今推すべきアイドルとは?韓国の女性アイドル編

人気女性アイドルグループになるとメジャーなテレビの音楽番組に出演したり、大きなライブコンサートにもよく顔を出すので知られるようになります。

外国からの知名度は動画共有サイトにおける再生回数でもある程度その人気度を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

日本とはひと味違う韓国人の女性アイドル

韓国の女性アイドルは5000人に1人というオーディションの狭き門を通過して、音楽事務所の練習生となります。

日々ダンスや歌、外国語や作法を身に付けて、最終的にはMVでデビューし、音楽のランキング番組に登場したりしながら次第に世間に知られるようになるわけで、期間は3年から8年ぐらいかかるとされています。

しかも毎年ソロ歌手も入れると100組にもなり、ランキング番組にランクインするのも先輩たちの多い中で勝ち抜くという厳しい競争の中に置かれることになります。

そんな中でも名前を覚えられる女性アイドルグループはいつか存在するものです。

そして近年においてはその人気順位はある程度決まって来ていることが分かります。

アイドルグループも専属ともいうべき作曲家に恵まれると、新曲を発表するごとに人気が高まり、それだけコンサートやテレビ番組への露出度も多くなって来ます。

ミュージックビデオは1つの登竜門でもあり、隣国には大手の制作会社が存在します。

まず隣国の考え方として伝統にとらわれることなく変化に富んだ創作活動が行われ、かつジャンルも細分化していてそこがまるで違うという印象を受けます。

楽曲も約3ヶ月に1曲ぐらいのペースで発表され、良い曲であればたちまち複数の曲がヒットするという現状もあるようです。

アイドルグループも変遷を経て来て中にはグループ内でソロ歌手として活躍するケースも見られ過去から何人かが出現して知られています。

何によって推すべきかは見方によって違う

判断材料としてはグループ全員のライブにおける音程の確かさや上手さ、振付の魅力や楽器の演奏という面が加味されることもあります。

音程が揃っているとライブ会場内に無限の響きや広がりとなって伝わるので感動にも結び付くものになります。

作曲家の曲作りもその音楽の魅力にも直結して来るもので大切な要素にもなっています。

ミュージックビデオの企画や舞台セット、予算規模や音楽監督の手腕によってもヒットするかどうかに影響があると考えられています。

そして毎回色々な優れたアイデアや工夫が取り入られ創作活動が行われていることは見どころにもなっています。

しかしラジオで聴く時代から動画で見る時代に変わって来ていますのでビジュアル面は大切な要素になっていると言えます。

このことはグループ内で良いバランスがとられるようにビジュアル担当、ダンス担当、ラップ担当、など分かれている為に1人の人物に人気が集中するというよりは分散化されて全体として見た場合の総合評価が成されるような構成になっているようです。

なぜかグループ内には兄弟や親戚のような似た部分を持ったメンバーが少なくとも2人はいると感じるものですが、これはある程度音楽事務所独自の判断や目的のようなものを感じとることが出来ます。

アイドルと共に作曲家は重要な位置にあり、我国で作曲家が話題にされて持ち出されることが無いものですが、この国では注目されるという点が大きく違っています。

アイドルと作曲・編曲は一体のものにもなっています。

動画においては作曲家とかプロデューサー、制作事務所も特集が組まれこれらの内容も視聴できるようになっています。

今推すべきアイドルとはどういうグループか

まずこれまでの経緯を見ていると、不動の地位にあるのがSNSD(少女時代)で、これは大きなライブの状況から判断できます。
時には立ち位置や振付で左右を入れ替えてパフォーマンスを披露することがあり、こういう際も全員で揃って練習をしなくとも当日にはちゃんとこなせるという話を聞いてその実力も納得もできるものです。
デビュー前後の動画を見るとそう変わった状況が見られなかったものの、年月と共に確実に全てが進歩したと見ることも出来ます。

最近の情報によるとA-PINKも、AOAも来日公演を果たしたらしいので、それだけヒット曲も多く人気が高かったと推測できます。

FIESTARGFRIENDHELLOVENUSLOVELYZMAMAMOOSONAMOOはヒット曲が多ければ来日はまず果たしているかも知れません。

GFRIENDBLACK PINK等は韓国人のみではなく外国人を1人含むという情報もありますが、それぞれ独自の魅力を持ったものと推量することが出来ます。

ただ動画共有サイトで動画が再生される回数は韓国人の場合と我国ではグループやファン層も微妙に違いがあると推測されています。

従って、我国で動画を見ていると有名グループよりも再生回数の多い無名のグループやアーチストというものも見られこれが不思議なところでもあります。

この場合はテレビとかのメディアと連想しているのが理由になっているのかも知れません。

アジア人はこれまで互いに似た部分が多いと感じていたものでですが、反対に最近では日本人の女性には無い韓国人特有の顔というのも判断できるようになって来ました。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-エンタメ, ミュージック
-,

関連記事

人気YouTuberとなった芸能人まとめ

最近のテレビではあまり見なくなった芸能人が、いつの間にかYouTuberになっているということがあります。 テレビではなく、ネットの世界で活躍している芸能人についてまとめてみました。特に、人気となって …

現実離れしたい人にオススメのSF漫画3選

現在もいろいろなSF漫画がありますが、一度は読んで欲しい名作を紹介します。

今推すべきアイドルとは?韓国の男性アイドル編

一時期の韓流ブームが落ち着きを見せる中、密かに熱い熱気を帯びているのがK-POPと呼ばれる、韓国人アイドルによる歌とダンスによるパフォーマンスです。 韓国の音楽業界は、ソロ歌手やバンドもある中で、ガー …

劇場へ見に行こう!今見るべき「歌舞伎」の魅力に迫る!

日本の古典で、ちょっと真面目そうな感じの能や狂言、文楽に比べ、歌舞伎は一番見やすい伝統芸能です。

直木賞を受賞したおすすめの小説5選

芥川賞が短編中編の新人作家に与えられるのに対して、直木賞はよりエンターテイメント寄りの作品を書く中堅作家に与えられる賞です。 1940年の第一回以降、毎年二度選出され、その度にニュースでも取り上げられ …

楽天モーションウィジェット