洗濯の基礎知識を学ぶ!取り扱い絵表示(干し方)

最近、洗濯に関する表示が変わりました。

今までの絵表示では、日本工業規格で定められた日本独自のものでしたが、新しい洗濯表示では、従来の22種類から41種類に細分化されました。

これは国際規格に合わせたものであり、いろいろなメリットが考えられるからなのです。

スポンサーリンク

洗濯の基礎知識!|干し方

洗濯の取り扱い絵表示について知る

近年、日本には海外との取引の中で、衣類などの生産や流通が一般的になっています。

ですから、消費者は数多くの海外製品を購入、使用するようになっているのです。海外との表示や試験方法を統一することによって、メーカー側も表示を付け替える手間を省くことができるのです。

さらにきめ細かい表示になったことで、縮みなどのトラブルを避けることができるようになると考えられるのです。

大きく分けて新しい洗濯表示では、基本記号が5つに分けられています。


「洗濯の仕方」
「漂白の仕方」
「乾燥の仕方」
「アイロンの掛け方」
「クリーニングの種類」

になります。

洗濯の仕方では、洗面器に水が入っているようなマークになっていますし、漂白の仕方では三角印になっています。

乾燥の仕方は四角印になっていて、アイロンの掛け方はアイロンのマークになっています。そしてクリーニングの種類は丸印になっているのです。

さらにそれぞれの記号に付加記号をプラスすることになるのです。

付加記号としては、「強さ」、「温度」、「禁止」になります。

強さに関しては、弱い場合には下線で一本線、非常に弱いでは下線で二本線になっています。温度に関しては、温度表示が数字になっていたり、温度が低いと一つの点、高くなると三つの点になっているのです。

そして禁止は、やってはいけないを意味するバツになっているのです。

干し方についての取り扱い絵表示

新しい洗濯表示については、前にあげたとおりです。

規則性を知ることで、その意味を理解することができるようになるのです。この記号を組み合わせることで、いろいろな扱い方を示していることがわかるので、お店で衣類を購入する際にも、洗濯をする際にも気に留めておくことができるでしょう。

その中でも「乾燥」についての記号というのは、四角印に付加記号が入ることになります。

タンブル乾燥といって、家庭用の乾燥機を使って乾燥をする方法もあります。これは四角に丸が入り、温度で点が入ることもあります。また、自然乾燥としては、干し方などを示すことができるようになるのです。

自然乾燥では、四角印の中に干し方として横線や縦線が入ることになります。吊り干しをするということになると、ハンガーにかけたり、小物干しで干すことになります。

これが縦に一本線であれば、脱水をして干すという意味になりますし、縦に二本線であれば脱水をせずに干す形になるのです。

さらにこれが横線になると、平干しをするということになるのですが、これは平らな場所に広げて干すということになります。同様に、横に一本線であれば、脱水をして平干しをするということになり、二本線であれば脱水をせずに平干しをする形になるのです。

四角印の左上に斜線を入れることになると、ひさしや屋根を表しているので、陰干しをするということを意味しているのです。これに、縦線や横線が入ったりすることになります。

このように、取り扱い絵表示で衣類の扱い方を知ることができるので、しっかりと確認をして、正しい扱い方をしていくようにしましょう。

干し方にもいろいろ方法がある!

衣類の洗濯については、新しい絵表示になっており、扱い方も絵を見ただけでわかりやすくなっています。

中でも乾燥に関しては、家庭用の乾燥機などを使うタンブル乾燥という方法もあるのですが、自然乾燥で干すという方法もあります。

そこで平干し、吊り干し、陰干しなどについて、いろいろな干し方を理解しておきたいものです。

平干しというのは、セーターなどニット製品などで伸びやすいと思われるものや、型崩れがしやすいものを干す方法になります。一般的には、台などに広げて干すことになります。

メタルラックや、平干し用のハンガーなどを使うと便利です。

吊り干しというのは、ハンガーなどに掛けて干す方法になります。筒状のもので、乾きづらいジーンズやパンツ、スカートなどを専用の洗濯ばさみのついたハンガーなどを使って干すようにするといいでしょう。

大物を干すスペースがない場合には、じゃばらに干すという方法もあります。ほかにもM字干しや三角干し、さお干しなどもあるのです。

そして陰干しをした方がいいというものとしては、毛やシルク、ナイロン、そして色の濃い衣類などは日光で変色をしてしまう可能性があるので、日陰に干すようにします。

一般的には、該当する洗濯物を裏返して室内などに干すようにするのですが、直射日光が当たりそうなところではタオルをかけたり、覆うなどの工夫をして日光による退色を防ぐようにするといいでしょう。

最後に

洗濯物は干し方次第で伸びてしまったり、退色をしてしまったりすることがあります。

ですから、取り扱い絵表示に従って、正しく干す方法を知っておくようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

クレジットカードの国際ブランドとは?種類や違いなど

クレジットカードには、国際的に流通する「国際ブランド」があり、日本にあるクレジットカードのほとんどに、国際ブランドが付与されていますが、クレジットカードを選ぶ際のポイントに、どの国際ブランドを取り扱う …

いまさら聞けない年金入門|専業主婦の年金について

年金制度には知っていると得をして、知らないと損をするという仕組みがたくさんあります。しかし、それを教えてもらえる機会はそうないのが現状です。 自分で調べて年金事務所に足を運ばないと、せっかく用意された …

ネット銀行活用術 : 住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は、2007年9月に営業を開始したインターネット銀行で、有人店舗や専用ATMを持ちません。 口座開設手続きや残高照会、振込、定期預金、その他各種サービスの申込みは、基本的にインター …

洗い方をマスターする:ベッドパッド

ベッドは、床に設置したフレームの上にマットレスを置き、さらにベッドパッドとシーツによって保護するのが基本的な構成です。 シーツは直接肌に触れる部分だから、こまめに洗濯することが推奨されており、複数の替 …

いまさら聞けない年金入門|国民年金の付加年金制度とは

国民年金には、付加年金と言う制度があるのをご存知ですか。 400円と言うわずかな掛け金であるのは確かですが、これを加えて納付することで、意外にも2年で元が取れてしまうと言う魅力ある制度ですので、詳しく …

楽天モーションウィジェット