イルミネーションがオススメ!「神戸ルミナリエ」のみどころ

毎年12月、師走であわただしくなる街を、誰もが好きになる季節。

12月の初めの週末から10日間、夜から点灯される神戸ルミナリエは、観る人を魅了する輝きを放つイルミネーションです。

スポンサーリンク

「神戸ルミナリエ」のみどころ

期間限定!クリスマス前には終了するレアなイルミネーション

神戸ルミナリエは、阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されてから、今日まで毎年開催されています。

神戸ルミナリエは、神戸ルミナリエ組織委員会が主催しています。

期間限定ということもあり、神戸ルミナリエの開催中は、開催場所である旧外国人居留地および、東遊園にたくさんの人で混雑し、交通規制も行われます。

開催地は、阪急神戸三宮駅から歩くか、JR神戸線・阪神電車「元町駅」から歩くかの2通りがあります。三宮駅から歩く場合、交通規制により神戸ルミナリエを近くに感じつつも、大勢で並んで、少しずつ歩いて進んでいき、遠回りしていきます。

元町駅からも同様に、混雑の中進んでいきますが、三宮駅からよりは、空いています。
旅行などで初めて神戸を訪れる人は、新幹線の新神戸駅で降りても、ルミナリエには到達できないので注意しましょう。

いずれのルートでも、ゆっくりゆっくり進んで、まず見えてくるのは、幾何学模様で構成されたイルミネーションです。同じ形、デザインのアーチが並んでおり、そのアーチの中を進んでいきます。

遠くから見ると、遠近法によりまるでお城が建っているようにも見えます。

できるだけ道の真ん中のポジションを維持しながら、前へ前へと進んでいきましょう。人混みで立ち止まることが難しいですが、スマートフォン等でも十分にきれいに写真撮影できます。

毎年デザインが変わる!毎年見たくなる!

神戸ルミナリエのみどころは、デザインが毎年変わるところ。

基本的には、イタリア人のヴァレリオ・フェスティ氏と、神戸市在住の今岡寛和氏の共同作品ですが、2011年の第17回開催および2015年の第21回開催は、東京在住のイタリア人である、ダニエル・モンテベルデ氏がプロデューサーを務めています。

2016年開催時のテーマは、”光の叙情詩”でした。
阪神淡路大震災から見事に復興した神戸を象徴しており、次世代に語り継がれることを望んでいると作者は語っています。

デザインは色も含めて変わり、毎年神戸ルミナリエの印象がガラリと変わります。

例えば2016年のアーチは青をベースとしており、左右に柱があって、真ん中が丸みを帯びたデザインでした。2014年のアーチは、黄色ベースに中心が高い山のようなデザインでした。2012年のアーチは、ピンクをベースに、2014年よりややゆるやかなカーブの山型でした。

毎年変わるデザインを観るのが楽しみで、行かれる方も多いのではないでしょうか。冬に関西を旅行するなら、ルミナリエ開催時に期間を設けて、1日は神戸観光をして、夜はルミナリエを観に行くプランにするのがおすすめです。

大阪からですと1時間くらいで来られますし、京都からでも2時間程度で移動できます。関西にはおすすめの旅行スポットがたくさんありますから、せっかく行くのであれば、色々な場所を楽しみたい、関西でしかできないことをしたい、この時期にしか見られないものを見たいという方におすすめのプランです。

イルミネーションがキラキラと点滅することはありませんが、シンプルに、光輝く芸術をずっと見つめていられます。

ルミナリエを見終わったら、寒い身体をあたためる屋台が!

アーチをくぐったあとは、アーチと同じようにデザインされた壁で囲まれた広場があります。とても明るく、その空間だけ昼間のように感じます。

ここでは、ゆっくり立ち止まって広場の中でイルミネーションを楽しむことができますので、写真を撮ったり、ただじっと眺めていたりしながら、光に癒されてください。

また広場を出た後は、チャリティーグッズの販売や、募金も行っています。次の年もルミナリエを観たいと思った方は、ぜひ協力してあげましょう。

光の広場でたくさんの光に包まれた後は、身体が冷えてしまっているでしょう。

その身体を温めるためかのように、その先の公園には屋台がたくさん出展されています。

神戸牛で作った牛串や、屋台メニュー定番の焼きそば、タコ焼き、お好み焼き、焼き鳥など、多数のメニューが用意されており、どの屋台でもできたて熱々メニューを楽しめます。

もちろん、屋台メニューに合うビールやワインも用意されており、寒い季節にありがたいホットワインなども販売されています。

甘いものが食べたくなった方には、ベビーカステラがおすすめ!どこか懐かしい味が、イルミネーションを見た後のやさしい気持ちを持続させてくれます。

屋台付近で立ち食いをしている方、階段などに腰かけて寒い中熱々メニューを楽しむ方、神戸駅方面へ食べながら帰路につく方。楽しみ方はそれぞれあります。

最後に

いかがでしたか?

この期間限定神戸ルミナリエ。

どんなに強風でも大雨でも嵐が来ても、決行されます。大雨の中突き進んでも、写真を撮れば、晴れた日の夜に撮ったかのように鮮明な写真が撮影できます。

光の力を思い知らされますね。

ぜひ、今年の冬は神戸ルミナリエを観に行ってください。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, , ,

関連記事

紅葉の名所「日光いろは坂」の景色を満喫!

日光いろは坂は、秋になるととてもすばらしい景色を見ることができるということで、たくさんの観光客が訪れています。 ですが、紅葉以外にも、この日光いろは坂はとても素晴らしい景色を見ることができることでも、 …

ビリングス(アメリカ・モンタナ州)のおすすめ観光スポット

ビリングスは、アメリカ合衆国のモンタナ州の中南部に位置する都市で、このモンタナ州で最大の都市です。 周辺地域の経済・医療・農業・文化の中心地であり、ダウンタウンの整備も進んでおり、2002年にはヨット …

青森県のおすすめ温泉地3選

青森県は、本州の最北端に位置する県です。太平洋、日本海、陸奥湾の三つの海に面し、気候の異なる地域が混在しています。 八甲田山や十和田湖などの観光地に混じり、温泉も多いところです。青森県の旅行では、場所 …

地元民おすすめ!茨城県旅行の穴場スポット3選

海と山に囲まれ、また霞ケ浦などの湖沼地帯も抱える自然豊かな茨城県は県外の人には知られていない穴場スポットが数多くあり、海の幸や地元の食材を使ったグルメも豊富です。 関東から思いのほかすぐ旅行できる茨城 …

福井県のおすすめ旅行スポット

福井県は、日本海や若狭湾に面する、北陸地方の県です。雨が多い事で有名ですが、「弁当忘れても傘忘れるな」という格言も存在するほどです。 そんな、福井県の魅力をご紹介致します。

楽天モーションウィジェット