洗い方をマスターする:合成皮革のパンツ・スカート

合成皮革のパンツ・スカートは、本革のような大人の高級感を出すことができます。

値段的には、本革の半分以下のリーズナブルな価格で手に入れることができるので、とても人気があるアイテムです。

本革であれば、座ることすら躊躇してしまうように、手入れに気を使う必要がありますが、合成皮革であればそれほど気にすることはありません。

けれども、手入れ方法を間違えれば、大きなダメージを与えてしまうことになり、もう着るにも恥ずかしくなってしまうような状態にさせてしまうこともあります。

そうなれば、本革よりも安いと思って購入した合成皮革のパンツ・スカートであっても、高い買い物になってしまいます。

スポンサーリンク

正しく洗って、洋服長持ち!

洗濯表示のチェックから始めてみよう

合成皮革のパンツ・スカートは、洗濯の方法にも気を付けなければなりません。合成皮革というだけで、洗濯方法が決まっているものではなく、それぞれに取り扱いが違ってきます。

自分が持っている合成皮革のパンツ・スカートの洗い方を調べるには、洗濯表示をチェックしてみます。ウエストベルトがあるデザインであれば、本体とベルトを縫い込んでいる縫い目に、挟み込まれていることがあります。

もしもなければ、ポケットの中や裏側のポケット袋布、左脇の縫込み線の裏側についている可能性があります。

白い小さな布に正しい洗濯方法が書かれており、クリーニング店に出してドライクリーニングで洗ってもらうのか、洗濯機に入れてもいいのか、手洗いであれば自宅で洗うことができるなどが、イラストで描かれています。

水の入った洗面器のイラストの上に×印が入っているものは、ドライクリーニングの必要があります。

手洗いが不可能でも、洗濯機で洗ってもよいということではないので、注意をしましょう。

洗濯機で洗うことができる場合には

合成皮革のパンツ・スカートの中には、カジュアルなデザインになると、洗濯機でも洗うことができるものもあります。

しかし、他の衣類と一緒にまとめて洗濯機に入れるようなことは、正しいとは言いきれません。洗濯機で洗うとなっても、プラスして方法が書かれていることがあり、洗濯表示に書かれている文章も、チェックしておく必要があります。

二つ折りになって縫い込まれているのであれば、裏側に書かれている可能性があります。また、数枚に重なっている場合には、下のタグも読んでおきます。

色落ちの可能性があるので、他の物と一緒に洗わないように指示されていたり、ネットに入れるように書かれていることもあります。

ネットに入れる場合には、パンツやスカートは裏に返してから、たたんで入れるようにします。

また、ファスナーがあるデザインであれば、閉じた状態にしておきます。ファスナーの金具は、洗濯機で回しているうちに、デリケートな合成皮革に傷をつけてしまう可能性があります。しっかりと閉じておけば、引っかかるとしても持ち手程度であり、エレメント部分が原因による傷を防ぐことができます。

また、ボタンがついているものは逆に外しておくことが重要です。ボタンが接している面は小さいので、洗濯機の中で引っ張られた時には、その部分だけに力がかかって負担をかけてしまい、布が裂ける可能性もあります。

ボタンホールがある一般的なボタンからドットボタンまで、どの種類であってもボタンは全て忘れずに外してきます。

洗濯機にはさまざまなモードがありますが、手洗いモードがあれば、やさしく洗ってくれるのでデリケートな合成皮革でも安心です。

手洗いをするよう指示されている場合には

手洗いの表示がある合成皮革のパンツ・スカートでは、合成皮革の中でもよりデリケートな素材ということになるので、押し洗いできれいにしていきます。

大きめの洗面器にぬるま湯をはり、中性洗剤を溶かしていきます。洗濯用洗剤にはたくさんの種類がありますが、おしゃれ着洗い用と呼ばれているものは、中性洗剤になります。

一般的な弱アルカリ性洗剤は、強力な洗浄力があるのできれいにすることはできるのですが、生地に大きな負担を与えてしまうことになります。

汚れを落としたくても、長くきれいに着るために、中性洗剤を選んでおけば間違いがありません。

全体的に洗剤液がいきわたるように浸した後には、両手で押すようにして洗っていきます。もしも目立った汚れがあれば、その部分だけは指先を使って、やさしく揉み洗いをしていきます。

すすぎは、洗剤がよく落ちるように少なくとも二回から三回程度は水をとりかえます。

脱水は、ネットに入れてから洗濯機に入れてもいいのですが、短時間で済ませます。また、バスタオルに広げて乗せた後に、端からくるくるとバスタオルごと巻き付けていけば、それだけでもバスタオルが水分を吸ってくれて脱水の代わりをしてくれます。

濡れた状態の合成皮革は、乾いている時よりもデリケートなので、素早く乾かす必要があります。

型崩れをしないように注意をしながら干していくのですが、両脇の二点だけを洗濯ばさみではさんでしまえば、この二点にばかり負担がかかってしまいます。

できるだけたくさんの洗濯ばさみではさんでおけば、それぞれの負担は軽くなります。あとは、直射日光が当たらない場所で陰干しをしたら完成です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, ,

関連記事

ブリーダーから子犬を迎えるメリットは?

子犬を迎えるためにはいくつかの方法があります。 一般的にはペットショップで選び、その場で購入する方が多いかもしれません。色々なペットを扱っているペットショップならば安心ですし、育成に詳しい店員さんがい …

クレジットカード「UCSカード」の特徴やおすすめポイント

新たにクレジットカードを作るなら、UCSカードがおすすめです。 UCSカードは、株式会社UCSが発行しているカードで、さまざまなサービスや特典が用意されています。 一般的なクレジットカードだけでなく、 …

初めての一人暮らし:ルームシェアのメリット・デメリット

これまで実家で生活していた人が、初めての一人暮らしにチャレンジしてみると、寂しくなったりしてしまいます。また、意外とやらなくてはならないことが多いなと思うのではないでしょうか。 その点、ルームシェアで …

フリマアプリ「ブクマ!」の特徴や使い方

フリマアプリの中でも、「ブクマ!」は本を販売するのに特化しているという特徴があり、スマートフォンから出品することができます。 自分の売りたい価格で売ることができますので、専門業者の買取よりも、高い値段 …

猫・犬ともに年に一回の予防注射は必ず受けて!

日本には狂犬病予防法という法律が存在しているため、犬は年に一度の予防注射を受ける必要があるという認識は広くありますが、猫には予防注射に関する法律が定められていないので注射しなくても良いと思われがちです …

楽天モーションウィジェット