洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(しぼり方)

大切な衣類を洗濯したら縮んでしまったなんて経験をした事もあるでしょう。

そんな時には、一度どんな取り扱い絵表示があるのか良く見てみましょう。

スポンサーリンク

洗濯の基礎知識!|しぼり方

取り扱い絵表示

服に付いているけれども、あまり見ていない人も多い項目です。

この表示も、平成28年12月から、JIS L0001に沿った内容になり、記号の種類も22種類だったのが、ほぼ2倍の41種類になったのです。

国内製品だけでなく、海外の製品を洗うときにも対応しやすくなったので、これまで自分なりに創意工夫して洗っていたものを、さらに大切に扱えると考えても良いでしょう。

より細かい表示になりますので、難しそうに思えるかもしれませんが、最初はゆっくり内容を確認していけば、徐々に記号を見れば理解できるようになってきます。

取り扱い絵表示の内容

主にどのようになっているかというと、洗い方、塩素漂白の可否、アイロンのかけ方、ドライクリーニング、干し方、そしてしぼり方などいろんな表記があります。

ずらりと並んでいると、それだけでも洗濯が難しくなったのかと思ってしまうかもしれませんが、自分の衣類をより長く大切に使っていくためには、大切な表示です。

しっかりと内容を確認してから、どのように洗えばいいのか練習してみましょう。

基本から見直していけば、自分の作業の仕方も分かりますし、もっときちんとした洗い方をやってみたいと思えるようになるでしょう。

どんな風に洗濯をするとよいのか

ただ単に、機械と洗剤があれば出来上がりという時代からは変わってきていますので、洗い始める前にどのような取り扱い絵表示になっているのか、じっくり見ておきましょう。

洗濯機が使えるのかそうでないのかということも、記載されていますから、実は手洗いを機械で行っていたということがないように、気をつけておきたいものです。

見落としがちなのがしぼり方です。

機械を使って行っていると、自動的に最後の脱水までしてくれますから、いつの間にか洗い物が終わっていたという事もあるのではないでしょうか。

しぼり方についても表記がありますので、必ず見ておくようにしましょう。

二種類表記が用意されていて、「ヨワク」という表記があれば、手絞りなら軽く弱くしぼり、遠心脱水で作業を行うのであれば、短時間でさっと作業を終えるようにしましょう。

長く脱水を続けていると、その分だけ生地が傷みやすくなってしまいます。

機械であれば、脱水も時間を設定できるものが増えていますので、そちらで調整をしておくようにして、もし表記があるなら避けておいて、脱水の時には注意するようにしましょう。

もう一つは「しぼってはいけない」という表記です。

しぼるような形のマークに、ばつがされているので、見た目にも分かりやすいのではないでしょうか。

簡単そうに洗えそうなものでも、意外な表記がついている事もありますので、油断しないように自分の衣服の表示が、どんな風になっているのかよく見てみましょう。

その上で、どのような方法で洗濯やしぼり方、干し方などを気をつけていけばいいのか、作業を丁寧にやってみるとわかりやすいです。

しぼり方もいろんなやり方があります

ファッションが多様化してきているのに合わせて、ただ着用をするのではなく、着た後綺麗にするにはどうしたらいいのかということにも目を向けるようになり、表示も変わったといっても差し支えありません。

毎回クリーニングに出すのも本当に大変ですし、値段もかなりかかってしまいます。

洗濯自体は機械を使えたとしても、脱水やしぼり方は工夫がいるという時もあるでしょう。

色々なやり方がありますが、まず押ししぼりがあります。

洗濯が終わった衣類をくるくると丸めながら、押すようにしぼっていきます。力は入れすぎず、ソフトに行いましょう。

手のひらしぼりは、タオルドライなどをする前に、手のひらを使って優しく押しながら水分を押し出していきます。

また、掛けしぼりというのもありますが、洗濯機に高さがあれば掛けておいて、自然に水が切れるのを待ち、軽くなったところで干し方の表示に従って干します。

そしてタオルドライは、たくさんのタオルを使う事もあるのですが、大切な衣類のしぼり方には必須のやり方といっていいでしょう。

衣類にタオルを挟みながら、優しくタオルに水を吸わせてしぼっていきます。タオルは乾いたものを使う方が、やはり水を良くすってくれます。

最後に

たかがしぼり方と思うかもしれませんが、雑巾をしぼるようにぎゅっと力を入れると、衣類に何か戦のようなしぼり跡が出来てしまって、がっかりした事もあるのではないでしょうか。

自分の服に合ったしぼり方が出来るように、きちんと取り扱い絵表示を見てから洗いましょう。

これまでよりももっと、自分の衣服を綺麗に洗濯できるようになるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

初めての一人暮らし:絶対に必要になるアイテム

初めての一人暮らし、何から揃えればよいいかわかりませんよね。そこでどのようなどのようなアイテムが重宝するかを説明します。

【DIY】穴を開けたくないならディアウォールdeディスプレイ棚

「賃貸だから穴が空けられないけれど、憧れのディスプレイ棚が欲しい」 「狭いスペースにもぴったりな棚があったら」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな方の希望を叶えてくれる便利なアイ …

デジタル遺品はどう整理すればいいの?

デジタル遺品とは、ネット上に残されたデータを始めとして、パソコンのハードディスクやスマートフォンに保存されているファイルがあてはまります。 具体的には、ブログやSNSのアカウントであったり、携帯電話や …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お悔やみの挨拶について

結婚式は、かなり前から予定が分かっていることが多いのですが、お葬式は突然やってくるものです。 突然訃報の知らせが来た際や、通夜・告別式に弔問に訪れる場合などに、遺族の方にお悔やみの挨拶をする必要があり …

安心して我が子を預けられる動物病院を選ぶポイント

今や子どもの数よりも、飼われているペットの数の方が多い時代と言われていますが、そこで気になるのがペットに病気が見つかった場合にかかる動物病院の選び方です。 大切なペットを安心して預けられる動物病院を選 …

楽天モーションウィジェット