おもてなしの心が身につく!ホテル・ブライダルの資格「ホテル実務技能認定試験」

「ホテル実務技能認定試験」は、業界の一線級で活躍しているホテルマンや専門家、大学教授などの有識者で組織された「ホテル実務能力認定委員会」が提供している試験です。

レセプションに代表される接客や予約セールスなど宿泊全般、フード&ビバレッジと業界でいわれる料理飲料、ブライダルに至るまで、おもてなしや専門知識、または英語の語学力を認定します。

スポンサーリンク

「ホテル実務技能認定試験」にチャレンジする

基本的な内容から、ホテル経営に関わるレベルまで学ぶことで、仕事で必要な知識や技術を身に付け、即戦力とみなされホテル業界への就職や転職に有利な資格といわれています。「ホテル実務技能認定試験」は、初級と上級があり、ともに60点以上が合格ラインの得点率とされ、1年2回実施されています。

トラベルや観光の専門学校の学生さんが、2回の期間内での団体受験というのが一般的です。受験資格については、経験や年齢の制限はありません。認定基準の大まかな目安が、試験内容に反映され、初級と上級で分かれています。

初級は、ホテルスタッフとして働くにあたっての服装などの身だしなみ、お客様に対するおもてなしや気配り、宿泊やレストラン部門での業務内容に加え、仕事で使う簡単な英会話といった基礎内容です。上級は、観光業界全体の動向、ホテル業界のマーケティングや歴史についての理解を図ります。

また、宿泊と料理飲料の業務内容を把握し、おもてなしのプロの技術力を有することが挙げられます。ホテルのエキスパートとして活躍できるように、施設管理の法令、食品衛生や安全など専門分野での知識についても出題されます。

いわば、ホテルの幹部候補や支配人を育成することを目的といっても良いでしょう。

「ホテル実務技能認定試験」合格を資格として働く

「ホテル実務技能認定試験」では、ほとんどのひとが先ずは初級を目指しています。学習内容もカクテルの知識やテーブルマナーといった、私生活においても知りたい内容があるので、楽しみながら学ぶことをおすすめします。

ホテルの仕事もさまざまで、宿泊部門ではチェックイン&アウトをメインとしたレセプション、ベルボーイ、大きなホテルでは、おもてなし専門のヨーロッパではコンシェルジュといわれるゲストリレーションなどがあります。

語学や経験を重ねることで、予約やセールスの仕事に就くことができます。 料理飲料部は、料理のセッテイングや知識に加え、国内外のいろんなお客様と身近に接することができる、国際的なおもてなし力が身に付く、やり甲斐のある仕事です。中には、ソムリエとして活躍している先輩達も多くいます。また、宴会部門ともいわれ、ブライダル関連の仕事にも関わってきます。

ホテルのエキスパートになることで、管理職や幹部候補に抜擢されることもある、実力社会のところが多いのもホテルです。日本国内には、北海道から沖縄までリゾートホテルやビジネスホテルがあるので、勤務地の選択肢が広いのも特徴です。同様に、首都圏や関西圏には無数のホテルが点在しています。

ホテルの仕事は、国内だけに限りません。実際に、外国でホテルスタッフとして活躍している日本人を、多く見かけます。特に、日本人が多く訪れる外国では、ゲストリレーションの仕事では女性、セールス強化においては男性を積極的に採用しているホテルがいくつもあります。

外国で働くことを考えている場合は、英語など外国語の資格を取得しておくと、自然にチャンスが拡がります。

「ホテル実務技能認定試験」をきっかけにする

外国での就職は、ホテル経験が浅くても外国語ができればチャンスがあります。また、経験を積んでいればレセプションや営業部門で、管理職からのスタートということも珍しくありません。動向としては、かつてはアメリカや香港、シンガポール、オーストラリアに見られましたが、今では世界各国に活躍の場が用意されているのがホテルの仕事です。

特に東南アジア関連が多く、日本人が多く住むバンコクや世界遺産アンコールワットがあるカンボジアでは、一年を通じてホテルの求人が出ています。物価も日本の3分の1で、親日家が多く暮らしやすいことでも知られています。中には、世界でもっとも美しい海があるといわれる太平洋に浮かぶ、ミクロネシアのパラオのホテルで働くといったことも夢ではありません。

それぞれのライフスタイルや、空いた時間での調整があるように、今からホテル業界を目指すひとにとって、教育機関では大まかな学習時間を設けています。興味があるひとは、先ずは関連サイトを通じて「ホテル実務技能認定試験」に関する授業を行なっているトラベルや観光の専門学校、または「ホテル実務能力認定委員会」に連絡をしてみるのも良いでしょう。

高校生のみなさんで、ホテルでの就職に興味があるひとは、関連の専門学校へ進学するといったケースも多くあります。また、上級試験を受けるための学習時間が、100時間前後といわれているので、大学に行きながらダブルスクールで受講するひともいます。

「ホテル実務技能認定試験」の対策テキストや問題集も、インターネット上で販売されていますので、重ねて検討されるのも良いでしょう。

日本人がもっとも外国から評価されている、おもてなしの心が身につく「ホテル実務技能認定試験」の合格での資格をきっかけに、いろんな明るい未来が待っています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-,

  • asdfsdfxcvxxasa より:

    Title

    […]Wonderful story, reckoned we could combine some unrelated data, nevertheless really really worth taking a appear, whoa did one learn about Mid East has got much more problerms also […]

  • Title

    […]just beneath, are a lot of completely not associated internet sites to ours, nevertheless, they are certainly worth going over[…]

  • Title

    […]check beneath, are some completely unrelated internet sites to ours, even so, they’re most trustworthy sources that we use[…]

  • -->

    関連記事

    クリエイティブなセンスを活かす!ゲームに関する資格「CGデザイナー」

    CGというのは、コンピューターグラフイックスのことです。コンピューター処理によって作成される画像と、その技術のことを言います。 CGデザイナーは、コンピューターをフルに活用して、架空の画像や映像を現実 …

    心も一緒に育てる!植物に携わる資格「フラワーコーディネーター」

    花を育てるのも、見るのも好きという人は、植物関連の資格のフラワーコーディネーターを目指してみると、いいかもしれません。

    仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「ビジネス著作権検定」

    著作権に関する話は、テレビなどでも頻繁に出てきます。日常生活でも、テレビの違法アップロードや、確認もせずに写真をコピーし印刷したなど、下手をすれば著作権の侵害になってしまうような場面に遭遇しています。 …

    レジャー好きを仕事に!旅行・観光に関する資格「観光ビジネス実務士」

    「観光ビジネス実務士」は、JAUCBと呼ばれる全国大学実務教育協会に加盟する大学、短期大学において、観光業の基礎と専門的な内容の科目、計30単位を取得すると与えられる資格です。

    世のため人のため役立つ!法律に関する資格「知的財産管理技能検定」

    知的財産管理技能検定とはその名前の通り、知的財産を管理する技能や知識が、一定以上備わっているのかどうかを検定するための試験の事を指しています。 そして、試験に合格する事によって取得できる資格の名称とし …

    楽天モーションウィジェット