ビタミン溶け込むホットジュースはどんな効果があるの?【ホットオレンジジュース】

りんごやオレンジを丸ごと食べるのは、お腹がいっぱいになってなかなか難しいもの。

でもジュースにすれば、たくさんの果物を、簡単に取り入れることができますよね。

ビタミン豊富な新鮮な果物のジュースは、とても身体に良いものですが、残念ながら女性にとって良くない欠点があるのです。それは「身体を冷やしてしまう」ということです。

スポンサーリンク

ホットジュースの効果

知らなかった! ジュースは身体を冷やします

冷えが、女性にとって大敵であることは、周知の事実ですよね。

薄着をしない、アイスクリームなどはほどほどにするなど、常に注意をしていても、身体に良いジュースとなると、特に意識せず冷たいままで飲んでいたという人も、多いのではないでしょうか。

でも、ビタミンたっぷりのジュース、全く飲まなくなるのはもったいない!そこでご提案するのが「ホットジュース」、つまり温かいジュースです。

ホット、と言っても熱々ではありません。火傷を気にせず飲める程度、体温よりやや高いくらいの、40度~50度くらいがおすすめです。

むしろこれ以上温度を上げていまうと、せっかくのビタミンが、熱によって失われてしまうので、温め過ぎは厳禁です。 特に、オレンジにたっぷり含まれるビタミンCは、熱にとても弱いので注意が必要です。

ジュースは、温めると酸味が強まり甘みが弱くなるという特徴がありますが、そんな場合は、はちみつをプラスするのがおすすめです。ふつうのお砂糖を加えるよりずっと健康的ですし、フルーツとはちみつの相性は抜群です。

温め方はお好みですが、お鍋で温めると、ついつい温め過ぎになりがちなので、電子レンジでの加熱がおすすめです。

寒い季節、ホットジュースでビタミンをたっぷり補給し、お肌はピカピカ、風邪知らずの毎日を過ごしましょう。

ホットジュースにするならオレンジがおすすめ

ありふれた果物のオレンジですが、その割に「よく食べる」という人は、少ないのではないでしょうか?

手で簡単にむける温州みかんと違って、分厚い皮につつまれているオレンジ。また中の皮は、固くて食べきれないので、ひとつひとつむいて食べるのも一苦労で、その辺りがイマイチ食べにくい果物と言えそうですね。

でもオレンジは、とっても栄養があるんですよ。一日に2個食べると、医者いらずとも言われるほど栄養価に優れた温州みかんですが、オレンジはその温州みかんよりもビタミンC、食物繊維、葉酸、カルシウムの含有量が上回っているのです。

こんなに栄養たっぷりのオレンジ、美容と健康のためにも、食べないわけにはいきませんね。でも毎日のことだから、出来るだけ簡単に取り入れたいもの、そこでホットジュースの出番です。

スロージューサーなどをお持ちの場合は、皮ごとすりつぶすことができますので簡単ですが、ジューサーは持っていないという人には、昔ながらの柑橘しぼり器でも大丈夫。100円均一で簡単に手に入りますし、コンパクトで場所も取りません。

ナイフで上下半分にカットして、回すようにしぼるだけ、一つ一つ皮をむいたりする必要はないのでとっても簡単です。しぼる部分と受け皿が別になっているものなら、ジュースだけを分けることができるのでおすすめです。

これなら、オレンジを手軽に毎日の食卓に上げることができますよね。

最後に、オレンジに含まれるビタミンCなどの栄養素は、空気にふれるとどんどん酸化してしまいます。作り置きなどはしないで、しぼったら間を置かずにすぐに飲むのがベストです。

市販のジュースでは絶対に味わうことの出来ない、醍醐味ですね。自家製ホットジュースでオレンジの栄養を目いっぱい取り入れましょう!

ホットオレンジジュースの美味しいアレンジ

いくら身体に良くても、毎日飲み続けていれば、だんだん飽きてきてしまうもの。そこで、毎日でも飽きずに続けられる、ホットオレンジジュースのアレンジをお伝えします。

まずは、はちみつとレモンをプラス。

果物とはちみつの相性の良さは、前にお伝えしましたが、これにレモンを加えると「スペシャルはちみつレモン」となり、美味しさも栄養も更にパワーアップします。

オレンジとレモンは、同じ柑橘系なので味の部分でもなじみやすく、ビタミンは更に増えるので、特に風邪気味の時には最強の飲み物と言えそうです。

次におすすめするのは、しょうがをプラスすること。

オレンジとしょうが、何だか不思議な組み合わせですが、しょうが=ジンジャーは、お菓子風味を良くする素材として良く使われています。ですので、同じくお菓子作りの定番フルーツ、オレンジとは安心の組み合わせと言えますね。

しょうがも、オレンジと並び栄養価の高いもの、特に「ショウガオール」という成分は、身体を温めるだけでなく、女性の生理痛などの「痛み」を抑えてくれる効果もあり、女性なら意識して取りたいものですね。

最後におすすめするのは「クコの実」を入れること。

中国に古くから伝わる植物で、良く杏仁豆腐の上に飾られているのを、目にしたことも多いのではないでしょうか。あの絶世の美女、楊貴妃もライチだけでなく、クコの実も一日として欠かさず食べていたというくらい、栄養価が高いものなのです。

ただ、ナス科の植物のため、甘さが無く、少々食べづらいのが欠点。そこでほんのり甘い、ホットオレンジジュースに浮かべて合わせて食べてみてはいかがでしょうか。

ホットオレンジジュースの良いアクセントになり、相乗効果が期待できますよ。

冷たいジュースを飲んでいた人も、今日からホットオレンジジュースで、健康的な毎日をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「鉄」

日本食の代表的献立といえば、お味噌汁を思い浮かべる人も多いことでしょう。 家庭の毎日の朝食はもちろん、和食レストランでも定番ですし、旅館の朝食にも必ずと言っていいほどの出番を誇る、おなじみの献立ですね …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「アミノ酸」

お味噌汁の栄養成分の中で、特に中心的な役割を担っているのは、多種類のアミノ酸です。 最初の段階では、原料の大豆に含まれているわけですが、乳酸菌や麹菌の働きで大きな変化が起こります。 有用な微生物の働き …

安いお米でも美味しく炊けるマル秘テクニック

日本人の主食であるお米ですが、その分消費も激しく、家計的にはなかなかの出費ですよね。 高いお米を買えばその分美味しいご飯が食べられますが、毎日の事となると少しでも節約し、安いお米で美味しく食べたいもの …

簡単に出来るマグカップスイーツ♪【ブラウニー】の作り方!

マグカップを使って、ブラウニーのスイーツを作ることができます。 マグカップで簡単にできるスイーツは、甘いものが食べたいときに気軽に作ることができるのも、大きな魅力です。 お菓子作りが苦手な方も、マグカ …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「つくし」

春の訪れを感じさせるものの一つがつくしです。 つくしは、春の季語でもあり、和歌などにも多く詠まれていますし、平安時代のベストセラーである源氏物語にも、春の贈り物として登場します。 春の山菜はたくさんあ …

楽天モーションウィジェット