は古く、公式ホームページにあるクラブ情報によれば、1935年に創部されています。 当時のチーム名は、 …

サッカーの基本ルール : プレーヤー

サッカーは、一つのチームにつき、11人以下のプレーヤーで試合を行なうのが基本ルールです。 両方のチームを合計すれば、22人のプレーヤーが、ピッチの上で試合を行います。

プロ野球・不滅の記録は?|シーズン最高打率

日本のプロ野球は、1936年に1リーグ制で始まりました。 プロ野球が発足した当初は、バッターとして高い評価を得られるのは、打率が高い選手でした。 それを表すように、当時はバッターに与えられたタイトルは …

スキー・スノーボード用品はどう選ぶ?

ゲレンデデビューするためには、まずいろいろなアイテムを揃える必要があります。 最初はレンタルしても良いのですが、はっきりってレンタル品のクオリティーはそれほど高くないため、今後もスキーやスノーボードを …

フィギュアスケートのスピンの3つの基本姿勢|キャメル系スピン

フィギュアスケートの、演技のひとつの見せ場であるスピンには、3つの基本姿勢があります。 簡単な順から、アップライト、シット、そしてキャメル系スピンとなります。

楽天モーションウィジェット