初心者のための乗馬入門:乗馬の騎乗レベルとは?


乗馬は、馬に乗りコース内を走ったりノンビリ歩く事を楽しむ趣味になります。
外国では歴史も古く、草原や大地を駆け回って馬と親しむ光景が見られます。

その他、趣味意外では、本格的な競技もあり馬術と呼ばれる大会がいくつかあります。
大会は場内を決められたコースを走り点数を多く上げた人が優勝になります。

スポンサーリンク

身近なスポーツになった乗馬

馬は本来人間が歩く以外の移動手段として利用されてきました。
裕福な家庭では、家畜として育てられ大事な存在でもあります。
近代的な乗り物ができるまで、馬は、利用される用途も多く警備や巡回の足として長く活躍します。

近年は乗馬はスポーツとして多くの人が行い、動物と身近に親しめるなど人気が上昇しています。
外国ではポピュラーな国もあり、クラブや学校も盛んに行われています。
日本では、少しずつ学校や乗馬クラブが設立されていて、技術を習得を目的としたサークル団体も増加傾向にあります。

馬にも個性がある

そんな乗馬は、魅力として人間と近い生き物になり、馬それぞれに個性があります。
馬の表情は豊かで、社交的、人見知り、気性が激しい、温厚などいろんな性格が顔から分かります。
そんな動物の性格を知り、自分の思い通りに走らせる事ができれば、もはや友人や家族の一員です。

乗馬を始めて数か月経てば、馬の性格が大体分かるようになります。
普段から馬のしぐさにも注目すると、前足で地面をかく仕草があります。
この動作は、エサが欲しい時や寝転がりたい時、お腹の調子が優れない時のようです。
また、耳を立てると時は、人の声に注意が向いた時、興味がある時に反応します。

人間の身近なペットとして人気がある種類がありますが、感情表現が豊かで面白い馬はそれ以上と評判です。
クラブなどに通う人は、馬に乗るためという感覚より、友人や恋人に会いに来た感覚になります。
そして、魅力の一つに大きな体があり、初めて見た人は驚くはずです。

身長は人間と比較的近いですが、体重は500キロ前後あるのが普通です。
この大きな体に乗り、土の上を走り回れるようになると、気持ちは良好と言えます。
また、乗馬というのは、人間と動物が共に行える唯一のスポーツになります。

乗馬を始めるには

始めるにあたり、誰でも最初は初心者になり不安も多いようです。
しかし、上級者の人などは、通って2か月ぐらいである程度走れるようになっています。
運動神経の良さは関係なく、いかに馬を愛し指導するスタッフ通りに行えば数回乗るだけで基本的な操作は身に付きます。
スタッフの指導は、親切で初心者でも分かりやすく気さくな人が多いです。動物が好きな人だけに、共通点があるためすぐに仲良くなれます。

通う人の中には、スポーツが得意ではなく、新たな趣味を持ちたい人が多い特徴があります。
平凡な日々を送るより、何か始めてみようと入門してくるケースが多く年齢も様々です。

まず、乗馬に興味がある初心者は、何処で乗るか学ぶかクラブ選びが大事になります。
安全な良い馬に乗れるか、クラブの規模、料金、所クラブの方針や目的などでクラブ選びで、騎乗レベルも違ってきます。
理想のクラブとして、知名度の高さや会員数が多いメジャーな場所が安心です。
有名なクラブやスクールは、保有している馬も多く設備の充実が自慢になります。

しかし、乗馬を行える場所は地域に少ない現状があるため、通勤できる距離にあるクラブでも良いでしょう。
その場合、多くの場所では見学や相談を行っているので、見学をする事をオススメします。

そして、乗馬を行うクラブが決まれば、決められた日に通いレッスンを受けます。
通常の服装などは、ラフで動かしやすい格好で馬に乗るのが基本です。
専門のお店では馬に乗る用の服が販売されているので、1着購入すると便利になります。

乗馬レベルについて

騎乗レベルの最初は、体をほぐすために準備運動を行い、ストレッチを入念にしておきます。
準備運動をキチンとしていないと、落馬した時に、受け身が取れなくなり大きな事故に繋がりやすいです。

次に、馬の乗り下りの指導をスタッフは行うので、よく見て学ぶようにします。
乗り方や降り方は、騎乗レベルが上級者なら簡単ですが、初心者は意外と練習が必要です。
馬は生き物なので、丁寧な乗り降りをマスターする事で上達していきます。

次の騎乗レベルとして、鞍の跨り方と脚と鐙と拍車が挙げられます。
乗馬の基本として、鞍の跨り方が上手くできないと騎上の姿勢の安定ができません。
跨る姿勢がよくないとだ、適正な扶助が出せない、上手く馬を動かせないようです。

また、脚と鐙と拍車も大事な動きなので、スタッフの指導を把握して実行しましょう。
そして乗る事が出来れば、手綱の持ち方を身に付ける事で馬を上手に動かせます。
走る、歩く、止まるなどの行為は、手綱の動作が大きく関わっているので大事です。

さらに初心者が、騎乗レベルをアップするには、馬の上に乗った時の目線があります。
乗馬にとって目線は一番大事らしく、見る所が正しくないと姿勢が悪くなり崩れやすいです。
その後は、騎乗レベルアップを目指し、歩く、速歩や軽速歩、駆け足、襲歩へ少しずつ進む練習を行っていきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-スポーツ
-

関連記事

始めるなら早い方が良い?子供が乗馬を習うメリット

子どもの教育に力を入れている家庭は、どんなことを学ばせているのでしょうか。 英語やスポーツなどいろいろな習い事がありますので、その中から子供に合うものを選んで習わせるようにしなくてはなりません。 習っ …

フィギュアスケートの国際大会を知りたい!オリンピック

フィギュアスケートの国際大会として、最高峰に位置しているのがオリンピックです。 その理由は明らかであり、世界選手権は毎年行われるのに対し、オリンピックは4年に1回であることから、そこでメダルを取ること …

登山に適した人数は?

登山は当然のことながら1人でも可能であり、人数に制限というものはありません。 まして、難易度の低い山であれば大勢で登るということも考えられ、疲れてきた人を鼓舞しながら一緒に山頂を目指すというケースも多 …

プロ野球選手に憧れる!2つのリーグ制について

プロ野球の歴史は、1936年からとなっており、日本職業野球リーグ戦という形で行われました。 最初の甲子園大会は、今の巨人にあたるチームがアメリカ遠征をしていたことから参加できず、東京セネタースが1位と …

水泳の悩み…クロールの息継ぎが出来ない

水泳の4泳法のうち、最もポピュラーなのがクロールです。水泳をはじめたら、まず最初に習得する場合がほとんどで、一応泳げるという程度なら出来る人も多いことでしょう。

楽天モーションウィジェット