家にいるのが楽しくなるインドア派の趣味:株

株といえばそれは資産運用、投資であって、いくら家にいたいインドア派の人であってもそれは趣味ではないだろうという人がいるかもしれません。

しかし、その人が楽しみとしてやっていることであって、例えば時間を忘れられるとか、日ごろのストレスを解消できるとか、仕事や家事に向けて自分を充電することができるというものであればそれは間違いなく趣味のはずです。

スポンサーリンク

株を趣味にすることはできるのか?

スポーツをするなどアウトドア派の人から見ればそんなものが趣味というのは少し変人ではないかと思われるかもしれませんが、上のような内容、条件を満たしている限りはインドア派の人であれば別に趣味が株であってもさしておかしい話ではないわけです。

ただし、趣味として行う以上は、本当にそれが趣味として適当なものか、他の人から見ても十分に趣味と言える範囲のものかということにはある程度気をつかう必要があるでしょう。

誰がどう見ても趣味の範囲を逸脱しているとか、そもそもそれは趣味ではないというような状態になっているにもかかわらず無理やりに趣味だと主張することは、とくに家にいるインドア派の人の場合、煙たがられるおそれがあります。

お金のことはここではひとまずおくとして、趣味である以上は気分転換になっているでしょうか。
リフレッシュ、リラックスできているでしょうか。

例えば株をやった後に怒りっぽくなったり、家族に当り散らしたりしているようではちょっと適当ではなく、きちんとストレスを発散できるような別の趣味を見つけたほうがいいでしょうとアドバイスせざるを得ないかもしれません。

趣味で株をやるために気をつけること

さて、きちんと気分転換、リラックス、リフレッシュになっているとすれば、それは確かに立派な趣味になっているといえるでしょうが、やはり気をつけたほうがよいことがあります。

株というのは経済の世界です。

お金も動きますが、お金だけのことであればその他の多くの趣味も同じですから、それだけを取り上げることはあまりしたくありません。

むしろ、経済の世界であること、国際情勢などにも大きく関係していること、日々のニュースにも敏感であることなどが当然関係してくることを先に言いたいのです。

つまり、やっている本人は趣味のつもりでも、得てして本来の仕事にある程度、あるいは相当部分近いようなこと、頭の使い方をしているのではありませんかということです。

仮に仕事が全く経済や国際情勢とは無関係の人であっても、思考回路が似たようなものであれば真のリラックス、リフレッシュにはならないかもしれません。

これには気をつけてください。

普段の仕事をしている時間と同じような思考回路、情報処理を頭がやっているのでは、リラックスにならないどころか逆にストレスになってしまうかもしれません。

そんなことになっては株で儲けるとか損をするとかいう以前に、せっかくの趣味として非常に残念なことです。

しかし、これは例えば経済関係の仕事をしている人は株を趣味としてやるべきではないという意味ではありません。

要はストレス発散になればよいのです。

普段、経済情勢について非常に論理的な情報分析をしている人であれば、趣味では意図的にそうでない頭の使い方をしてやればよいのです。

株を趣味にすることのメリットは?

もちろん一番大きなメリットは利益を上げる可能性があることでしょう。

これはこの趣味に特徴的なことだと思われるでしょうし、確かにそういう面もありますが、他の趣味では決して得られないかというとそんなことはありません。

趣味を仕事にしているような人は世の中にいくらでもいますし、そういう観点での考えは別にしても、趣味で集めていたものが実は高い値段で売れたとか、趣味でやっているだけだったのに人から一目おかれる存在になって、人に教えるまでになりいくばくかのお金をもらうようになったというようなこともあるでしょう。

そういう意味では、趣味がお金になるのは別に株だけではなく、別に家人がやっていたとしてもそんなに特別視するようなことでもありません。

しかし、ダイレクトに利益を得る可能性がある、一方で同じようなことをしていても損をする可能性があるという点では若干特異なものと言うことはできるでしょう。

また、お金以外のメリットとしてはそれこそ経済、国際情勢、時事ニュースに詳しくなるということが挙げられます。普段あまりそういうことに縁のないような人であればとくにこのメリットは大きいでしょう。

一つの例として、定年でリタイヤした後の人が趣味とすることが考えられます。

定年後に社会とのつながりが薄れてしまうことは、できれば避けたいものですがなかなか避けがたいというのが現状でしょう。

アウトドア派の人であればまだ友人との関係などもあるでしょうが、インドア派の人であればより危惧されることです。

そういう人であっても株を趣味とすることで社会とのつながりを感じられるメリットもあるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-趣味
-

関連記事

初心者におすすめのクロスバイクの選び方

クロスバイクは、ロードバイクとマウンテンバイクの、中間的な存在で、とっつきやすいものでもあります。 しかし、どのような目的で購入するのかによって、選び方も変わってくるので、初心者の方は覚えておくことが …

好きを仕事に!DTPを学んだらできること

DTPは書籍や新聞などの編集のときに必要となるデータをPCで作成して、実際に印刷物を作成することを指します。 DTPがまだなかったころには、印刷物を作成するためには多くの工程をそれぞれの専門家が手分け …

自分のセンスや感性で!陶芸を習ってみよう

陶芸は美術の中でもさまざまなファクターが絡んで、面白いものが出来上がる要素がいろいろとあります。 土をこねてつくる形は、指先の力加減ひとつでさまざまな表情を見せます。

フリマアプリ「ハロマ」の特徴や使い方

あなたの自宅には、きっと使わないまま余っているものがあるはず。 置いておいても場所をとるし、埃をかぶっていくだけ。 ぜひフリマアプリで売って、すっきりさせましょう。本当に使ってくれる人が、買ってくれる …

アイデア次第でいろいろできる!ペーパークラフトを作ってみよう

世の中には数多くの趣味がありますが、ペーパークラフトというものをやったことのある人は少ないのではないでしょうか。 大人も子供も関係なくワクワクでき、何かを作り出すのが好きな人にとってはたまらない趣味だ …

楽天モーションウィジェット